アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

評価★★☆☆☆

ソマリと森の神様 全話感想

人間が絶滅の危機に瀕し、異形種が支配する世界、人間の子供と余命わずかのゴーレムが出会い、共に旅をするという物語。

恋する小惑星 7話切り

女子高生が部活でキャッキャウフフする作品。 「けいおん!」以来こすりにこすられてきたジャンルを2020年にやる意味がまったくわからなかった。

アズールレーン 1~10話感想

艦これの続編かなにかかと思ったら、艦これにインスパイアされた後続の艦船擬人化ゲームの中で最も秀逸な作品がアニメ化されたものらしい(詳しくは知らない)。 細かいところが違うらしいけど個人的にはよくわからん。

おとなの防具屋さん 全話感想

1作5分程度のショートアニメ。 RPG風の世界観に軽いエロとギャグを足した作品。

プランダラ 感想(5話切り)

異世界俺TUEEもの。 戦闘能力が数値化されていたり、ヒロインの目的が最初からはっきりしていて分かりやすい作品なのかなとおもいきや、戦闘シーンで出てくる技や能力の由来が不明でもやもやした。

バビロン 全話感想

男を惑わし自由自在に操る悪女・曲世愛と、彼女の奸計に立ち向かう検事・正崎善の戦いを描いたファムファタールもの。 前半は東京に設けられた「神域」と称する特区における集団自殺事件を追う。

警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 全話感想

エルフやヴァンパイアなどの特殊なメンバーで構成された警察部隊の活躍の物語。 設定は面白そうだが、まずメンバーの個性が中途半端なところまでしか描かれておらず、途中何度も設定を忘れてしまった。

ノーガンズライフ 第1期 全話感想

「エクステンド」という人体拡張者が跋扈する近未来を舞台としたハードボイルド作品。 まず設定が薄っぺらい。 「エクステンド」は攻殻機動隊の擬体と同じだろうが、設定の作り込み、必然性が天と地ほど違う。

俺を好きなのはお前だけかよ 全話感想

学園ハーレムもの。 話が二転三転し、スピード感を感じさせたが、それが四転五転していき、何の話なのか、どこに向かっているのかがさっぱりわからなくなった。 極めつけは後半で出てくる新キャラ。

戦×恋(ヴァルラヴ) 全話感想

ブサメン非リア充の主人公が美少女女神とイチャイチャすることで彼女たちにパワーを授けるというなんともアレな作品。

放課後さいころ倶楽部 全話感想

京都を舞台に、コミュ障の女子高生がボードゲームを通じて友情や人間関係を学ぶという内容。 キャラもストーリーも薄っぺらく、ボードゲームに関してもガジェットとしてうわっつらをなぞっただけ。

厨病激発ボーイ 全話感想

オリジナルはニコ生で発表された曲(OP)という異色の作品。 ただ、それ以外には取り立てて目新しいものはない。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか? 第2期全話感想

恐らく原作のいくつかの話をつなげたのだろうが、まとまりがなく、いったに何が見せたかったのか全く分からなかった。

群青のマグメル 全話感想

ハンターハンターの世界観に銀魂のような雰囲気を足した作品。 原作は中国の漫画家。

明治東京恋伽 全話感想

明治時代にタイムスリップした女子高生が森鴎外や小泉八雲といった明治の偉人たちにちやほやされるという女性向けハーレムアニメ。 元はいわゆる乙女ゲーというもの。

ALDNOAH ZERO(アルドノア・ゼロ)第2クール 全話感想

第1クールはまだ見応えがあったが、第2クールになって人物はより薄っぺらく、ストーリーはより早送り感が増し、世界観は狭さが目立ち、設定は都合良くなった気がする。

ツルネ ー風舞高校弓道部ー 全話感想

京都アニメーション制作の弓道部もの。 京アニといえば「けいおん!」「響けユーフォニウム」「涼宮はるひの憂鬱」など部活もので有名。

からくりサーカス 感想(12話切り)

一言で言えば暑苦しい。 少年たちに漫画を通じて友情や勇気、愛を教えてあげるという昭和くさい主題がプンプンする。

DOUBLE DECKER ダグ&キリル 全話感想

公式動画 www.youtube.com 放送 2018年10月~12月 制作・スタッフ 監督:古田丈司 シリーズ演出:安藤良 シリーズ構成・脚本:鈴木智尋 脚本:吉田恵里香 メインキャラクターデザイン:桂正和 アニメーションキャラクターデザイン:板垣徳宏 音楽:…

転生したらスライムだった件 感想(13話切り)

ど直球異世界転生ものだがそれほど悪くもなく、かといって特筆すべきところもなく。

SSSS.GRIDMAN(グリッドマン) 全話感想

1993年~94年に放送された円谷プロの特撮もの「電光超人グリッドマン」を原作とした作品。 出だしは懐かしさと現代性があいまっていい感じのスタート。

BANANA FISH(バナナフィッシュ) 全話感想

NYのストリートギャングと、ひょんなことから彼らに関わることとなった日本人の友情を描いた物語。 原作は80年代に連載され人気を博したそうで、作画はやや古め。

ゆらぎ荘の幽奈さん 全話感想

能力バトルもの路線ではじまったかと思えば、気がつけば単なるハーレム日常ものになっていた。

ウマ娘 プリティダービー 全話感想

足の速さに長けた新人類「ウマ娘」が競馬のような競技で切磋琢磨するストーリー。 ジェンダー問題に敏感な人は「女性を動物のように表現し、差別を助長する作品」と深読みしてしまうかもしれないが、気分が悪くなるような表現はなく、単なる競走馬の萌え擬人…

博多豚骨ラーメンズ 全話感想

博多を舞台にしたバイオレンスアクション。 博多弁が飛び交うアニメ作品はたぶん他になく、新鮮だった。

刻刻 全話感想

しっかりと作り込まれた和風ホラー。 設定や世界観が秀逸で、第1話でそれがすらすらと頭に入ってくるのですぐに没頭できる。

これはゾンビですか? 第1期感想

ギャグかと思いきやわりとシリアスなバトル展開になったり、急にテンプレ水着回が出てきたり、ごった煮感があってTHE深夜アニメという感じだった。

セキレイ 第1期全話感想

和風バトルにハーレム要素とおっぱい描写を加えたなんとも大味な作品。 とはいえテンポがよくサクサクと楽しめる。

妹さえいればいい 全話感想

「僕は友達が少ない」の作者が送るラノベ作家もの。テンプレ感や下ネタは相変わらずだがどこか落ち着いた印象で、地味に感じた。

つうかあ 全話感想

レーシングニーラー(サイドカー)でのレースを題材とした青春群像劇。 女子高生×モータースポーツといえば「ばくおん!!」を思い浮かべるが、タイプは全然違う。