アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

部活・サークル

放課後ていぼう日誌 全話感想

女子高生×釣りをテーマにした作品。 正直、可もなく不可もなくといったところ。 キャラはそれなりに可愛いけどなぜか全く萌えないし、アニメではめずらしい九州の方言もイマイチ立ってなかった気がする。 釣りに関してはリアルに描いているんだろうけど、あ…

あひるの空 感想(26話切り)

正統派高校バスケもの。 「SLAM DUNK」「黒子のバスケ」と超名作が並ぶこのジャンルをやろうと思ったことには拍手。

恋する小惑星 7話切り

女子高生が部活でキャッキャウフフする作品。 「けいおん!」以来こすりにこすられてきたジャンルを2020年にやる意味がまったくわからなかった。

星合の空 全話感想

弱小テニス部が部の存続を賭けて試合に臨むというよくある展開。 キャラも立っているし人物も現代的。 ストーリー展開も早くて見応えがある。 ただ一点、8割方鬱展開であることが本作の問題点。

放課後さいころ倶楽部 全話感想

京都を舞台に、コミュ障の女子高生がボードゲームを通じて友情や人間関係を学ぶという内容。 キャラもストーリーも薄っぺらく、ボードゲームに関してもガジェットとしてうわっつらをなぞっただけ。

厨病激発ボーイ 全話感想

オリジナルはニコ生で発表された曲(OP)という異色の作品。 ただ、それ以外には取り立てて目新しいものはない。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 全話感想

公式動画 www.youtube.com 放送 2019年7月~9月 制作・スタッフ 原作:岡田麿里、絵本奈央 監督: 安藤真裕、塚田拓郎 脚本:岡田麿里 キャラクターデザイン:石井かおり アニメーション制作:Lay-duce 音楽:日向萌 主要人物/声優 小野寺和紗/河野…

ツルネ ー風舞高校弓道部ー 全話感想

京都アニメーション制作の弓道部もの。 京アニといえば「けいおん!」「響けユーフォニウム」「涼宮はるひの憂鬱」など部活もので有名。

ぐらんぶる 全話感想

大学のダイビングサークルのおバカな日常を描いたハイテンションギャグアニメ。 ひたすらテンションが高く下ネタも満載なのだが、最後までどこか爽やか。

多田くんは恋をしない 全話感想

日本に留学してきたヨーロッパの国のお姫様と男子高校生の恋愛物語。 独特のギャグや間が秀逸でほっこり楽しめた。

ゆるキャン△ 全話感想

女子高生×キャンプもの。 ほっこりしたゆるめのストーリーと安定感のあるキャラがとてもよかった。

つうかあ 全話感想

レーシングニーラー(サイドカー)でのレースを題材とした青春群像劇。 女子高生×モータースポーツといえば「ばくおん!!」を思い浮かべるが、タイプは全然違う。

アニメガタリズ 全話感想

アニメ研究部に所属した主人公がアニメ文化の薫陶を受けていく物語。 後半まではアニメ初心者への啓蒙的作品となっている。

ゲーマーズ 全話感想

学園一の美人ヒロインとオタク主人公、リア充のサブキャラとギャルの彼女というよくある設定かと思いきや、いい意味ですぐにキャラが崩壊していき、設定も(たぶんいい意味で)壊れていく。

潔癖男子!青山くん 全話感想

サッカー部のエースであり、重度の潔癖症でもある青山くんとチームメートを描いた学園コメディ。 いわゆるサッカーものではなく、あくまでギャグメイン。 少年漫画らしく抑えめな表現だが、その分安心して観られると思う。 お色気もほとんどない。

冴えない彼女の育て方♭ 第2期 全話感想

単なるハーレム部活ものかと思いきや、ストーリーはかなりしっかりしていて各キャラの感情の掘り下げも見事。 いわゆるテンプレラノベアニメとは一線を画する内容だった。

月がきれい 全話感想

全く期待せずに見始めたのだが、2017年の春アニメの中では1、2を争うほどの出来栄えだった。 何でもない中学生の学園恋愛ものなのだが、学校や家庭、部活、地域行事、修学旅行など、シーンの一つ一つにリアリティがあり、いつの間にか引き込まれてしまった。

カブキブ 全話感想

歌舞伎ファンの高校生が学校に歌舞伎部を作ろうと奔走するストーリー。 同様の部活ものは今までに数え切れないほどあっただろうが、歌舞伎はおそらく初めてで、かなり新鮮だった。 歌舞伎に興味はあるけどなんとなく敷居が高そうで敬遠してきた人は、入り口…

ラブライブ 第2期 全話感想

1期をしっかりと踏襲しつつも、それぞれの個性をさらに引き出すような作りになっている。 恋愛要素が全くなく、かわいい女の子たちが部活でワイワイやっている姿を楽しむという構図は「けいおん」と同じで、視聴者(特に男性)は安心できるのだろう。

変態王子と笑わない猫 全話感想

主人公がやれやれ系でもなく、少年漫画的オラオラ系でもなく、明るい変態さんという設定が作品をポップにしている。 それ以外の部分ではテンプレ感も強いが、キャラにしっかりと個性があるので十分楽しめた。

僕は友達が少ないNEXT(第2期) 全話感想

前半は第1期の踏襲、後半は苦し紛れの新キャラが続出、ラストはよくわからんバトル展開で主題を無理やり回収した感じ。 全体としては「はがない」しているのだが、どこか無理してるように感じた。 どうせならもっと徹底的に薄っぺらくして欲しかった。

Infinit Stratos(インフィニット・ストラトス) 第1期全話感想

美少女、ハーレム、俺TUEEなどのラノベ要素をふんだんに盛り込んだ、なんとも胸焼けのする作品。 一応設定はあるものの、オリジナリティに乏しく、どこか借りてきた感が拭えない。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 全話感想

恋愛アンチの主人公 、彼に思いを寄せる美少女たち、へんてこな部活、中二病、ジョジョネタ…と、ラノベテンプレのオンパレードだが、テンプレに徹しきれておらず歯切れの悪さが目立った作品。

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ) 第1期 全話感想

真性ヲタの主人公が、隠れヲタの美少女達とギャルゲーの制作に挑むというドタバタコメディー。 テンプレに満ち満ちてはいるが、各キャラにはそこそこ血が通っているように感じられて、わりと面白かった。

黒子のバスケ 第3期 全話感想

第3期の見所はもちろんウィンターカップ準決勝と決勝だが、帝光中学編も挿入されている。 黒子をはじめ、キセキの世代の面々がバスケを始め、才能を開花させていき、その才能ゆえに衝突していく様子が丹念に描かれている。

黒子のバスケ 第2期全話感想

世界が広がり新キャラも多数登場するが、相変わらずいい意味で黒バスらしく、一期同様に楽しめる。 第二期は主要キャラの必殺技が炸裂するので、より少年漫画(アニメ)らしくなっているとも言える。

黒子のバスケ 第1期全話感想

黒バスの特徴は、プロットの速さとわかりやすさにあると思う。 第1期は高校入学から始まる。普通の少年漫画的プロットなら、主人公がバスケに出会うまでを描き、さらにバスケというスポーツを覚えていくまで、そしてゲームデビューなどを丹念に描いていくの…

ALL OUT 第2クール 全話感想

基本的に第1クールと同じ。 プロットの遅さとキャラクターの古臭さに苦笑いしつつも、今クールもしっかり最後まで見てしまった。

セイレン 全話感想

主人公が選ぶ選択肢によってゲームのように現実が変わっていくというストーリーだが、後半までいまいち理解できなかった。

けいおん!! 第2期 全話感想

大ヒットアニメの第二期としてはかなり高い水準を保っていると言える。 変に新キャラや新要素を足さずに、第一期の世界観を踏襲したのは大正解だったと言えるだろう。