クロックワークプラネット 全話感想

公式動画

www.youtube.com

基本情報

原作: 榎宮祐 榎宮祐(@yuukamiya68)さん | Twitter

暇奈椿 暇奈椿(@tubaki85)さん | Twitter

制作:XEBEC(XEBEC制作のアニメをブログ内検索

放送:2017年4月~6月

公式サイトクロックワーク・プラネット 公式ホームページ|TBSテレビ

OP「clockwork planet」Frip Side

fripSide OFFICIAL SITE

www.youtube.com

ED「アンチクロックワイズ」After the Rain

After the Rain(そらる×まふまふ) NBCUniversal OFFICIAL SITE

www.youtube.com

感想

都市や地球そのものが機械式時計のように歯車で動いている世界。

その設定は魅力的なのだが、どうやってそんなことができたのかについては説明がなかった。

そのせいか最後までモヤモヤが残り作品世界に深く入っていくことができなかった。

ストーリーも急ぎすぎかつ説明が足りないので、終始置いてきぼりにされた印象。

ナオトとリューズが一瞬だけ学校に通っていたのは何だったんだろう? 

 

また本作には、高級腕時計と同じ名前のキャラクターが登場するが、ラノベやアニメとは水と油な気がした。

時計に興味ない人が「ブレゲ」とか「ヴァシュロン」と言われても何のことかわからないだろうし、それらの時計をつけている人はアニメやラノベを見ないだろう。

そのミスマッチが新しいといえば新しいのだが…

 

ストーリー自体はよくあるバトルものでやや少年漫画っぽい印象。

個人的に気になったのは主人公の人物像形。

最後の最後まで「この主人公は本当にこういう性格なのだろうか?」と思いながら見ていた。

ある時は熱く、あるときはだらしなく、あるときはスケベというよくあるタイプなのだが、一本芯が通っていないのでどれが本当の性格なのか掴みづらかった。

とりあえずキャラクターデザインだけ先にしておいて、性格はそれぞれのシーンに合わせてテンプレからコピペしていったような印象があった。

 

ストーリーもキャラクターも世界観も「わかる」のに何故か見ていてずっと困惑した作品。

【広告】

 

原作

クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)

クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)

 

BD 

クロックワーク・プラネット 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

クロックワーク・プラネット 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

 

グッズ

クロックワーク・プラネット 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

クロックワーク・プラネット 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

 
クロックワーク・プラネット リューズ ぷちこれ!アクリルキーホルダー

クロックワーク・プラネット リューズ ぷちこれ!アクリルキーホルダー

 

【広告】