アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

歴史・レトロ

天晴爛漫 全話感想

公式動画 youtu.be 放送 2020年4月 7月~9月 *本作品は4月に放送開始したが、コロナウイルスの影響で一時放送中断、その後7月から再開された。 制作:スタッフ 原作:APPERRACING(読み:アッパーレーシング) 企画:菊池剛・工藤大丈 監督・シリ…

BRAVE10 全話感想

戦国時代、真田幸村の元に集まった10人の忍者=BRAVE10の活躍を描く歴史群像劇。 いわゆる伝奇ロマンだが、山田風太郎の「甲賀忍法帳」と比較すると格の違いが目に余る。 登場人物はいずれも現代風のイケメン&美女。

進撃の巨人 season3 全話感想

クーデター、ケニーとの死闘、そしてウォールマリア奪還とマーレ編のさわりぐらいまで。 原作をしっかり踏襲しつつ、アニメならではの迫力を足しているのはこれまで通り。 言うまでもないが、最初から見ないと理解できない。

アルテ 全話感想

公式動画 youtu.be 放送 2020年4月~6月 制作:スタッフ 原作:大久保圭『アルテ』(「月刊コミックゼノン」連載/ノース・スターズ・ピクチャーズ) 監督:浜名孝行 シリーズ構成:吉田玲子 時代考証:鈴木貴昭 キャラクターデザイン/総作画監督:宮…

無限の住人-IMMORTAL- 全話感想

大人気コミックのAmazonプライム版アニメ。 地上波では2008年に一度制作されているがそれとは異なるらしい。 映像の美しさと音声のクリアさは群を抜いているといっていい。

Spirit Of Wonder チャイナさんの憂鬱 感想

Spirit Of WonderというSF漫画のキャラクター・チャイナさんをフィーチャーした短編OVA作品。 原作を知らなくても楽しめた。

鬼滅の刃 全話感想

今どき珍しい和風王道バトルもの。 どこかジャンプ黄金期を彷彿とさせるが、プロットは現代的でサクサク気持ちよく進む。

文豪ストレイドッグス 第3クール 全話感想

ギルド戦後の武装探偵社の新たな戦いを描いたシーズン。 初見ではきついので、最初から観た方がいい。

どろろ 全話感想

手塚治虫原作の文芸漫画。 体制の犠牲として生まれてきた主人公が、成長と共に個を取り戻していくという主題。 アクションも迫力があってよかった。

明治東京恋伽 全話感想

明治時代にタイムスリップした女子高生が森鴎外や小泉八雲といった明治の偉人たちにちやほやされるという女性向けハーレムアニメ。 元はいわゆる乙女ゲーというもの。

ヴァイオレット・エヴァガーデン 全話感想

戦争で負傷したヴァイオレット・エヴァガーデンは、退役後手紙の代筆屋、通称「ドール」となる。 そこで様々な人と出会い、失った感情を徐々に取り戻していくという物語。

この世界の片隅に 感想

大ヒットを記録した作品。 戦前から戦後すぐまでの激動の時代を、すずという一人の女性を通して描いていく。 まず、徹底的な時代考証に脱帽した。

君の名は 感想

映画館では観ずに、レンタル解禁されてから初見。 あまりにも評判がよすぎるので天邪鬼になってしまい、鼻で笑ってやろうと思って観たら不覚にも感動してしまった。 自然の美しさや少女の純真さ、随所に散りばめられたメタファー、そして何より「ここから本…

王室教師ハイネ 全話感想

クセの強いイケメン王子達と、彼らの教育係を任されたハイネの物語。 ギャグ中心でテンポもいいので毎回楽しく見ることができた。 デフォルメの表現がアニメにしてもかなりきついのだが、それをかわいいと思えるかどうかは見る人次第だろう。

進撃の巨人 season2(第2期)全話感想

第2期はアニを捕獲し壊れた壁から巨人が出現したところから、「マフラー巻いてくれてありがとう」まで。 作画もアクションも相変わらずのハイクオリティで安心して見られる作品。

境界線上のホライゾン 第1期全話感想

あまり期待せずに見始めたのだが、よく作り込まれた世界観にすぐ引き込まれた。 ただ、設定や世界観が複雑すぎて気を抜くと何が何だか分からなくなってしまうのが難点。 おそらく原作は相当に入り組んでいるのだろう。

狼と香辛料 全話感想

中世ヨーロッパ風の世界を舞台にした商人もの。 狼神のホロが行商人のロレンスと旅をしながら、商売について、人間について様々なアドバイスをしていく。

鬼平 全話感想

個人的には自分史上ベストファイブに入る位の神アニメだったのだが、世間的にはそれほど騒がれなかったようだ。

霊剣山 叡智への資格 全話感想

面白いのだが、どこか決定打に欠ける作品。 中国の仙人思想や、古代中国の雰囲気がよく描かれていて、作者は相当な中華マニアなんだろうなと思っていたら、原作は中国人だそうな。

進撃の巨人 第1期 全話感想

残酷なシーンがわりと多いので、苦手な人は注意。 食事しながらもオススメしない。 第一期は雌型の巨人がアレしてあーなってカキーンってなるところまで。

まおゆう魔王勇者 全話感想

よくある異世界ものかと思いきや、しっかりとした世界観と深みのあるストーリーにひき込まれた。 冒頭で、魔王討伐のために長年旅をしてきた勇者が、ついに魔王と対峙し剣を振るおうとするのだが、魔王(巨乳でおっとりな美女)に「それでは根本的な解決には…

ふしぎの海のナディア 全話感想

1990年(平成2年)から約1年、39回にわたって放送された長編アニメ。 監督は「新世紀エヴァンゲリオン」「シン・ゴジラ」の庵野秀明。

バジリスク 甲賀忍法帳 全話感想

山田風太郎の原作「甲賀忍法帖」(1958年刊行)をかなり忠実に再現したアニメ。 そもそも原作が 漫画チック、アニメチックな内容なので、アニメ作品になっても全く違和感が感じられない。

文豪ストレイドッグス 第2クール 全話感想

正直戸惑いを隠せなかった。 まず第2クール全体のストーリー構成。 前半、13話から15話までは過去編で、16話から本格的にギルド編に突入する。 しかし、22話で唐突に謎解きゲームが挿入される。 それが終わると一気にラストヘ。

文豪ストレイドッグス 第1クール 全話感想

登場人物すべてに著名な文豪の名前が当てられている異色作。 彼らが持つ能力は作品名などに由来する。 例えば、芥川龍之介、能力名「羅生門」など。 もはや打ち止め間のあった能力バトル物に新たな可能性を切り開いた作品と言っていい。

ドリフターズ 全話感想

40代以上はタイトルから”あの”ドリフターズを連想してしまうが、全く関係はない、念のため。 歴史上の偉人の○○と△△が戦ったらどちらが強いか?といった、誰もが考える妄想を、異世界召喚ものとして具現化した究極の中二病作品だが、やりきっている感がハン…

終末のイゼッタ 全話感想

戦記ファンタジーものだが、それほど荒唐無稽ではなく、第二次世界大戦の欧州、とりわけナチスドイツについてしっかり調べてから作られたと思われる(それぞれの国の名前は変えてある)。 そのせいか、全体的にややシリアスで暗い印象。 ただし、残虐な描写…