日常

ヴァイオレット・エヴァガーデン 全話感想

戦争で負傷したヴァイオレット・エヴァガーデンは、退役後手紙の代筆屋、通称「ドール」となる。 そこで様々な人と出会い、失った感情を徐々に取り戻していくという物語。

だがしかし2(第2期) 全話感想

第2期は1話15分に短縮。 基本的に1期と同じだが、より人間関係に重きを置いている印象。 新キャラもプロットや旧キャラになじんでいる。

ミイラの飼い方 全話感想

冒険家の父親から突如送られてきたミイラと主人公の交流を描いたコメディ。 ミイラのミー君のキャラがいまいち薄いなあと思っていたら、急にドラゴンやら神様やらが出てきてなんの話かよくわからなくなった。

からかい上手の高木さん 全話感想

思春期まっただ中の中学生男子・西方と、彼を何かとからかい続ける高木さんを中心とした青春コメディ。 個人的にツンデレや意地悪なキャラは嫌いだし、からかいという行為もリアルに嫌いなのであまり期待しておらず、気分が悪くなったら切ろうと思っていたの…

ゆるキャン△ 全話感想

女子高生×キャンプもの。 ほっこりしたゆるめのストーリーと安定感のあるキャラがとてもよかった。

この世界の片隅に 感想

基本情報 原作:こうの史代 放送:2016年公開 公式サイト:ロングラン上映中! 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイト 公式動画 www.youtube.com 主題歌「悲しくてやりきれない」コトリンゴ コトリンゴ オフィシャルページ www.youtube.com 感…

干物妹うまるちゃんR(第2期) 全話感想

外では完璧、家では干物女のうまるちゃんを中心に描いた日常コメディ第2期。 1期と全く同じテンションなので安心して観られる。 多少キャラが増えて恋愛要素が増した印象。

干物妹うまるちゃん 第1期全話感想

干物妹と書いて「ひもうと」と読む。 容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能のスーパー女子高生うまるは自宅に帰ればぐーたらでオタク、生活の全てを兄に依存している干物女子。

らき☆すた 全話感想

日常萌えアニメ。 独特のゆるさとカオスな内容が絶妙にマッチしている異色な作品。 感想を言えと言われると言葉に詰まってしまう。

四月は君の嘘 全話感想

めずらしく泣いた作品。 アニメで泣いたのはこれと「あの花」ぐらい。

妹さえいればいい 全話感想

「僕は友達が少ない」の作者が送るラノベ作家もの。テンプレ感や下ネタは相変わらずだがどこか落ち着いた印象で、地味に感じた。

ブレンドS 全話感想

正統派萌えアニメ。 属性カフェ(店員がツンデレやロリなど様々な属性として接客する)で働く人たちの群像劇。

アニメガタリズ 全話感想

アニメ研究部に所属した主人公がアニメ文化の薫陶を受けていく物語。 後半まではアニメ初心者への啓蒙的作品となっている。

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 全話感想

すがすがしいほどの下ネタアニメ。 終始中学生レベルのエロなので明るく爽やかな印象。 テイストで言うと「生徒会役員共」に近い。

だがしかし(第1期) 全話感想

ありそうでなかった駄菓子コメディ。 懐かしい田舎の日常を舞台にして、毎回駄菓子にちなんだゆるい話が展開される。 そこそこエロい表現もあるので気を抜いて子供と一緒に観ないほうがいい。

セントールの悩み 全話感想

半人半獣など様々な形態の生物が暮らしている世界。 設定はしっかりしていてキャラクターも多様。 日常系のゆるいストーリーも悪くない。

DIVE!! 全話感想

飛び込み競技を題材にしたちょっと珍しいスポーツもの。 鍛錬や自己との葛藤、友情、亀裂、コーチとの確執などなどをきっちり盛り込んだスポーツものの王道といっていい。

コンビニカレシ 全話感想

ローソンと角川のメディアミックス作品と聞くと「あ~あ」と見る気をなくしてしまいそうだが、実際に見てみると意外と悪くなかった。

ようこそ実力至上主義の教室へ 全話感想

学園カーストもの。 設定が緻密ですぐに引き込まれた。 「暗殺教室」のようにクラス単位のカーストが設定されており、登場人物も多くなるのだが、うまく主要人物を絞りそれぞれをちゃんと描き分けられていたので混乱することはなかった。

ゲーマーズ 全話感想

学園一の美人ヒロインとオタク主人公、リア充のサブキャラとギャルの彼女というよくある設定かと思いきや、いい意味ですぐにキャラが崩壊していき、設定も(たぶんいい意味で)壊れていく。

異世界食堂 全話感想

週に一度だけ入り口が異世界とつながる食堂「洋食のねこや」。 そこに集まる様々な異世界人との交流を描いたほのぼのストーリーだが、はっきりいって退屈極まりなかった。 まず、プロットが完全に固定されてしまっている。

NEW GAME!!(2期) 全話感想

基本的にテイストは1期と同じ。 1期を見ていなくても楽しめる。 2期はやや人間関係のぎくしゃく感やそこからの成長に重きを置いている感があるが、ギャグ中心であることに変わりはない。 百合テイストや軽いお色気シーン、阿波根としずくさんのやりとりな…

恋と嘘 全話感想

作中に見える複数の主題に翻弄され、息切れしながらなんとか不時着したような作品。 設定を重視するならば「科学と人間」あるいは「体制と市民」路線を進むべきだったし、タイトル重視であれば最初から「恋と嘘」の主題を明確にするべきだった。 前半は「科…

サクラクエスト 全話感想

基本情報 制作:P.A.WORKS P.A. WORKS制作のアニメをブログ内検索 放送:2017年4月~9月 公式サイト:TVアニメ「サクラクエスト」公式 公式動画 www.youtube.com OP「Morning Glory」(k)Now_NAME (K)NoW_NAME Official Site www.youtube.com OP2「Lup…

潔癖男子!青山くん 全話感想

サッカー部のエースであり、重度の潔癖症でもある青山くんとチームメートを描いた学園コメディ。 いわゆるサッカーものではなく、あくまでギャグメイン。 少年漫画らしく抑えめな表現だが、その分安心して観られると思う。 お色気もほとんどない。

はじめてのギャル 全話感想

童貞主人公とギャルのヒロインが織りなすドタバタラブコメ。 特に目新しいところはなかったものの、最後まで安定したストーリー展開でそれなりに面白かった。

秒速5センチメートル 感想

「君の名は」→「言の葉の庭」→「秒速5センチメートル」の順で観た。 純粋に面白さという点でいうと「君の名は」には劣るし、視聴者の感情をコントロールしようという意図が鼻につく。

言の葉の庭 感想 川端康成と新海誠

「君の名は」を観てから本作を視聴した。 「君の名は」もそうだったが、本作はより川端康成の作風に近いと感じられた。 といっても日本庭園や梅雨、和歌など〈和〉のガジェットを使っているからとか、感情描写が多く叙情的だからとか、人物描写やナレーショ…

君の名は 感想

映画館では観ずに、レンタル解禁されてから初見。 あまりにも評判がよすぎるので天邪鬼になってしまい、鼻で笑ってやろうと思って観たら不覚にも感動してしまった。 自然の美しさや少女の純真さ、随所に散りばめられたメタファー、そして何より「ここから本…

SCHOOL DAYS 全話感想

「最強の鬱アニメ」と紹介されていて見てみたのだが、終わってから激しく後悔した。 中盤まではまあわりとよくあるタイプのクズ主人公ものだと思っていたが、回を重ねるごとに誠(主人公)のクズっぷりがどんどんエスカレートしていき、嫌悪感が増幅されてい…