アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

コメディ

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

異世界転生ではなく、「ソードアート・オンライン」のようにゲーム世界にフルダイブするタイプのお話。 主人公は平凡な女子高生だが、ゲームを始める際、ステータスの振り分けを防御力に極振りすることで物語りが転がっていく。

ランウェイで笑って 全話感想

ありそうでなかったファッションデザイナーもの。 低身長でパリコレモデルを夢見る千雪と貧乏ながらもデザイナーを目指す育人のサクセスストーリー。

異種族レビュアーズ 全話感想

異世界の風俗店を冒険者がレビューするというなんとも振り切った内容。 あまりの過激さから打ち切り待ったなしの「チキンレース」と言われ、実際第四話でTV放送は打ち切り。

理系が恋に落ちたので証明してみた 全話感想

頭からつま先まで理系人間の男女が不器用に恋愛する様子を描いたラブコメ作品。 誰でも経験したことのある恋愛感情やデートなどをいちいち数値で計算し理解しようとするところがとてもコミカルでチャーミングだった。

推しが武道館行ってくれたら死ぬ 全話感想

武道館を目指す地下アイドルとオタクたちの群像劇。 主人公が女オタということもあって、とても爽やかな印象。

空挺ドラゴンズ 全話感想

龍を捕獲し、解体して売りさばくオロチ捕り集団の生活を描いたファンタジー群像劇。 レトロな空挺での生活がどこかラピュタを彷彿とさせる。 また、陸に住む人々との関係性もリアル。

八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 全話感想

名古屋愛あふれる主人公八十亀ちゃんと非名古屋人たちのドタバタギャグアニメ2期。 どちらかというと名古屋をディスる展開が多いのだが(というかずっとそう)、世間的にも名古屋はそういう立ち位置なのか、ハマっている。

となりの吸血鬼さん 全話感想

公式動画 www.youtube.com 放送 2018年10月~12月 制作・スタッフ 原作:甘党「となりの吸血鬼さん」(月刊コミックキューン連載/KADOKAWA刊) 監督:秋田谷典昭 副監督:福島利規 シリーズ構成:髙橋龍也 キャラクターデザイン・総作画監督:酒井孝…

恋する小惑星 7話切り

女子高生が部活でキャッキャウフフする作品。 「けいおん!」以来こすりにこすられてきたジャンルを2020年にやる意味がまったくわからなかった。

アズールレーン 1~10話感想

艦これの続編かなにかかと思ったら、艦これにインスパイアされた後続の艦船擬人化ゲームの中で最も秀逸な作品がアニメ化されたものらしい(詳しくは知らない)。 細かいところが違うらしいけど個人的にはよくわからん。

おとなの防具屋さん 全話感想

1作5分程度のショートアニメ。 RPG風の世界観に軽いエロとギャグを足した作品。

プランダラ 感想(5話切り)

異世界俺TUEEもの。 戦闘能力が数値化されていたり、ヒロインの目的が最初からはっきりしていて分かりやすい作品なのかなとおもいきや、戦闘シーンで出てくる技や能力の由来が不明でもやもやした。

月曜日のたわわ 全話感想

ルックス、性格、シュチュエーション、全て男性目線で都合の良いように描かれた巨乳女子を堪能するだけの作品。 「こんな女いねーよ」と毒づくのも、妄想に癒やされるのも自由。

神田川ジェットガールズ 全話感想

神田川を舞台とした水上レースに賭ける少女たちの群像劇。 設定が緻密で、美少女とお色気だけではない独自の世界観を持った作品。 肝心のジェットレースシーンも迫力満点で爽快感があった。

炎炎の消防隊 全話感想

炎が原因で人が異形となる現象に立ち向かう消防隊の物語。 消防隊士はそれぞれ炎を操る能力を持っていて、ある意味能力バトルものと言ってもいい。

慎重勇者 全話感想

タイトル通り、慎重すぎる勇者が異世界で活躍するというお話。 作画が崩壊寸前だったがストーリーはそれなりに面白かった。

歌舞伎町のシャーロック 1~12話感想

久々に全力で製作された駄作を観た。 まずキャラクターが濃いようでいて中身が薄い。

俺を好きなのはお前だけかよ 全話感想

学園ハーレムもの。 話が二転三転し、スピード感を感じさせたが、それが四転五転していき、何の話なのか、どこに向かっているのかがさっぱりわからなくなった。 極めつけは後半で出てくる新キャラ。

私、能力は平均値でって言ったよね? 全話感想

ほぼテンプレ異世界ものだが、俺TUEEの女主人公版というところが珍しい気がする。 最後までそこそこ楽しく観られた。

戦×恋(ヴァルラヴ) 全話感想

ブサメン非リア充の主人公が美少女女神とイチャイチャすることで彼女たちにパワーを授けるというなんともアレな作品。

厨病激発ボーイ 全話感想

オリジナルはニコ生で発表された曲(OP)という異色の作品。 ただ、それ以外には取り立てて目新しいものはない。

彼方のアストラ 全話感想

SFをベースとして恋愛、異世界、推理、パニックものなど様々な要素がちりばめられた作品。

キャロル&チューズデイ 全話感想

*感想最後にネタバレあり。 公式動画 www.youtube.com 放送 2019年4月~6月 制作・スタッフ 原作:BONES、渡辺信一郎 監督:堀元宣 脚本:渡辺あや キャラクターデザイン:斎藤恒徳 アニメーション制作:ボンズ 音楽: Mocky 音楽プロデューサー:西…

通常攻撃が二回攻撃で全体攻撃のお母さんは好きですか? 全話感想

いわゆる異世界ものだが、そんじょそこらの作品とは全く次元が違っていた。 異世界物とは思春期の男の子の妄想を具現化したストーリーに他ならない。

からかい上手の高木さん② 全話感想

中学2年に進級した高木さんと西方。 相変わらずの関係性だが、高木さんはどこか艶っぽくなっている。 一方の西方はまだまだ子供っぽいのがなんかリアル。

可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 全話感想

よくある学園変態ハーレムものかと思いきや、意外にしっかりとプロットが練られていて、厭きずに最後まで観ることができた。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 全話感想

公式動画 www.youtube.com 放送 2019年7月~9月 制作・スタッフ 原作:岡田麿里、絵本奈央 監督: 安藤真裕、塚田拓郎 脚本:岡田麿里 キャラクターデザイン:石井かおり アニメーション制作:Lay-duce 音楽:日向萌 主要人物/声優 小野寺和紗/河野…

女子高生の無駄づかい 全話感想

よくある学園コメディだが、ギャグに徹底しているところが特徴。 ハイテンション過ぎず、かといってすべっているわけでもなく、淡々とした面白さが最後まで続く。

ソウナンですか? 全話感想

謎の無人島に漂着した女子高生4人がおりなすサバイバルコメディ。 女子高生×サバイバルというミスマッチが新鮮。 その中の1人、ほまれは幼少期から父親にサバイバル術をたたき込まれてきた。

手品先輩 全話感想

奇術部のドジっ子先輩と主人公がおりなすお色気コメディ。 そこそこエロいのでそこは注意。 ギャグセンス、テンポ感、キャラなどどれも秀逸で、観ていて厭きなかった。 内容ははっきりいってないに等しいが、15分アニメなのでそれが逆にちょうどよかった。