アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか? 第2期全話感想

公式動画

www.youtube.com

放送
2019年7月~9月
制作・スタッフ

原作:大森藤ノ

監督:橘秀樹

シリーズ構成:白根秀樹

キャラクターデザイン:木本茂樹

アニメーション制作:J.C.STAFF

音楽:井内啓二

音楽プロデューサー:井内啓二

音楽制作:イマジン

<img src=”dungeon.jpg” alt=”ダンジョンに出会いを求める”>

主要人物/声優

ベル・クラネル/松岡禎丞

ヘスティア/水瀬いのり

リリルカ・アーデ/内田真礼

ヴェルフ・クロッゾ/細谷佳正

ヤマト・命/赤崎千夏

リュー・リオン/早見沙織

アイズ・ヴァレンシュタイン/大西沙織

アイシャ・ベルカ/渡辺明乃

サンジョウノ・春姫/千菅春香

ダフネ・ラウロス/小若和郁那

カサンドラ・イリオン/真野あゆみ

ヒュアキントス・クリオ/KENN

アポロン/逢坂良太

OP「HELLO to DREAM」井口裕香
ED「ささやかな祝祭」sora tob sakana

www.youtube.com

評価 ★★☆☆☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

恐らく原作のいくつかの話をつなげたのだろうが、まとまりがなく、いったに何が見せたかったのか全く分からなかった

第1期のあの青春感、ダンジョン攻略のワクワク感などはほとんどなく、変にドラマを持たせようとして失敗している感じがした。

ベル君の成長も内面から描こうとしていた節があるが、イマイチよくわからなかった。

成長の数値化という王道かつ単純明快なシステムがダンまちの魅力のひとつだったと思うのだが。

 

肝心のアクションも消化不良

新しい武器や剣技、新しい魔法も一切出てこず、修行もなければレベルアップすらなし。

なぜ単純にダンジョンの攻略を続けさせなかったのか疑問。

3期もあるようだが、今回のストーリーは3期を見越してどうしても回収しておかなければならない話だったのだろうか?

 

最終話も展開が唐突で、よくわからないままもやっとして終了。

原作ファンは楽しめるのかもしれないが、そうでもない人は観なくてもいい。

ヘスティア様のベル君愛は相変わらずなので、そこだけ観たい人はそこそこ楽しめるのかも。

【広告】

 

ダンまちシリーズ感想

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

類似作品

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

 
BD