アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 全話感想

公式動画

www.youtube.com

放送
2019年7月~9月
制作・スタッフ

原作:岡田麿里、絵本奈央

監督: 安藤真裕、塚田拓郎

脚本:岡田麿里

キャラクターデザイン:石井かおり

アニメーション制作:Lay-duce

音楽:日向萌

<img src=”devastated.jpg” alt=”荒ぶる季節の乙女”>

主要人物/声優

小野寺和紗/河野ひより

菅原新菜/安済知佳

須藤百々子/麻倉もも

本郷ひと葉/黒沢ともよ

曾根崎り香/上坂すみれ

典元泉/土屋神葉

山岸知明/福山潤

天城駿/広瀬裕也

三枝久/咲野俊介

十条園絵/戸松遥

杉本悟/花江夏樹

OP「乙女どもよ」CHiCO with HoneyWorks

www.youtube.com

ED「ユメシンデレラ」麻倉もも

www.youtube.com

評価 ★★★☆☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

思春期と性」という主題に真っ向から挑んだある意味文学的なアニメ。

高校の文学部に所属する非モテ女子や、その同級生の男の子たちが性に開花していく様は正に青春そのもの

同年代よりは大人が観て甘酸っぱい気持ちに浸るべき作品のような気がした。

 

プロットはスピード感があり、心理描写よりは行動中心なので停滞感は感じなかった

キャラクターもそれぞれ個性があり、それぞれにおける性とは何かをきっちり振り分けてある。

個人的にはもっと一人一人を追い詰めて、徹底的に苦しめてもよかった気がした。

あえてセーブしていたのかもしれないが、それ故に「ちょっと文学気取っても、所詮アニメならここまで」と思う人もいるかもしれない。

実際、リアルな高校生はもっとエグいだろうし…

 

ラストには一定のカタルシスはあるが、どこか上手くまとめた感があり、やや不満が残った。

やはり「アニメだったらこれぐらいだろ」という不必要な手加減が見え隠れする気がする。

2019年における「思春期と性」という主題に本当に真っ向からぶつかって制作したのか、疑問が残った。

 

とはいえ、普通に観て普通に面白いのでおすすめ。

【広告】

 

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作
荒ぶる季節の乙女どもよ。(1) (週刊少年マガジンコミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 
BD
荒ぶる季節の乙女どもよ。Blu-ray 第一巻

荒ぶる季節の乙女どもよ。Blu-ray 第一巻