バクマン 第2期 全話感想

公式動画

なし 

基本情報

原作

大場つぐみ 大場つぐみ - Wikipedia

小畑健 小畑健 - Wikipedia

制作:J.C.STAFF J.C.STAFF オフィシャルホームページ

放送:2011年10月~2012年3月

公式サイトNHKアニメワールド バクマン。

OP「Dream of Life」伊藤祥平

伊藤祥平

www.youtube.com

ED1「 monochrome rainbow」Tommy heavenly

http://houseoftmy.com/

www.youtube.com

ED2「パラレル=」指田郁也

指田フミヤ オフィシャル・ウェブサイト -Sashida Fumiya Official Web Site-

www.youtube.com

感想

第2期は作家VS出版社という構図が多い。

少年漫画なので作家側に感情移入できるように描かれてはいるが、編集者たちの意見もよく理解できる。

編集長はざっくり言えば悪役となっているが、時に冷酷とも言える決断は頼もしく、大人としての魅力を十分放っている。

真城と亜豆、高木と香耶の仲もどんどんと深まっていくがそこは見てのお楽しみ。

 

また、中学時代高木に想いを寄せていた岩瀬も登場し、ストーリーに絡んでくる。

中学の同級生がいつまでも重要人物として登場するので、やや世界観の狭さを感じた。

新しい人物は漫画家やアシスタント、編集者のみで、いつまでも真城、高木、香耶、亜豆、岩瀬を中心にストーリーが回っていくので、今が中学なのか高校なのか大学なのか一瞬よくわからなくなることが多々あった。

好みにもよるだろうが、個人的には真城と亜豆の恋愛だけを残して、高木と香耶は別れてもよかったのではないかと思う。

 

第1期同様のスピード感と、創作のワクワク感や葛藤、連載の獲得や人気投票における達成感など、様々な感情に心を揺さぶられる。

【広告】

 

原作

バクマン。 モノクロ版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

バクマン。 モノクロ版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

 

BD

バクマン。2ndシリーズ BD-BOX1 [Blu-ray]

バクマン。2ndシリーズ BD-BOX1 [Blu-ray]

 

 

グッズ

バクマン。

バクマン。

 
マンガ画材 バクマン。 スタートセット

マンガ画材 バクマン。 スタートセット

 
バクマン。 ねんどろいど 亜豆美保 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

バクマン。 ねんどろいど 亜豆美保 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

 

【広告】

 

バクマン 第1期全話感想

公式動画

なし 

基本情報

原作

大場つぐみ 大場つぐみ - Wikipedia

小畑健 小畑健 - Wikipedia

制作:J.C.STAFF J.C.STAFF オフィシャルホームページ

放送:2010年10月~2011年4月

公式サイトNHKアニメワールド バクマン。

OP「Blue Bird」コブクロ

www.youtube.com

ED1「BAKUROCK 〜未来の輪郭線〜」YA-KYIM

www.youtube.com

ED2「現実という名の怪物と戦う者たち」高橋優

高橋優 オフィシャルウェブサイト

www.youtube.com

感想

「デスノート」コンビが送るマンガ業界もの。

こういった内容の作品が少ないのは、作中作が大量に必要となり創作が二度手間三度手間になるのと、業界を描く事の危険性からだろう。

しかし本作では、作中作の手間を惜しまず、漫画業界にも恐れずに踏み込んでいる(もちろん、ダークな部分には触れていないのだろうが)。

 

漫画や小説などのクリエイターが主人公の作品は、ともすれば話が停滞しがちだが、 本作では学校や日常のシーンをうまく絡めながらスピード感を出しているので、停滞感は全く感じない。

主人公(達)の創作動機を単純明快にすることで、内面を深く掘り下げるという退屈なシーン(しかしストーリー上必要)も上手く回避できている。

 

前半で登場する天才漫画家・新妻エイジはもっと主人公たちに立ちはだかる悪役キャラになっていくのかと思いきや、意外と天然なままでちょっと拍子抜けした。

 

まるで自分が漫画家になったかのようにハラハラドキドキしながら見ることができ、しかも普段何気なく読んでいる漫画がどれほど大変な思いで作られているかということもわかるお得な作品。

【広告】

 

原作

バクマン。 モノクロ版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

バクマン。 モノクロ版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

 

BD

バクマン。1 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

バクマン。1 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

 

グッズ

バクマン。

バクマン。

 
マンガ画材 バクマン。 スタートセット

マンガ画材 バクマン。 スタートセット

 
バクマン。 ねんどろいど 亜豆美保 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

バクマン。 ねんどろいど 亜豆美保 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

 

【広告】

 

ニセコイ 第1期 全話感想

公式動画

www.youtube.com

基本情報

原作:古味直志 古味直志 - Wikipedia

制作:シャフト SHAFT Animation Studio

放送:2014年1月~5月

公式サイトTVアニメ「ニセコイ:」公式サイト

OP1「CLICK」ClariS

ClariS | Official Website

CLICK

CLICK

 

OP2「STEP」同上

STEP

STEP

 

ED 

複数

感想

ギャングの娘・千棘とヤクザの息子・楽が、抗争をやめさせるために恋人のふりをするというストーリー。

プラス、主人公は子供の頃に結婚の約束をした少女を探している。

それは千棘なのか、それとも楽が密かに想っているクラスメイトの小野寺だったのか…。

そこに突如現れる第三の少女。

重層的なプロットで、見ていてなんだか得したような気分になった。

印象としては「デュラララ」のスピード感に「政宗くんのリベンジ」の世界観を乗っけた感じ。

 

千棘のツンデレ感も、テンプレだが血が通っていて可愛い。

いわゆるハーレムものに相当するのだが、ハーレム化していく動機がはっきりしているので、ラノベほど薄っぺらい印象はなかった。

 

ラストに余韻を持たせているところも美しい。

王道ながら現代的なアレンジがなされたラブコメで、男女ともに楽しめると思う。

【広告】

 

原作

ニセコイ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ニセコイ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
ニセコイ 1-25巻セット (ジャンプコミックス)

ニセコイ 1-25巻セット (ジャンプコミックス)

 

BD

ニセコイ: 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ニセコイ: 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]

 

グッズ

【広告】