アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

評価★★★★★

あの日見た花の名前を僕はまだ知らない 全話感想

アニメや漫画ではめったに泣かない自分が2回見て2回とも泣かされたのでかなりガチだと思ってくださいw

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ) 第1期 全話感想

真性ヲタの主人公が、隠れヲタの美少女達とギャルゲーの制作に挑むというドタバタコメディー。 テンプレに満ち満ちてはいるが、各キャラにはそこそこ血が通っているように感じられて、わりと面白かった。

バクマン 第3期 全話感想

相変わらずの内輪ノリが続くので、さすがにマンネリを感じる。 今回は、平丸が脇役としては際立っていた。

バクマン 第2期 全話感想

第2期は作家VS出版社という構図が多い。 少年漫画なので作家側に感情移入できるように描かれてはいるが、編集者たちの意見もよく理解できる。

バクマン 第1期全話感想

公式動画 なし 基本情報 原作: 大場つぐみ 大場つぐみ - Wikipedia 小畑健 小畑健 - Wikipedia 放送:2010年10月~2011年4月 公式サイト:NHKアニメワールド バクマン。 // OP「Blue Bird」コブクロ www.youtube.com ED1「BAKUROCK 〜未来の輪…

黒子のバスケ 第3期 全話感想

第3期の見所はもちろんウィンターカップ準決勝と決勝だが、帝光中学編も挿入されている。 黒子をはじめ、キセキの世代の面々がバスケを始め、才能を開花させていき、その才能ゆえに衝突していく様子が丹念に描かれている。

黒子のバスケ 第2期全話感想

世界が広がり新キャラも多数登場するが、相変わらずいい意味で黒バスらしく、一期同様に楽しめる。 第二期は主要キャラの必殺技が炸裂するので、より少年漫画(アニメ)らしくなっているとも言える。

黒子のバスケ 第1期全話感想

黒バスの特徴は、プロットの速さとわかりやすさにあると思う。 第1期は高校入学から始まる。普通の少年漫画的プロットなら、主人公がバスケに出会うまでを描き、さらにバスケというスポーツを覚えていくまで、そしてゲームデビューなどを丹念に描いていくの…

鬼平 全話感想

個人的には自分史上ベストファイブに入る位の神アニメだったのだが、世間的にはそれほど騒がれなかったようだ。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期全話感想 

最後まで見通すにはそれなりの覚悟が必要。 それぐらい非情な展開の連続で、ラストに向けて見るのが辛くなってくる。 なぜここまで非情な物語にしなければならなかったのか疑問。

亜人ちゃんは語りたい 全話感想

「亜人」という作品とは全く無関係。 ヴァンパイア、デュラハン、雪女などの亜人(デミちゃん) が、悩み戸惑いながら普通の人間と一緒に高校生活を送っていくという作品。 デミ独特の悩みなどを、高橋先生が優しく、時に厳しく指導していく姿にほっこりする。

進撃の巨人 第1期 全話感想

残酷なシーンがわりと多いので、苦手な人は注意。 食事しながらもオススメしない。 第一期は雌型の巨人がアレしてあーなってカキーンってなるところまで。

侵略!?イカ娘 第2期 全話感想

基本的に、第一期と何も変わらず。 相変わらずイカちゃんはわがままでかわいい。

魔法少女まどか☆マギカ 全話感想

好きか嫌いかで言うと、嫌いだ。 まず、暗い。 そして、萌え萌えの作画がその暗さを逆に助長していて、なんだかやりきれない気持ちにさせる。

けいおん!! 第2期 全話感想

大ヒットアニメの第二期としてはかなり高い水準を保っていると言える。 変に新キャラや新要素を足さずに、第一期の世界観を踏襲したのは大正解だったと言えるだろう。

監獄(プリズン)学園 全話感想

公式動画 www.youtube.com 基本情報 原作:平本アキラ 平本アキラ - Wikipedia 放送:2015年7月~9月 公式サイト:TVアニメ『監獄学園 プリズンスクール』公式サイト OP「愛のプリズン」監獄男子www.youtube.com ED「罪深き俺たちの賛歌」監獄男子 www…

バジリスク 甲賀忍法帳 全話感想

山田風太郎の原作「甲賀忍法帖」(1958年刊行)をかなり忠実に再現したアニメ。 そもそも原作が 漫画チック、アニメチックな内容なので、アニメ作品になっても全く違和感が感じられない。

亜人 第2クール 全話感想

日本政府と全面戦争の姿勢を見せる佐藤一派、対亜人特殊部隊で佐藤を迎え撃つ政府、そして独自のスタンスで佐藤の暴挙を止めようとする永井ら。 この三つ巴でストーリーは進んでいく。

天元突破グレンラガン 全話感想

2007年の作品だが、作画といい、ロボットの"ロボ"感といい、どこか昭和の懐かしい匂いがする。 戦い前の七五調の口上も、時代がかっていて面白い。 何より、キャラクターやストーリーにテンプレ感がほとんどなく、主人公の成長とともに物語や世界観がどんど…

SHIROBAKO 全話感想

高校のアニメ同好会に所属する5人の友達がそれぞれアニメ業界に進み、夢と現実のギャップに悩みながら働いていく業界もの群像劇。 登場人物は多いが、慣れるまで肩書や人物名を画面に出してくれるので、覚えやすい。

ガールズ&パンツァー(Girls und Panzer) 全話感想

乙女のたしなみとされる「戦車道」に青春を捧げる少女たちを描いた異色の部活もの。 文字通り、女子高生たちが戦車に乗って戦うのだが、アニメアニメしたキャラクターとリアルな戦車のミスマッチが絶妙で、世界観に引き込まれてしまう。

ソードアート・オンライン(SAO) 第1期 全話感想

VRマシンを使ってゲーム内にフルダイブするMMOソフト「ソードアート・オンライン」の世界と、現実世界の両方を舞台とした作品。 記号やテンプレとしての異世界もの、転生ものではなく、世界観や背景など、ゲーム内、現実世界両方でしっかりと作り込まれてい…

けいおん! 第1期 全話感想

言わずと知れた、京アニの大ヒットアニメ。 もはやクラシックとさえ言える。 部活ものアニメのテンプレはここから生まれたと言っていいだろう。

僕は友達が少ない(はがない) 第1期 全話感想

いわゆる「ぼっちもの」の元祖(だと思う)。 ぼっちで友達の作り方がわからない者たちが集まって部活を作るという、聞くだけで恥ずかしくなるようなテンプレストーリーだが、多分この作品が最初。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1期 全話感想

エロゲ好きでオタクの妹と、彼女に振り回される兄を描いた大ヒット作。 「妹」や「ツンデレ」といった要素を、ここまではっきり記号として扱ったのは本作が初めてではないだろうか?

亜人 第1クール 全話感想

ショッキングなシーンが多いため、そういう表現が苦手な人は見ないほうがいい。 食事をしながらの視聴もあまりオススメではない。 また、普通のアニメと違い作画がやたらぬるぬると動くので最初はちょっと気持ち悪く感じる。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?(ダンまち) 全話感想

テンプレ異世界ものだが、世界観がはっきりしているので物語に入っていきやすい。 何より、素朴だが一生懸命な主人公に好感が持てる。

侵略!イカ娘 第1期全話感想

地球を侵略するために海から現れた「イカ娘」が、海の家「れもん」の従業員らと関わっていく物語。 特に深いテーマもないため、一話一話気軽に楽しめる。

残響のテロル 全話感想

渡辺信一郎、菅野よう子の「カウボーイビバップ」コンビが手がけた作品。

這いよれ!ニャル子さん 第1期 全話感想

H.P.ラヴクラフトのクトゥルー神話を元ネタにしたいわゆるクトゥルーもの。 ラヴクラフト好きが本作を見てどれだけ楽しめるかはわからない。