アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

すべてがFになる 全話感想

公式動画

www.youtube.com

放送
2015年10月~12月
制作・スタッフ

原作:森博嗣『すべてがFになる』

監督:神戸守

シリーズ構成:大野敏哉

キャラクター原案:浅野いにお

キャラクターデザイン・総作画監督:奥田佳子

プロップデザイン:宮川治雄

研究所デザイン:長澤真

美術監督:甲斐政俊

色彩設計:ホカリカナコ

撮影監督:荻原健

3D監督:福田陽

編集:瀬山武司

音響監督:清水勝則

音楽:川井憲次

音楽プロデューサー:佐野弘明

チーフプロデューサー:松崎容子、横山朱子

プロデューサー:岡安由夏、丹羽将己

アニメーションプロデューサー:大松裕

アニメーション制作:A-1 Pictures

製作:「すべてがFになる」製作委員会(フジテレビジョン、アニプレックス、関西テレビ放送、京楽産業ホールディングス、電通)

<img src=”computer.jpg” alt=”ノートpcでプログラミング”>

主要人物:声優

犀川 創平:加瀬康之

西之園 萌絵:種﨑敦美

真賀田 四季:木戸衣吹

真賀田 四季:甲斐田裕子

真賀田 未来:甲斐田裕子

山根 幸宏:鈴木達央

諏訪野:長克巳

浜中 深志:村田太志

儀同 世津子:堀江由衣

国枝 桃子:桑島法子

OP「talking」KANA-BOON

www.youtube.com

ED「ナナヒツジ」シナリオアート

www.youtube.com

評価 ★★★☆☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

原作は96年刊行だが、内容はむしろ現代に即しているといえる。 

実は96年頃私は本格ミステリファンで、綾辻行人、有栖川ありす、二階堂黎人、京極夏彦などを読み漁っていたのだが、森博嗣の本作も読んだ記憶がある。

ただ当時はインターネットがまだ普及しておらず、家庭にパソコンがないのも当たり前だったため、トリックがよく理解できなかった。

そういった意味で本作は相当先に進んでいたのだろう

現代で本作のトリックが理解できない人は多分いないと思う。

 

余談だが、90年代のいわゆる新本格ムーブメントは、オカルトやグロテスクな表現、過剰な衒学趣味とセットになっており、そんな中森博嗣はかなり異彩を放っていたと記憶している。

作画にややクセがあり、それが原作ファンにどう捉えられるかはわからない。原作を読んだことのない人なら特に問題はないと思う。

 

改めて観ると、やれやれ系主人公やハーレム要素など、後のラノベテンプレートの萌芽が見え隠れする

その点も早すぎたと言えるかもしれない。

あるいは本作(原作)が後のラノベに影響を与えたのだろうか? 

【広告】

 

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作
すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)

 
BD
すべてがFになる THE PERFECT INSIDER Complete BOX (完全生産限定版) [Blu-ray]

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER Complete BOX (完全生産限定版) [Blu-ray]