天元突破グレンラガン 全話感想

公式動画

なし

基本情報

原作:GAINAX GAINAX NET

制作:GAINAX GAINAX NET

放送:2007年4月~9月

公式サイト天元突破グレンラガン

OP「空色デイズ」中川翔子

中川翔子 Official Website しょこたんねっと

www.youtube.com

ED1「UNDERGROUND」HIGH VOLTAGE

HIGH VOLTAGE - Wikipedia

UNDERGROUND

UNDERGROUND

  • アーティスト: HIGH VOLTAGE,高橋大望
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
  • 発売日: 2007/05/02
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

ED2「みんなのピース」アフロマニア

アフロマニア - Wikipedia

みんなのピース

みんなのピース

 

感想

2007年の作品だが、作画といい、ロボットの"ロボ"感といい、どこか昭和の懐かしい匂いがする。 

戦い前の七五調の口上も、時代がかっていて面白い。

何より、キャラクターやストーリーにテンプレ感がほとんどなく、主人公の成長とともに物語や世界観がどんどんと広がっていくという、王道的な作風に好感が持てる。

 

一期全27話で完結するのだが、「ソードアートオンライン」後半のような、取って付けた展開もなく、かといって取りこぼしもなく、ちょうどいいサイズで気持ちよく終わってくれた。

ただし、総集編にはびっくりしたが、そこはあの「エヴァンゲリオン」のガイナックスというところで飲み込むべきなのだろうか? 

個人的には好きではない。

 

何も考えずに楽しめる作品だが、深読みしようとすればかなり深くまでメタファーを追っていける。

「螺旋力」という概念は、どこか神話的な奥深い響きを持っている。

 

グレンラガンがやたらと変形を繰り返すのはビジネスの匂いがして苦笑いするが、そこも含めて作品の味なのだろう。

 

現代的な緻密な作品を好む人には向かないかもしれない。

 

余談だが、本作第4話の作画についてネット上で議論(今で言う炎上)になり、最終的にガイナックス取締役が辞任するという騒動にまで発展した。

詳しく知りたい人は「グレンラガン 作画崩壊」で検索。

【広告】

 

BD

天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)

天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)

 

グッズ

スーパーロボット超合金 グレンラガン

スーパーロボット超合金 グレンラガン

 
RIOBOT04 グレンラガン 2次出荷分

RIOBOT04 グレンラガン 2次出荷分

 
リボルテックヤマグチ No.062 天元突破グレンラガン

リボルテックヤマグチ No.062 天元突破グレンラガン

 

【広告】