ウマ娘 プリティダービー 全話感想

公式動画

www.youtube.com

基本情報

原作Cygames

放送:2018年4月~6月

公式サイトTVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』公式サイト

OP「Make Debut!」複数

www.youtube.com

ED「グロウアップ・シャイン!」複数

www.youtube.com

感想

足の速さに長けた新人類「ウマ娘」が競馬のような競技で切磋琢磨するストーリー。

ジェンダー問題に敏感な人は「女性を動物のように表現し、差別を助長する作品」と深読みしてしまうかもしれないが、気分が悪くなるような表現はなく、単なる競走馬の萌え擬人化というアニメ的文脈で捉えられる。

確かにウマ娘たちは可愛いし、萌え感も高い。

 

しかし、レース自体は人間が走っているのと同じで、ウマ娘という特殊な人種の特徴や良さが全く出ていなかった。

これでは単なる女子コスプレ中距離走に過ぎない。

競馬に必須の調教も作中にはなかった(まあさすがに女の子に”調教”はまずいだろうが……)。

そのせいか、途中からウマ娘たちが普通の女の子にしか見えず、根本的な世界観が崩壊してしまった。

 

また、プロットもゆるく、挫折や成長、家族愛などの表現もありきたりでぬるい。

ではそれらを補ってあまりあるほどの萌えがあるかというと、そうでもないので、後半の視聴はほとんどやっつけとなっていた。

最終話もあまり盛り上がらず、ラストはなぜかアイドルアニメのような終わり方でうんざり。

 

この設定でこの作画なら絶対面白くなるはずなのに面白くなかったという点で、「ハイスクール・フリート」に似ているかも知れない。

animesuki.hatenadiary.jp

【広告】

 

BD

【広告】