読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lostorage Incited WIXOSS 全話感想

バトル ファンタジー 萌え 2016年放送

公式動画

www.youtube.com

基本情報

原作:LRIG(集英社

制作J.C.STAFF J.C.STAFF オフィシャルホームページ

監督桜美かつし 桜美かつし - Wikipedia

放送:2016年10月~12月

公式サイトTVアニメ『Lostorage incited WIXOSS』公式サイト

OP「Lostorage」井口裕香 

井口裕香 Warner Bros. Home Entertainment Official Website

www.youtube.com

Lostorage<通常盤>(TVアニメ「Lostorage incited WIXOSS」オープニングテーマ)WIXOSS」オープニングテーマ)

Lostorage<通常盤>(TVアニメ「Lostorage incited WIXOSS」オープニングテーマ)WIXOSS」オープニングテーマ)

 

 ED「undeleatable」cyua

BETTA FLASH

www.youtube.com

undeletable(TVアニメ「Lostorage incited WIXOSS」エンディングテーマ)

undeletable(TVアニメ「Lostorage incited WIXOSS」エンディングテーマ)

 

【広告】

 

感想

WIXOSSという実際のカードゲームを取り入れたバトルもの。

WIXOSS-ウィクロス-|タカラトミー

キャラも可愛く、バトルシーンも迫力がある。

しかしながら、前半は淡々として煮え切らず、後半にかけて謎の追加設定がなされ、もやもやが残る。

 

まず、前半のプロットにテンプレ感がある。

すず子と千夏の関係性もさんざん手垢がついたもの。

第二話ですず子の幼なじみの千夏が、いつも上位だったテストの成績が下がり、とある事件でバイトをクビになり絶望するというシーンがあるが、”千夏が”絶望しているというより、制作者が(プロットの都合上)”千夏を”絶望させているという感じがした。

このように、登場人物が作者によって動かされ、あるいはプロットの都合に当てはめられている印象があるため、キャラから熱が伝わってこず感情移入し辛かった。

すず子と千夏を「あれ、この子どっちだっけ?」と分からなくなるシーンもあった。

 

次にもやもやしたのはタイトル。

Lostrage Incited WIXOSSという、長くてよく分からないタイトルなため、カードゲームに馴染みのない者はSNSでつぶやきにくい。

タイトルを覚えたのは最終話付近になってから。

本作について何かをつぶやこうとしても、「あれ、タイトル何だっけ?」「綴り合ってたかな?」と思っているうちに冷めてしまい、最後まで一度も言及しなかった。

そういう人は多いのではないだろうか?

なお、最後までWIXOSSを「ウィクソス」だと思っていたが「ウィクロス」らしい。

 

作中のカードバトルも初心者や未経験者に対するルールや用語の説明がないまま進んでいくので、せっかく迫力のあるバトルシーンで何が起こっているのかわからずにもやもや。

知りたければカードを買って遊んでくれということなのかもしれないが、そこまで時間を割ける人は少数だろう。

ラストバトルは特によく分からなかった。

厳密なルールの上に成り立つカードバトルではないのだろうか??

 

後半、唐突にルリグ(カードの妖精みたいなやつ)が暴走し出すが、その原理や理由が最後まで説明されておらず困惑した。

急にシナリオをテコ入れしたのだろうか?

また、この設定ならば記憶喪失になった人物が増加し、社会問題となるはずだが、マスコミに取り上げられたり警察が捜査に乗り出したりといったことも描かれてはいない(ソードアートオンラインはその点で設定がきめ細かかった)。

TVアニメ「ソードアート・オンライン」オフィシャルサイト

 

色々と疑問は残るものの、最後までは観られたので面白いアニメだったことは間違いない。

WIXOSS経験者なら十分楽しめるのかもしれない。

BD

 

グッズ