アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

シュタインズ・ゲート 解説 第21話「因果律のメルト」

〈初見解説(ネタバレなし)〉

本記事前半はシュタインズゲートを理解しやすくするための解説や重要な伏線の紹介をしています。

まず一度視聴後に解説を読むことをお勧めします。

核心となるネタバレは含みませんが、何が重要か、何が伏線となるのかを自分で探したい方はお読みにならないでください。

大量の千円札を数えるダル

これからコミマに行くのでマナーとして細かいお札を用意している。

ダルのオタク歴をさりげなく表現している。

岡部の考え

Dメールを打ち消していくことでIBN5100は戻ってきた。

しかし、最終的にIBN5100を使ってSERNのデータベースからDメールの記録を消し、β世界線に移行すると紅莉栖が死ぬ。

一方、この世界線のままではまゆしーが死ぬ。

もともとまゆしーが死ぬのは13日だったのが、Dメールの過去改変を打ち消していくことで1日ずつ伸びていったので、今の世界線では今日の20時前と予測。

岡部はなんとかこの世界線のまままゆしーを死なせない方法を模索する。

岡部タイムリープ

8月13日にタイムリープ。

そこから二日後の8月15日からまたスタート。

【伏線】まゆしーの夢の話

まゆしーはお墓で最近見る怖い夢の話をする。

これは全て別の世界線(小)の記憶。

まゆしーにも少しずつリーディングシュタイナーが発動してきている。

後半への軽い伏線。

【伏線】紅莉栖がラジ館に

なぜかラジ館にいる紅莉栖。

次話でわかる。

 

ネタバレ解説なし。

 

【広告】

 

BD

STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX スタンダードエディション

STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX スタンダードエディション

 

 

【広告】