アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

この美術部には問題がある 全話感想

公式動画

www.youtube.com

放送
2016年7月~9月
制作・スタッフ

原作:いみぎむる 『この美術部には問題がある!』/電撃マオウ連載

監督:及川啓

シリーズ構成・脚本:荒川稔久

キャラクターデザイン:大塚舞

音響監督:本山哲

音楽:吟(BUSTED ROSE)

音楽制作:キングレコード

アニメーション制作:feel.

製作:この美製作委員会

<img src=”art.jpg” alt=”この美術部には問題がある”>

主要人物:声優

宇佐美 みずき:小澤亜李

内巻 すばる:小林裕介

コレット:上坂すみれ

伊万莉 まりあ:東山奈央

部長:利根健太朗

立花 夢子:水樹奈々

小山先生:掛川裕彦

綾瀬 かおり:徳井青空

本多 さやか:しもがまちあき

国川 涼子:丸塚香奈

OP「Starting Now」水樹奈々

www.youtube.com

ED「恋する図形(cubic futurismo)」上坂すみれ

www.youtube.com

評価 ★★★☆☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

高校の美術部を舞台にした部活もの。

それぞれのキャラが個性的で萌え要素が高い。

2次元にしか興味のない主人公・内巻と、そんな彼に密かに恋心を抱くヒロイン・宇佐美を中心にストーリーは進む。

作画も人物像形も現代的でキャッチーだが、テンプレ感はさほどない。

 

ただ、ヒロイン・宇佐美の描き方がかなり男目線というか、男にとって都合の良い少女像であるように思えた

男が喜ぶあどけなさ、男が喜ぶリアクション、頰を赤らめ恥ずかしがる顔、上目遣いなどなど。

女性が感情移入できるかどうかはかなり疑問。

男性でも、ある程度歳を重ねていると、この「どうだ、萌えるだろう」と言わんばかりのあざとさには苦笑いしてしまう

と言いつつも、ちゃっかり最後まで見てしまったが。

 

気楽に見られる作品なので、気難しい内容や、社会派アニメに疲れたら本作を見てみるといいだろう。

ヒロインを見て、男が好きな少女像を研究してみるのも一興。

【広告】

 

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作
この美術部には問題がある! (1) (電撃コミックスNEXT)

この美術部には問題がある! (1) (電撃コミックスNEXT)

 
この美術部には問題がある! コミック 1-7巻セット [コミック] [Jan 01, 2016] いみぎむる

この美術部には問題がある! コミック 1-7巻セット [コミック] [Jan 01, 2016] いみぎむる

 
BD