アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

亜人 第2クール 全話感想

公式動画

www.youtube.com

放送
2016年10月~12月
制作・スタッフ

原作:桜井画門 (講談社『good! アフタヌーン』連載)

総監督:瀬下寛之

監督:安藤裕章

シリーズ構成:瀬古浩司

プロダクションデザイナー:フェルディナンド・パトゥリ/田中直哉

キャラクターデザイナー:森山佑樹

造形監督:片塰満則

美術監督:松本吉勝

色彩設計:野地弘納

演出:井手恵介/岩田健志/米林拓

CGスーパーバイザー:岩田健志/上本雅之

編集:渡邊潤/田部季美

音響監督:岩浪美和

音楽:菅野祐悟

音楽制作:キングレコード

アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

製作:亜人管理委員会

<img src=”boy.jpg” alt=”一人たたずむ少年”>

主要人物:声優

永井圭:宮野真守

海斗:細谷佳正

中野攻:福山潤

佐藤:大塚芳忠

田中功次:平川大輔

戸崎優:櫻井孝宏

下村泉:小松未可子

オグラ・イクヤ:木下浩之

曽我部:鈴村健一

アルメイダ:森川智之

マイヤーズ:坂本真綾

永井慧理子:洲崎綾

琴吹武:斉藤壮馬

OP「僕は僕であって」angela × fripSide

www.youtube.com

OP2「The end of escape」同上

www.youtube.com

ED「校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな」クリープハイプ
校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな

校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな

 
評価 ★★★★★

animesuki.hatenadiary.jp

感想

日本政府と全面戦争の姿勢を見せる佐藤一派、対亜人特殊部隊で佐藤を迎え撃つ政府、そして独自のスタンスで佐藤の暴挙を止めようとする永井ら。

この三つ巴でストーリーは進んでいく

 

相変わらずスピード感のある展開とリアルな戦闘シーン、サプライズの連続にハラハラドキドキしながら見ることができる。

見ているとなぜか、永井たちよりも佐藤を応援したくなってくるから不思議。

それぐらい佐藤のキャラクターや圧倒的な強さが魅力を放っている。

 

第二クールでは、戸崎の部下の下村の過去に迫ったり、佐藤の経歴ががチラリと垣間見えたりもする。

それらも物語のスピード感を殺さない程度に留められているのがニクい。

 

IBM(黒いやつ)も活躍するが、さらによくわからない存在になっている気がする。

そういえば、亜人以外には見えないけど物理攻撃は可能なのはなぜだろう?

その辺もこれから説明されるのだろうか?

 

第一クール同様凄惨なシーンが多いので、苦手な人は見ない方が良いだろう

あと、相変わらずヌルヌル動く作画に慣れるまでちょっと時間がかかる。

【広告】

 

亜人 第1クール感想

animesuki.hatenadiary.jp

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作
亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

 
BD
亜人 一 (初回生産限定版) [Blu-ray]

亜人 一 (初回生産限定版) [Blu-ray]