アニメ解説・感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの解説と感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

劇場版SHIROBAKO

公式動画

youtu.be

公開

2020年2月29日

制作:スタッフ

原作:武蔵野アニメーション

監督:水島 努

シリーズ構成:横手美智子

キャラクター原案:ぽんかん8

キャラクターデザイン・総作画監督:関口可奈味

美術監督:竹田悠介・垣堺司

色彩設計:井上佳津枝

3D監督:市川元成

撮影監督:梶原幸代

特殊効果:加藤千恵

編集:髙橋 歩

音楽:浜口史郎

音楽制作:イマジン

プロデュース:インフィニット

アニメーション制作:P.A.WORKS

配給:ショウゲート 製作:劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

主要人物:声優

宮森あおい:木村珠莉

安原絵麻:佳村はるか

坂木しずか:千菅春香

藤堂美沙:髙野麻美

今井みどり:大和田仁美

宮井 楓:佐倉綾音

矢野エリカ:山岡ゆり

安藤つばき:葉山いくみ

佐藤沙羅:米澤円

久乃木 愛:井澤詩織

高橋球児:田丸篤志

渡辺 隼:松風雅也

興津由佳:中原麻衣

高梨太郎:吉野裕行

平岡大輔:小林裕介

木下誠一:檜山修之

葛城剛太郎:こぶしのぶゆき

OP「星を集めて」fhana

youtu.be

感想

大人気アニメシリーズの劇場版。

あのムサニの濃いメンバーたちとまた会える!と期待して観たが、正直「とっちらかってるな~」とがっかりした。

大筋の話は分かりやすいが、そこにメタ、回想、作中作、パロディなどがランダムに登場し、今どこをどう進んでいるのかが分からなくなった。

悪役キャラもちょっとしか出て来ないのでどんな人間か全然分からず、感情が湧かないし、ムサニが何に困っているのか、取引会社が業界的にどんな無理難題をつきつけているのかを十分理解できる時間がなかった(起こっている出来事はわかるが、ムサニの面子と一緒に自分も悔しいと感じられるところまでいけない)。

しょうもないミュージカルシーンを切って、もっと大事なシーンにあててほしかった。

 

取引会社に向かうシーンもやりすぎ。

TVシリーズの最終話のセルフパロディだろうが、本当に何をしているのかわからなかった。

そしてエンドロールが出て「???」と思ったら作中作……

なんかバカにされている気がした。

その後監督が覚醒し一致団結。

また作中作になるが、そもそも元の作品を知らないので何がよくなったのか分からない。

最後は大団円になったっぽいのだが、もはや何の感情も湧かなかった。

 

本作のいいところは、TVシリーズに登場したキャラたちを大切にしているところ。

ほぼ全員ちゃんと成長して元気にやっていた。

ムサニのキャラが好きという人には楽しめる作品。

そうでない人は期待しないほうがいい。

TVアニメ版SHIROBAKOをチェックする

animesuki.hatenadiary.jp

原作をAmazonで見る

Blu-rayをAmazonで見る
Amazon Prime Videoで動画を見る

当ブログ管理人八幡謙介の小説