攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第25話「硝煙弾雨」解説

基本情報

原作:士郎正宗 士郎正宗 - Wikipedia

放送:2002年10月~2003年11月

公式サイトhttp://www.kokaku-s.com/root.html

ネタバレ注意!

車中のシーン

荒巻が話しているのは恐らく法務大臣。

「貴様が法務省の存在を覚えていたとは光栄だな」←超法規的活動が主な9課長荒巻への皮肉。

荒巻は9課メンバーを守りたい一心で大臣に手土産(薬島関連の書類)持参で、9課メンバーの延命を願い出る。

大臣は衆院選が終わるのを待てと告げる。

"9課"再建を説く大臣と、あくまで"現メンバー"にこだわる荒巻とのすれ違い。

「なぜもっと頭を下げて頼まない」と訝しむ大臣に荒巻は「頭は立場が上の時に下げてこそはじめて効果がある」。

タチコマ

並列化を繰り返した果てにそれぞれが個性を獲得した。

そして彼らは皆バトーを助けたいという思いで集まった。

タチコマの行動は少佐にある示唆を与える。

少佐のセーフハウス

バトーは少佐が大事にしていた腕時計を取りに来た。

演技からは、他の用事のついでに腕時計を見つけて持ち帰ったようにも見えるが、その他の用事がわからないので、やはり腕時計のために来たのだろう。

最初から用心していたのは、追われている身だから。

(第26話へ)

animesuki.hatenadiary.jp

【広告】

 

原作

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

 

BD

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1

 

【広告】