アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

シュタインズ・ゲート 解説 第10話「相生のホメオスタシス」

〈初見解説(ネタバレなし)〉

本記事前半はシュタインズゲートを理解しやすくするための解説や重要な伏線の紹介をしています。

まず一度視聴後に解説を読むことをお勧めします。

核心となるネタバレは含みませんが、何が重要か、何が伏線となるのかを自分で探したい方はお読みにならないでください。

*記事後半にネタバレ解説があります。十分ご注意ください。

日付

8月8日

【伏線】秋葉原から萌え文化が消えた

現在の世界線(小)は、アキバにとらのあながなく、フェイリスの働くメイドカフェ「メイクイーン」もない。

【伏線】ラジ館に墜落した人工衛星を見つめる鈴羽

後でわかる。

この世界線(小)で岡部らとフェイリスが知り合った経緯

フェイリスと知り合ったのは、池袋でライネットの大会があった日、昼に食べたジャガバタラーメンのせいでダルがお腹を壊してリタイア、代わりに岡部とまゆしーが出場し、フェイリスと対戦。

岡部とまゆしーは惨敗したが、そのときからまゆしーとフェイリスが友達になった。

【伏線】るか女化

るかが女になったのは一つ前のるかが送ったDメールによるものだろう。

【伏線】鈴羽の挨拶

鈴羽の挨拶が今度は「おーっす」に変わっている。

ストーリー上深い意味はない。

【伏線】拷問に反応する鈴羽

後でわかる。

【伏線】父親を探す鈴羽

実は鈴羽は父親を探しに東京に来た。

秋葉原にいることは分かっているが、もう何年も会ってなく、顔も覚えていない。

唯一の手がかりはバッジ。

明日その父親に会えるチャンスがあるが、それを逃すと鈴羽は去らないといけない。

ストーリー上かなり重要。

日付

8月9日

鈴羽のためのパーティを開催

鈴羽が父親に会えたら祝いの会、会えなかったら残念会。

ダルはオフ会があるから参加できないと断ってきたので、「フェイリスの手料理とオフ会どっちを選ぶ?」とメールし、騙す。

パーティ後Dメールの実験。

【伏線】岡部への脅迫メール

岡部に「お前を見ているぞ」という脅迫メールと、ゼリーの写メが。

差出人は「patghwskm@nine(続き不明)」から。

子供の頃の岡部の逸話

まゆしーとラボに帰る途中、岡部が子供の頃熱を出して倒れた話をする。

そのときの感覚はリーディングシュタイナーと似ていた。

岡部は子供の頃からリーディングシュタイナーを持っていたのか?

ストーリー上は重要ではない話。

【伏線】ダル

フェイリス目当てにタイムマシンオフ会を捨ててラボに来たが、騙されていたことに怒る。

ちなみに、紅莉栖のダルの呼び方が「橋田」と呼び捨てになっている。

【伏線】未来ガジェット4号「モアッドスネイク」

瞬間加湿器。

一瞬で視界が完全に曇るほど煙が充満する。

【伏線】鈴羽来ず

結果鈴羽はパーティに来ず、岡部は探しに行く。

鈴羽から「さよなら」とメールが。

日付

8月10日

【伏線】Dメール

岡部は自分にDメールを送り、鈴羽を引き止めさせようとする。

ラボの外に出るとそこには鈴羽が。

挨拶は「うーっす」に変わっている。

また、岡部の呼び方が「君」になっている。

過去改変は以下の通り。

・鈴羽のためのDメール実験はしていない。

・鈴羽はタイムマシンオフ会に出席していた。

・鈴羽の父親はバレル・タイターと名乗っている。

鈴羽はもう少し父親を探してみることにする。

(以下ネタバレ解説。まだ見たくない人は次へ)

animesuki.hatenadiary.jp

 

**********

 

 

<ここからネタバレ解説>

*以下の記事は必ず「シュタインズゲート」全24話を視聴後にご覧ください。

 

 

**********

 

 

【伏線】秋葉原から萌え文化が消えた

フェイリスが過去にDメールを送ったことで、フェイリスの父親が飛行機事故で死なない世界線(小)に移動。その結果秋葉原に萌え文化がなくなった。

【伏線】ラジ館に墜落した人工衛星を見つめる鈴羽

自分が乗ってきたタイムマシン。

本来の任務である1975年へと向かう決意。

【伏線】拷問に反応する鈴羽

未来でSERNに拷問されたことがあるのだろう。

【伏線】父親を探す鈴羽

鈴羽のそもそもの任務は1975年に行くこと。そのついでに2010年の秋葉原に父親を探しに来た。

鈴羽の父親はダル=バレル・タイター。

きょうのタイムマシンオフ会で鈴羽はダルに会えるはずだった。

しかし岡部がダルを騙してラボのパーティに呼んでしまったので鈴羽は会えず、失意のうちに去る。

岡部はそれを不憫に思い、Dメールで過去改変を行う。

日付

8月9日

鈴羽のためのパーティを開催

鈴羽が父親に会えたら祝いの会、会えなかったら残念会。

ダルはオフ会があるから参加できないと断ってきたので、岡部が「フェイリスの手料理とオフ会どっちを選ぶ?」とメールし、騙す。

パーティ後Dメールの実験。

【伏線】岡部への脅迫メール

岡部に「お前を見ているぞ」という脅迫メールと、ゼリーの写メが。

差出人は「patghwskm@nine(続き不明)」から。

SERNからのメールだろう。

【伏線】ダル

フェイリス目当てにタイムマシンオフ会を捨ててラボに来たが、騙されていたことに怒る。

オフ会に行っていたら鈴羽と会っていた。

ちなみに、紅莉栖のダルの呼び方が「橋田」と呼び捨てになっている。

【伏線】鈴羽来ず

結果鈴羽はパーティに来ず、岡部は探しに行く。

鈴羽から「さよなら」とメールが。

この時鈴羽はラジ館のタイムマシンで1975年に向かったのだろう。

日付

8月10日

【伏線】Dメール

岡部は自分にDメールを送り、鈴羽を引き止めさせようとする。

ラボの外に出るとそこには鈴羽が。

挨拶は「うーっす」に変わっている。

また、岡部の呼び方が「君」になっている。

過去改変は以下の通り。

・鈴羽のためのDメール実験はしていない。

・鈴羽はタイムマシンオフ会に出席していた。

・鈴羽の父親はバレル・タイターと名乗っている。

おそらくダルはオフ会に参加していない。

鈴羽はもう少し父親を探してみることにする。

このことで後に過去に飛んだ鈴羽はミッションに失敗し、自殺している。

岡部はそのことを後悔する。

animesuki.hatenadiary.jp

【広告】

 

BD

STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX スタンダードエディション

STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX スタンダードエディション

 

 

【広告】