読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Production I.G.

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第7話「狂騒は亡国の調べ」解説

// 公式動画 なし 基本情報 原作:士郎正宗 士郎正宗info 制作:Production I.G https://www.production-ig.co.jp/ 監督: 神山健治 神山健治:Kenji Kamiyama (@kixyuubann) | Twitter 放送:2004年1月~2005年1月 公式サイト:攻殻機動隊 S.A.C.…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第6話「潜在熱源」解説

エネルギー省を脅迫してきた男と見られるが、事故に見せかけ殺されている。 脳核を破壊されているため電脳も洗えない。 当局からはマークされていたが、身柄を確保する前に消された。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第5話「動機ある者たち」解説

イシカワが検索した五・一五事件の概要 ほぼ正しいが若干創作もあるよう。 特に、嘆願書と共に11本の指が送られてきたというのは創作で、実際は9本、10本など諸説ある。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第4話「天敵」解説

新浜難民居住区 日本に五ヶ所ある難民居住区のひとつ。 新浜県は元首都で現在は経済の中心地と考えていい。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第2話「飽食の僕」解説

宜野(ぎの)タダシ 今回の主人公。 第4次非核大戦を戦った招慰戦闘サイボーグ。優秀なパイロットだったらしい。 戦地で悪質な性病に感染し、下半身を喪失した(後半、バトーのセリフから)。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2ndGIG 第1話「再起動」解説

前提 第1期からそれほど時間は経っていない。 9課はまだ表向き〈特殊部隊規制法案〉によって解散させられた状態だが、今回のテロ事件が警察の手に余るとわかった途端召集がかけられた。

黒子のバスケ 第3期 全話感想

第3期の見所はもちろんウィンターカップ準決勝と決勝だが、帝光中学編も挿入されている。 黒子をはじめ、キセキの世代の面々がバスケを始め、才能を開花させていき、その才能ゆえに衝突していく様子が丹念に描かれている。

黒子のバスケ 第2期全話感想

世界が広がり新キャラも多数登場するが、相変わらずいい意味で黒バスらしく、一期同様に楽しめる。 第二期は主要キャラの必殺技が炸裂するので、より少年漫画(アニメ)らしくなっているとも言える。

黒子のバスケ 第1期全話感想

黒バスの特徴は、プロットの速さとわかりやすさにあると思う。 第1期は高校入学から始まる。普通の少年漫画的プロットなら、主人公がバスケに出会うまでを描き、さらにバスケというスポーツを覚えていくまで、そしてゲームデビューなどを丹念に描いていくの…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第1期全話感想

攻殻機動隊初のアニメシリーズ。 押井守版はこれより前だが、世界観はかなり違う。 面白さはいまさら言うまでもないが、シリーズの根幹となる「笑い男事件」が複雑すぎてついていけない人も多いはず。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第26話「公安9課、再び」解説

冒頭のシーン アオイと少佐がネット上で会話している。 アオイ「肉体を喪失しても、思考はネットを巡り、個を特定したままその存在を維持し続けられると?」

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第25話「硝煙弾雨」

荒巻が話しているのは恐らく法務大臣。 「貴様が法務省の存在を覚えていたとは光栄だな」←超法規的活動が主な9課長荒巻への皮肉。 荒巻は9課メンバーを守りたい一心で大臣に手土産(薬島関連の書類)持参で、9課メンバーの延命を願い出る。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第23話「善悪の彼岸」解説

薬島薫 元海上幕僚長、現連合与党幹事長。 「笑い男事件」発生当時の厚生大臣。 電脳技術の管轄を通産省から厚生省に移し、今の地位を築いた。 海自との間に黒い繋がりがある。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第22話「疑獄」解説

神崎議員 第19話「偽装網に抱かれて」で登場。 神崎の娘がロシアのスパイに拉致されたのを9課が救った。 神崎はそのお礼に荒巻に「薬島幹事長には気をつけろ」と忠告しにきた。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第21話「置き去りの記憶」解説

今来栖尚(いまくるすひさし) 元中央薬事審議会理事長。 電脳硬化症の権威で、自身も電脳硬化症を患っている。 日本医師会会長。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第20話「消された薬」解説

この第20話からまた「笑い男事件」に戻る。 冒頭のシーン 掃除業者が「笑い男」(アオイ)に電脳をハックされ、「村井ワクチン接種者リスト」を厚生省の資料室から外に持ち出した。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第11話「亜成虫の森で」

ネタバレ注意!笑い男の正体について書いてます。 授産施設 電脳閉殻障患者が自立を目指して働く施設。 作中の施設は法務省管轄で、補助金が出ていると思われる。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第10話「密林航路にうってつけの日」 解説

グロいシーンあり。 「笑い男」事件とは全く関係ないので、きつい人は飛ばしてOK。 バトーファンなら観ておいた方がいい。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第9話「ネットの闇に棲む男」解説

この第9話で「笑い男」事件のこれまでの流れを総括している。 「チャットルーム」は電脳からアバターを使ってフルダイブするもの。 発言者と観客に分けられているらしい。

攻殻機動隊Stand Alone Complex 第7話「偶像崇拝」解説

第7話は「笑い男事件」から一旦離れて、「ゴースト」の解説回となっている。 ゴースト 人間の意識、無意識、魂、霊魂などの概念の総称。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第5話「マネキドリは謡う」解説

ナナオ=A 警視庁特捜部が「笑い男事件」の最重要参考人としてマークしてきた。 大学時代に左翼思想に傾倒し、武力闘争に参加。 逮捕歴あり。

サイコパス(PSYCHO-PASS)第1期 全話感想

面白いのに、なぜか心の底から楽しめなかった。 違和感の源泉はふたつ、既視感とリアリズム。 まず、本作にはどっかで見たようなシーンや人物、展開が多い。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第4話「視覚素子は笑う」解説

笑い男事件 未解決の連続企業テロ事件。 SACのストーリーの中心となる。 詳細は徐々に明らかになっていくので今は分からなくてもいい。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第2話「暴走の証明」 解説

剣菱重工の新型多脚戦車。 型番はHAW-206。 AIを搭載(おそらくこの時代の戦車、ヘリ、戦闘機はすべて)。 軍用なので最高レベルの攻性防壁を持つ。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第1話「公安9課」解説

第一回目は公安9課という組織がどういったものかを解説するためのものとなっている。 事件としては単発で、伏線はない(はず)。 今回は公安9課の性質と、電脳についてざっくりと理解できればOK。