シュタインズ・ゲート 解説 第17話「虚像歪曲のコンプレックス」

〈初見解説(ネタバレなし)〉

本記事前半はシュタインズゲートを理解しやすくするための解説や重要な伏線の紹介をしています。

まず一度視聴後に解説を読むことをお勧めします。

核心となるネタバレは含みませんが、何が重要か、何が伏線となるのかを自分で探したい方はお読みにならないでください。

日付

8月14日19時37分。

本来なら13日のこの時間あたりにSERNから襲撃を受け、まゆしーは死ぬはずなのにまだ何もない。

このまま、まゆしーは死なずに済むのかと思っていたら結局SERNの襲撃を受けてまたまゆしー死亡。

【伏線】タイムリープ

主題歌の後、8月13日に戻っている。

タイムリープシーンは完全に省略されている。

世界線移動したので岡部はまた今日まゆしーが死ぬと思っている。

状況のまとめと今後の作戦

今いるα世界線からβ世界線に移動できればまゆしーは助かる。

そのためにはIBN5100を使ってSERNが持っている岡部らのデータを消さなくてはならない。

しかし、柳林神社にあったIBN5100は世界線(小)の移動とともに消えてしまった。

今までDメール送信とともに世界線が移動したのは、

・ロト6購入メール

・萌耶が自分に送ったメール

・るかが母親のポケベルに送ったメール

・フェイリスのメール(内容秘密)

・鈴羽の尾行取り消しメール

鈴羽の尾行を取り消したら、襲撃が一日遅れた。

なら上記のDメールを一つ一つ取り消していけば、IBN5100があった元の世界線(小)に戻れるのでは?

紅莉栖が何の科学的根拠もない仮説を立てるのは初めて←世界線変動の影響か?

ツンデレの比率も変わっている。

8月13日16時17分にタイムリープ

まずはフェイリスを探し、Dメールを取り消す。

UPX

秋葉原UDXのオマージュ?

秋葉原UDX

ここで雷ネットABグラチャンの決勝戦が行われていた。

雷ネットはメイドカフェ「メイクイーン」で「フェイリス杯」として行われていたが、この世界線(小)では大きな全国大会が行われている模様。

フェイリスが優勝した。

フェイリスの記憶

岡部はフェイリスにDメールのことを訊くが、この世界線ではフェイリス自身にDメールを送った記憶はない。

しかし、別世界線で、メイクイーンがあった店に連れていくと、フェイリスにそちらの世界線の記憶が蘇る。

IBN5100

この世界線(小)では、1975年にタイムスリップした鈴羽はIBN5100を手に入れ、フェイリスパパに託した。

しかし、フェイリスの誘拐事件が発生、フェイリスパパは身代金を要求されたが持ち合わせがない。

そのとき、IBN5100を高額で買い取ると言う人が現れたので、譲った。

【伏線】悩む岡部

このままではまゆしーが死ぬ、しかしDメールを取り消したらフェイリスパパが死ぬ。

この選択は後の選択の準備のようなもの。

【伏線回収】フェイリスのDメールの内容

フェイリスパパは10年前飛行機事故で死亡。

フェイリスはその過去を変えるため、自身の誘拐を自作自演、身代金一億円を用意して新幹線に乗れとDメールを送る。

フェイリスパパの死亡は回避。

おそらくフェイリスのDメールを傍受したSERNがフェイリスパパにIBN5100を一億で購入したいと現れた。

誘拐は狂言だったのでフェイリスパパは一億円手に入れたこととなる。

おそらくそれを元手に成功したのだろう。

【伏線】フェイリスの記憶

フェイリスはリーディングシュタイナーを持ったよう。

だからDメールを送るのが辛い。

Dメール送信

フェイリスが過去にDメールを送信し、世界線が変わったが、相変わらずIBN5100は行方不明。

 

ネタバレ解説なし。

 

【広告】

 

BD

STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX スタンダードエディション

STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX スタンダードエディション

 

 

【広告】