アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

当ブログ管理人八幡謙介の小説

 

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q 感想

公式動画
公開
2012年11月17日
制作:スタッフ

原作・脚本:庵野秀明

キャラクターデザイン:貞本義行

メカニックデザイン:山下いくと

総作画監督:本田雄

作画監督:林明美、井上俊之

特技監督:増尾昭一

副監督:中山勝一、小松田大全

総演出:鈴木清崇(タツノコプロ)

色彩設定:菊地和子(Wish)

美術監督:加藤浩(ととにゃん)

CGI監督:鬼塚大輔、小林浩康

撮影監督:福士享(T2スタジオ)

編集:李英美

テーマソング:宇多田ヒカル(EMIミュージックジャパン)

音楽:鷺巣詩郎

制作:スタジオカラー

共同配給:ティ・ジョイ、カラー

宣伝:カラー

製作:カラー

監督:摩 砂 雪、前田真宏、鶴巻和哉

総監督:庵野秀明

主要人物:声優

碇シンジ:緒方恵美

綾波レイ:林原めぐみ

葛城ミサト:三石琴乃

赤木リツコ:山口由里子

碇ゲンドウ:立木文彦

冬月コウゾウ:清川元夢

式波・アスカ・ラングレー:宮村優子

真希波・マリ・イラストリアス:坂本真綾

加持リョウジ:山寺宏一

渚カヲル:石田彰

伊吹マヤ:長沢美樹

青葉シゲル:子安武人

日向マコト:優希比呂

鈴原トウジ:関智一

相田ケンスケ:岩永哲哉

洞木ヒカリ:岩男潤子

キール・ローレンツ:麦人

高雄コウジ:大塚明夫

鈴原サクラ:沢城みゆき

長良スミレ:大原さやか

北上ミドリ:伊瀬茉莉也

多摩ヒデキ:勝杏里

OP「One Last Kiss」宇多田ヒカル
評価 ★★★☆☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

Qからようやく新章突入といった感じで物語が先に進んでいく。

冒頭のめまぐるしいシーンは圧巻で、なんとなく『ああ、庵野さんはきっとこれがやりたかったんだろうなあ…』と思った。

そもそもメカの人だし、”舟”の描き方はどこかナディアを彷彿とさせる。

あと、時々写る電線の感じが「オネアミスの翼」っぽくてほっこりした。

 

さて、賛否の”否”が多い本作もまた、TVシリーズと同じくらいの問題作で、受け止め方が難しい。

そもそも論でいうと庵野さんはこういう人で、エヴァってこんなもんだよと言えばそれまで。

「なぜそうなったのか」は謎だけど、「結果どうなったのか」ははっきりしているので、そう言う意味では難しくはない。

ただ、エンタメ作品としては相当にカルトな印象。

独特の表現や相変わらず陰鬱としたシンジ、冷酷な大人たちを受け止めるのがしんどい。

ネットでは、庵野監督が一昔前のオタク気質で視聴者を突き放し悦に入っているという説もあるが、それは違う気がする。

スノッブな感じはないし、衒学趣味も旧TVシリーズよりは抑えてあり、押井監督に比べれば全然ないに等しい。

Qを観て、やっぱ庵野さんはこういう人なんだと諦めるしかないと思った。

なんというか、キレイな人ではない。

かといってひねくれ者でもない。

こういう作品を創る人。

そして、我々はそういう作品をもう20年あーだこうだと言いながら付き合っている。

その関係性全部が「エヴァ」であると思った。

【広告】

 

エヴァンゲリオンシリーズ感想をチェックする

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作をAmazonで見る
Blu-rayをAmazonで見る
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com

当ブログ管理人八幡謙介の小説