四月は君の嘘 全話感想

基本情報

原作:新川直司 新川直司 - Wikipedia

放送:2014年10月~2015年3月

公式サイトTVアニメ「四月は君の嘘」オフィシャルサイト

公式動画

www.youtube.com

OP1「光るなら」Goose house

Goose house.

www.youtube.com

OP2「七色シンフォニー」コアラモード

コアラモード. | ソニーミュージック オフィシャルサイト

www.youtube.com

 

ED1「キラメキ」wacci

wacci OFFICIAL WEB SITE - ワッチ オフィシャル ウェブサイト -

www.youtube.com

ED2「オレンジ」7!!

7!!(セブンウップス) Official Site

www.youtube.com

感想

めずらしく泣いた作品。

アニメで泣いたのはこれと「あの花」ぐらい。

animesuki.hatenadiary.jp

主人公有馬はピアニストなのだが、トラウマからピアノが弾けなくなったところから物語りがスタートする。

ヴァイオリニストのかをりと出会い、彼女に翻弄されながらも徐々に演奏を再開する有馬。

そのトラウマの描き方がリアルかつ的確で秀逸の一言。

実際に有馬レベルの猛特訓を受けてきたミュージシャンは掃いて捨てるほどいるし、トラウマとなってやめた人もいくらでもいる。

作者はクラシックとは無縁の人らしいが、相当念入りに取材したのだろう。

 

本作の見所のひとつは演奏。人物の心情に合わせた演奏(ズレたりミスしたり)はさぞ難しかっただろうが、しっかり伝わる出来映えになっている。

楽曲もそれほど沢山は出てこず、クラシックに精通していなくても楽しめる。

 

個人的にはプロットの造形が素晴らしいと思った。

大筋では一直線に時間が進みつつ、頻繁に回想が挿入され過去の出来事を回収していくのだが、そうしたプロットにありがちな「今どこで誰が何をしてるのか」と迷ったことが一度もなかった。

その上でラストへとつながる伏線もしっかり張られており、最終話を観たとき「やられた!」とミステリ作品のようなカタルシスがあった。

 

分かりやすく、面白く、感動的。

絶対に損はしません。

【広告】

 

原作

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

BD

四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

 

【広告】