ロボット

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第21話「敗走」解説

ロシア人マフィア クゼとプルトニウムの受け渡しをしていたロシア人マフィアはリモート死体だった。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第20話「北端の混迷」解説

新たな展開 元ロシア軍次官で今はマフィアのボリス・ジャブロフらが本国からプルトニウムを持ち出しエトロフ入りした。 クゼはそのプルトニウムを買い付けにエトロフに向かった。 内偵中の諜報部員が殺害された。 択捉(エトロフ)市省の佐川電子社がベルタ…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第19話「相対の連鎖」解説

内庁のシミュレーション クゼが首都福岡の大停電の可能性をネットに流布し、その方法を難民に教えたということを内庁が突き止めた。 その方法を検証しているのだろう。 後、第21話で長崎を実際に停電させる。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第18話「天使の詩」解説

天使の羽 先進国首脳会談ばかりを標的にしてきた超大物テロリスト。 世界各国から集められた専門家でチームを作り捕獲する。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第17話「修好母子」解説

少佐の捜査 クゼが台湾にいたことを知り、少佐は現地に向かい、足取りを追う。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第16話「そこにいること」解説

国内情勢 長崎の出島に難民が流入しており、一斉蜂起の噂が出回っている。 政府は各省庁トップを集め対策会議を行うが、前に進まない。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第15話「機械たちの午後」解説

// 基本情報 原作:士郎正宗 士郎正宗 - Wikipedia 放送:2004年1月~2005年1月 公式サイト:攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG|日本テレビ *ネタバレ注意! スプリング8 兵庫県佐用郡にある播磨化学公園都市にある実際の施設。 ホーム — SPring-8 Web…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第14話「左眼に気をつけろ」解説

SAC2ではここから国家クライシスものにシフトしていく

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第13話「顔」解説

// 基本情報 原作:士郎正宗 士郎正宗 - Wikipedia 放送:2004年1月~2005年1月 公式サイト:攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG|日本テレビ *ネタバレ注意! この第13話はこれまでのおさらい回となっている。 前半のブリーフィングでこれまでの流れと現…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第12話「名も無き者へ」解説

冒頭のシーン 「個別の11人」がウイルスによって発症するらしいことを突き止めた9課は、先日一課に射殺されたカワシマの外部記憶をハッキングしている。 「個別の11人」がウイルスによって発症するとしたら、その証拠がカワシマの外部記憶に残されている可能…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第9話「絶望という名の希望」解説

冒頭 タチコマが内庁のコンピュータに侵入した。 その後少佐をシステム内から手引き。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 全話感想

// 公式動画 なし 基本情報 原作:士郎正宗 士郎正宗 - Wikipedia 放送:2004年1月~2005年1月 公式サイト:攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG|日本テレビ OP「rise」Origa *ORIGA* rise アーティスト: ORIGA 出版社/メーカー: FlyingDog 発売日: 2017…

フルメタル・パニック 第1期全話感想

軍事×ギャグが絶妙にあいまった作品。 原作は90年代のラノベなので、いわゆるハーレムややれやれ系主人公といった現代のテンプレが出てこないのが個人的には嬉しいのだが、今の若い子にはめんどくさいのかもしれない。

ストライクウィッチーズ 全話感想

魔法、ロボット、バトル、萌え、百合、エロなどアニメ的要素をふんだんに盛り込んだ作品。

いぬやしき 全話感想

「GANTZ」の作者らしい説得力のあるSF感と、人間の心の闇をえぐるような描写が視聴者をぐいぐい惹きつける。 様々な感情を整理する暇もなく物語はどんどん進んでいくので、いったい最後はどうなるのかとわくわくしていたのだが、あまりにもベタかつお涙ちょ…

アトムザビギニング 全話感想

はっきり言うが、壊滅的につまらなかった。 とにかくストーリーが動くのが遅すぎる。 中盤まではどうでも良い話が延々続き、やっとバトルに突入したと思ったら少年漫画でやり尽くされた展開ばかりで退屈極まりなかった。 本作が鉄腕アトムにどうつながってい…

境界線上のホライゾン 第1期全話感想

あまり期待せずに見始めたのだが、よく作り込まれた世界観にすぐ引き込まれた。 ただ、設定や世界観が複雑すぎて気を抜くと何が何だか分からなくなってしまうのが難点。 おそらく原作は相当に入り組んでいるのだろう。

Infinit Stratos(インフィニット・ストラトス) 第1期全話感想

公式動画 なし 基本情報 原作:弓弦イズル 弓弦イズル - Wikipedia 放送:2011年1月~3月 公式サイト:TBSアニメーション・<インフィニット・ストラトス>公式ホームページ OP「STRAIGHT JET」栗原みな実 www.youtube.com ED「SUPER∞STREAM」複数 SUP…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第7話「狂騒は亡国の調べ」解説

基本情報 原作:士郎正宗 士郎正宗 - Wikipedia 放送:2004年1月~2005年1月 公式サイト:攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG|日本テレビ *ネタバレ注意! 冒頭のシーン 黒服の男(後に九州電波塔で集団自殺するうちの一人)は、たった数丁のライフルを…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第6話「潜在熱源」解説

エネルギー省を脅迫してきた男と見られるが、事故に見せかけ殺されている。 脳核を破壊されているため電脳も洗えない。 当局からはマークされていたが、身柄を確保する前に消された。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第5話「動機ある者たち」解説

イシカワが検索した五・一五事件の概要 ほぼ正しいが若干創作もあるよう。 特に、嘆願書と共に11本の指が送られてきたというのは創作で、実際は9本、10本など諸説ある。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第4話「天敵」解説

新浜難民居住区 日本に五ヶ所ある難民居住区のひとつ。 新浜県は元首都で現在は経済の中心地と考えていい。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第2話「飽食の僕」解説

宜野(ぎの)タダシ 今回の主人公。 第4次非核大戦を戦った招慰戦闘サイボーグ。優秀なパイロットだったらしい。 戦地で悪質な性病に感染し、下半身を喪失した(後半、バトーのセリフから)。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2ndGIG 第1話「再起動」解説

前提 第1期からそれほど時間は経っていない。 9課はまだ表向き〈特殊部隊規制法案〉によって解散させられた状態だが、今回のテロ事件が警察の手に余るとわかった途端召集がかけられた。

パンチライン 全話感想

単なるパンチラアニメかと思いきや、意外としっかりした構成で逆に戸惑ってしまった。 気がつけばタイムリープものになっていたり、実は人格が入れ替わったりしていて、なんだかよくわからないまま話が進んでいく(ちゃんとストーリーを追っていなかった自分…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第1期全話感想

攻殻機動隊初のアニメシリーズ。 押井守版はこれより前だが、世界観はかなり違う。 面白さはいまさら言うまでもないが、シリーズの根幹となる「笑い男事件」が複雑すぎてついていけない人も多いはず。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第26話「公安9課、再び」解説

冒頭のシーン アオイと少佐がネット上で会話している。 アオイ「肉体を喪失しても、思考はネットを巡り、個を特定したままその存在を維持し続けられると?」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期全話感想 

最後まで見通すにはそれなりの覚悟が必要。 それぐらい非情な展開の連続で、ラストに向けて見るのが辛くなってくる。 なぜここまで非情な物語にしなければならなかったのか疑問。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第24話「孤城落日」解説

9課による瀬良野誘拐のリーク 恐らく薬島の息のかかった者によるマスコミへのリーク。 これにより9課の存在や活動が表沙汰となり、内政問題に発展していく。 驚くトグサに荒巻は「慌てるな、作戦が動き始めたまでだ」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2(第2期)全話感想

第一期の世界観を壊さずに広がるところは広げ、収束させるところは見事にまとまり、どんでん返しとサプライズの連続で息もつかせずにラストへと向かう構成は見事としか言いようがない。