アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

評価★★☆☆☆

ツルネ ー風舞高校弓道部ー 全話感想

京都アニメーション制作の弓道部もの。 京アニといえば「けいおん!」「響けユーフォニウム」「涼宮はるひの憂鬱」など部活もので有名。

からくりサーカス 感想(12話切り)

一言で言えば暑苦しい。 少年たちに漫画を通じて友情や勇気、愛を教えてあげるという昭和くさい主題がプンプンする。

DOUBLE DECKER ダグ&キリル 全話感想

公式動画 www.youtube.com 放送 2018年10月~12月 制作・スタッフ 監督:古田丈司 シリーズ演出:安藤良 シリーズ構成・脚本:鈴木智尋 脚本:吉田恵里香 メインキャラクターデザイン:桂正和 アニメーションキャラクターデザイン:板垣徳宏 音楽:…

転生したらスライムだった件 感想(13話切り)

ど直球異世界転生ものだがそれほど悪くもなく、かといって特筆すべきところもなく。

SSSS.GRIDMAN(グリッドマン) 全話感想

1993年~94年に放送された円谷プロの特撮もの「電光超人グリッドマン」を原作とした作品。 出だしは懐かしさと現代性があいまっていい感じのスタート。

BANANA FISH(バナナフィッシュ) 全話感想

NYのストリートギャングと、ひょんなことから彼らに関わることとなった日本人の友情を描いた物語。 原作は80年代に連載され人気を博したそうで、作画はやや古め。

ゆらぎ荘の幽奈さん 全話感想

能力バトルもの路線ではじまったかと思えば、気がつけば単なるハーレム日常ものになっていた。

ウマ娘 プリティダービー 全話感想

足の速さに長けた新人類「ウマ娘」が競馬のような競技で切磋琢磨するストーリー。 ジェンダー問題に敏感な人は「女性を動物のように表現し、差別を助長する作品」と深読みしてしまうかもしれないが、気分が悪くなるような表現はなく、単なる競走馬の萌え擬人…

博多豚骨ラーメンズ 全話感想

博多を舞台にしたバイオレンスアクション。 博多弁が飛び交うアニメ作品はたぶん他になく、新鮮だった。

刻刻 全話感想

しっかりと作り込まれた和風ホラー。 設定や世界観が秀逸で、第1話でそれがすらすらと頭に入ってくるのですぐに没頭できる。

これはゾンビですか? 第1期感想

ギャグかと思いきやわりとシリアスなバトル展開になったり、急にテンプレ水着回が出てきたり、ごった煮感があってTHE深夜アニメという感じだった。

セキレイ 第1期全話感想

和風バトルにハーレム要素とおっぱい描写を加えたなんとも大味な作品。 とはいえテンポがよくサクサクと楽しめる。

妹さえいればいい 全話感想

「僕は友達が少ない」の作者が送るラノベ作家もの。テンプレ感や下ネタは相変わらずだがどこか落ち着いた印象で、地味に感じた。

つうかあ 全話感想

レーシングニーラー(サイドカー)でのレースを題材とした青春群像劇。 女子高生×モータースポーツといえば「ばくおん!!」を思い浮かべるが、タイプは全然違う。

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 全話感想

主人公キノと相棒のしゃべるバイクが世界の様々な国を旅して回るストーリー。 完全1話完結だが、キノが単なるナレーターや傍観者でしかないことが多く、挫折や成長がないため感情移入できなかった。

セントールの悩み 全話感想

半人半獣など様々な形態の生物が暮らしている世界。 設定はしっかりしていてキャラクターも多様。 日常系のゆるいストーリーも悪くない。

DIVE!! 全話感想

飛び込み競技を題材にしたちょっと珍しいスポーツもの。 鍛錬や自己との葛藤、友情、亀裂、コーチとの確執などなどをきっちり盛り込んだスポーツものの王道といっていい。

コンビニカレシ 全話感想

ローソンと角川のメディアミックス作品と聞くと「あ~あ」と見る気をなくしてしまいそうだが、実際に見てみると意外と悪くなかった。

ようこそ実力至上主義の教室へ 全話感想

学園カーストもの。 設定が緻密ですぐに引き込まれた。 「暗殺教室」のようにクラス単位のカーストが設定されており、登場人物も多くなるのだが、うまく主要人物を絞りそれぞれをちゃんと描き分けられていたので混乱することはなかった。

西遊記 RELOAD BLAST 全話感想

PVを観てかなり期待を寄せていたのだが、正直それほどでもなかった。 確かに、西遊記を現代風ハードボイルドタッチにアレンジしたのは面白いが、それを除けば世界観やストーリーはわりと普通。 正直、感想もほとんど出てこない。

異世界食堂 全話感想

週に一度だけ入り口が異世界とつながる食堂「洋食のねこや」。 そこに集まる様々な異世界人との交流を描いたほのぼのストーリーだが、はっきりいって退屈極まりなかった。 まず、プロットが完全に固定されてしまっている。

恋と嘘 全話感想

作中に見える複数の主題に翻弄され、息切れしながらなんとか不時着したような作品。 設定を重視するならば「科学と人間」あるいは「体制と市民」路線を進むべきだったし、タイトル重視であれば最初から「恋と嘘」の主題を明確にするべきだった。 前半は「科…

SCHOOL DAYS 全話感想

「最強の鬱アニメ」と紹介されていて見てみたのだが、終わってから激しく後悔した。 中盤まではまあわりとよくあるタイプのクズ主人公ものだと思っていたが、回を重ねるごとに誠(主人公)のクズっぷりがどんどんエスカレートしていき、嫌悪感が増幅されてい…

恋愛暴君 全話感想

名前を書かれたもの同士は必ずキスをするという「キスノート」を持った悪魔・グリと主人公の物語。 この「キスノート」で話を広げていくのかと思いきや、わりとすぐ関係なくなってドタバタヤンデレコメディへと発展していく。

クロックワークプラネット 全話感想

都市や地球そのものが機械式時計のように歯車で動いている世界。 その設定は魅力的なのだが、どうやってそんなことができたのかについては説明がなかった。

正解するカド 全話感想

羽田空港に突如として出現した巨大物体「カド」、そこから現れた謎の人物ヤハクイ・ザシュニナと日本政府が共存のため交渉を進めていくというストーリー。 簡単に言えば未知とのコンタクトもの。 日本政府の対応の描き方などはシン・ゴジラに似ているが、本…

カブキブ 全話感想

歌舞伎ファンの高校生が学校に歌舞伎部を作ろうと奔走するストーリー。 同様の部活ものは今までに数え切れないほどあっただろうが、歌舞伎はおそらく初めてで、かなり新鮮だった。 歌舞伎に興味はあるけどなんとなく敷居が高そうで敬遠してきた人は、入り口…

グランブルーファンタジー 全話感想

人気オンラインゲームのアニメ化作品。 一見してまるで80年代の単発OVAのような古さを感じた。 世界観やストーリーはもちろん、キャラクター造形もある種昔の作画に寄せているような気すらした。 おそらくわざとそうしているのだろう。 今の10代20代には1周…

武装少女マキャベリズム 全話感想

ヤンキー漫画でよくある学制覇ものを美少女×剣術で再構築した作品。 ハーレム要素はありつつも、かなり硬派なバトルアクションもの。 特筆すべきは、学園を牛耳る少女たちが扱う剣術。

王室教師ハイネ 全話感想

クセの強いイケメン王子達と、彼らの教育係を任されたハイネの物語。 ギャグ中心でテンポもいいので毎回楽しく見ることができた。 デフォルメの表現がアニメにしてもかなりきついのだが、それをかわいいと思えるかどうかは見る人次第だろう。