アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第13話「顔」解説

*ネタバレ注意!

この第13話はこれまでのおさらい回となっている。

前半のブリーフィングでこれまでの流れと現状を再確認し、残りはパズに焦点を当てたサイドストーリー。

会議のシーン

「個別の11人」についてのブリーフィング。

 

  • 合田はパトリック・シルベストル著「個別の11人」という幻の一編を捏造し、それがウイルスであることを巧みにカモフラージュした。
  • 「個別の11人」ウイルスに感染した者は必ず自殺する。
  • 難民の自爆テロは「個別の11人」感染者によって誘発された。それにより難民問題を一般社会に浸透させることとなった。
  • ここまでは合田の計画の第一段階。

<img src=”book.jpg” alt=”革命についての評論集”>

9課の今後の対策
  • 「個別の11人」ウイルス感染者と、それに触発され暴走する難民に対し、少数精鋭の9課ではもはや対抗できない。
  • 今後は内閣情報庁に的を絞り動いていく。
  • そのためにクゼを捕まえる必要がある。
新たな謎

なぜクゼだけが「個別の11人」ウイルスに感染しても自殺しなかったのか?

鑑識は、同一ウイルスに感染しておきながら全く違う行動を起こすものを、突発性位変態と呼ぶ。

会議以降の内容

ブリーフィング後は本編とはほぼ関係ないパズ回なので流してOK。

第14話解説へ

animesuki.hatenadiary.jp

関連記事

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【広告】

 

原作
攻殻機動隊 (1)    KCデラックス

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

  • 作者:士郎 正宗
  • 発売日: 1991/10/05
  • メディア: コミック
 
攻殻機動隊 (2)    KCデラックス

攻殻機動隊 (2) KCデラックス

  • 作者:士郎 正宗
  • 発売日: 2001/06/28
  • メディア: コミック
 
BD