アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

君の名は 感想

公式動画

www.youtube.com

公開
2016年
制作・スタッフ

監督・原作・脚本・絵コンテ・編集 新海誠

キャラクターデザイン 田中将賀、安藤雅司

製作 市川南、川口典孝、大竹圭二

共同製作 井上伸一郎、弓矢政法、畠中達郎、善木準二、坂本健

企画・プロデュース 川村元気

エグゼクティブプロデューサー 古澤佳寛

作画監督 安藤雅司、井上鋭、土屋堅一、廣田俊輔、黄瀬和哉

演出 居村健治

3DCG 吉野耕平、金子哲、竹内良貴

美術監督 丹治匠、馬島亮子、渡邉丞

美術設定 高橋武之

色彩設計 三木陽子

音響監督 山田陽

音楽 RADWIMPS

音楽プロデューサー 成川沙世子

プロデューサー 武井克弘、伊藤耕一郎

制作 コミックス・ウェーブ・フィルム

<img src=”tokyo.jpg” alt=”東京尾の風景”>

主要人物:声優

立花 瀧:神木隆之介

宮水 三葉:上白石萌音

奥寺 ミキ:長澤まさみ

宮水 一葉:市原悦子

宮水 四葉:谷花音

勅使河原 克彦:成田凌

名取 早耶香:悠木碧

藤井 司:島﨑信長

高木 真太:石川界人

ユキちゃん先生役:花澤香菜

宮水 俊樹:てらそままさき

宮水 二葉:大原さやか

挿入歌

www.youtube.com

評価 神アニメ

animesuki.hatenadiary.jp

感想

映画館では観ずに、レンタル解禁されてから初見。

あまりにも評判がよすぎるので天邪鬼になってしまい、鼻で笑ってやろうと思って観たら不覚にも感動してしまった

自然の美しさや少女の純真さ、随所に散りばめられたメタファー、そして何より「ここから本当の物語が始まる」という所で終わるところが川端康成を思わせる純日本的な作品

本当はもっと象徴をちりばめて抽象的な作品にしたかったのだろうが、ギリギリ子供でもつかめるところまで落とし込んだのだろうと思われる。

 

ちょっと難しいのは、瀧と三葉の入れ替わりが同時系列ではないこと。

注意して見ていれば理解できるが、1回目では「?」となる人も多いだろう。

瀧は現在に生きているのだが、三葉と入れ替わったときは3年前(の三葉)を生きていることになる。

で、自分に戻るとまた現在になっている。

ここを掴み損ねるとちょっとわけわからないことになってしまう。

あと、ご神体のある山の頂上(?)で瀧と三葉が出会うシーン。

ここもちょっとわかりづらい。

おそらく現在の瀧と3年前の三葉の思念が〈かたわれ刻〉にリンクしたのだと思われる。

ここも純文学っぽい表現で、ちゃんと伏線張ってるところもさすがだなと思う。

 

おそらく本作を批判している人は、後半のサラサラした流れにも不満があるのだろう。

糸守町がどうなったのか、三葉は、町の人たちはその瞬間どうしていたのか?といった肝心な事は本当にさらりと触れられるだけでエンディングへと向かっていく。

さらにさらに、ラストが〈ネタバレ〉で終わっていることに強い不満を覚える人もいるだろう。

「おいおい、こっからだろ大事なのは」と。

そういった人たちはおそらく、物語にとって整合性と解決こそが絶対的な価値であり、それが商業作品としての最低限の読者(視聴者)への礼儀だと解釈しているのではないだろうか? 

確かにエンタメ作品、特にアニメではそういったものが圧倒的に多いし、その方が楽しめる事は確かである。

しかし、それが物語にとっての絶対的な価値観ではないこともまた事実。

新海監督は本作において、整合性と解決に重きを置かなかった、ただそれだけのことである。

本作はそうした論理性よりも、行間(?)と余韻によって美を生成しようとした作品であり、その試みはこれ以上ないほどに成功していると感じた。

そうした表現が嫌いなのであれば「嫌いだ」と公言すればいい。

ただ、整合性と描写の不足を理由に作品の質や、監督の仕事を疑う類の批判は見当はずれだろう。

 

こうした作品が広く受け入れられ、大ヒットを記録することにどこか安心した。

と同時に、ヒット作をうがった目で見ようとしている自分を反省。

【広告】

 

新海誠作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

BD