この世界の片隅に 感想

基本情報

原作:こうの史代

放送:2016年公開

公式サイトロングラン上映中! 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイト

公式動画

www.youtube.com

主題歌「悲しくてやりきれない」コトリンゴ

コトリンゴ オフィシャルページ

www.youtube.com

 

感想

大ヒットを記録した作品。

戦前から戦後すぐまでの激動の時代を、すずという一人の女性を通して描いていく。

まず、徹底的な時代考証に脱帽した。

といっても自分はそこまでこの時代の中国地方に詳しくはないのだが、観ているだけでリアルさが伝わってくる。

 

作画がどこか日本昔話チックでほんわかしているが、内容はそこそこハード。

後半はちょっと耐えきれない人もいるかもしれない。

ただ、露悪的ではないので不快感はなかった。

 

主人公すずを演じたのは女優ののん(能年玲奈)。

ハマっているし上手だと思うが、どうしても声からのんを想像してしまい、そこからあまちゃんのテーマが脳内再生されたり、気がつけば「じぇじぇじぇ」とつぶやいていたり…残念ながらすずというキャラクターや作品に完全には没頭できなかった。

ではのんじゃなければよかったかというと、それはそれで違う気がする。

 

本作の最大の魅力は、政治的メッセージが1ミリもないこと。

自虐史観もなければ戦争美化、戦前美化もない。

ただただそういうもの、そういう時代として淡々と描いているところが素晴らしかった。

コトリンゴの歌もハマっている。

戦争ものが苦手な方こそ観てほしい。

【広告】

 

原作

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 

BD、ネット配信動画

この世界の片隅に

この世界の片隅に

 
この世界の片隅に [Blu-ray]

この世界の片隅に [Blu-ray]

 

【広告】