アニメ解説・感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの解説と感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

進撃の巨人 Season4 第3話(62話)「希望の扉」解説

https://shingeki.tv/final/

本記事は完全ネタバレ解説です。

ご注意ください。

Season 第3話(61話)解説を見る

animesuki.hatenadiary.jp

 

 

公式サイト、Wikipedia他

shingeki.tv

進撃の巨人 作品公式サイト

進撃の巨人 - Wikipedia

Twitter

進撃の巨人関連グッズをAmazonでチェックする!

冒頭

ライナーの幼少期。

母カリナはエルディア人であることを相当に卑下している。

また、どうやらライナーの父親はマーレ人で、カリナとの間に子供だけ作って蒸発したらしい。

しかしカリナは自分がマーレ人でないからそうなったと自分の出自を恨む。

パラディ島でライナーの精神がおかしくなっていったのはこの母親の影響も大きいだろう。

現在

突然現在にシーン転換。

ライナーの足がベッドからはみ出しているところに注目。

子供からのベッドを買い換えていない。

ライナーは戦士となり活躍もしたのでそこまで貧しいはずはない。

深い意味はないのだろうが、どこか異様な光景。

シーン転換

白い戦闘服を着て走っているのは戦士候補生の頃のライナー。

教官は若き日のマガト。

シーン転換

戦士候補生たちの会話。

ライナーの他、アニ、ピーク、ベルトルト、ガリアード兄弟がいる。

リンゴを持っているのはたぶんジーク。

ライナーの性格

ライナーは母カリナの影響で、子供ながらに誰よりもエルディア人への憎悪を持つようになった。

また、意外にも戦士としての成績は低いらしい。

お前は一人で13年待つんだな

ポルコがライナーに吐き捨てた台詞。

自分たちは巨人を継承して戦士になり13年後に寿命で死ぬ。

ライナーだけは戦士になれないから13年後、自分たちの次の代まで待てという意味。

たぶん戦士候補生の間で「13年待つ」というのが侮辱語として使われているのだろう。

ベルトルトとライナーの関係性

前半ではどちらかというとライナーがリーダーでベルトルトが助けられていた感じだったが、幼少期は逆だったらしい。

ライナーの子供っぽさ

ライナーはパラディ島でエルディア人を殺せば本気で英雄になれると信じている。

他の候補生はもう少し視野が広そう。

マーレに利用されていると分かっていて戦士に立候補している子もいるだろう。

ライナーが一番純粋。

エレンとアルミン

突如登場するエレンとアルミン。

「その頃彼らは」的な演出で、特に意味はない。

エレンたちが平和ボケしていたとき、ライナーたちは徹底的な差別と、地獄の訓練を受けていたのだった

巨人の解説

戦士候補生の中から巨人の継承者が決まったよう。

能力解説は今さらだが、改めてマーレ視点から見ると新鮮。

実戦投入

マガトは子供に「始祖奪還作戦」を遂行させることに疑問。

憐憫というよりは、合理主義者として任務の成功を疑っているのだろう。

だが、彼らは継承後すぐに実戦投入され、一国を潰したらしい。

ポルコとライナー

ライナーを見下していたポルコが戦士に選ばれなかった。

この辺の確執が後に尾を引いているらしい。

パレード

メンバーからして「始祖奪還作戦」壮行パレードだろう。

父親との邂逅

ライナーは戦士となり名誉マーレ人の称号を得た。

それを父親に見せに行ったのだが、父親は捨てた子供が力をつけて復習しにきたと勘違いする。

話の内容から、どうやらマーレ人とエルディア人は法律で結婚できないことになっているらしい。

ライナーは結局、戦士になっても父親からの愛情を受けられず、母親からは自分のルーツを否定する教育を受け続けたままパラディ島へ。

後に精神が崩壊するのも仕方ないかもしれない。

野営のシーン

ベルトルト「本当に壁を破壊しても、壁の王は始祖の巨人を行使しないのかな?」

「地ならし」を発動しないのかという疑問。

「不戦の契り」によってそれはないとマーレでは研究結果が出ているらしいが、現場の人間からすると恐怖だろう。

ましてやまだ子供だし。

彼らの心情が察せられるシーン。

マルセルの告白

ライナーが戦士に合格したのは彼の印象操作のたまもの。

泣いて謝るマルセルの気持ちをライナーは理解できない。

ここから分かることは、ライナー以外は「始祖奪還作戦」に乗り気ではなく、この作戦で自分達が捨て駒にされていることを理解している。

だからマルセルは、成績優秀で一番に「始祖奪還作戦」メンバーに選ばれるはずの弟(ポルコ)を戦士候補から外れるよう印象操作した。

 

もしかしたらマルセルはライナーもちゃんと自分が捨て駒だと理解しつつ、空元気を出して皆を鼓舞していると思ったのかもしれない。

だからいたたまれなくなって泣き出したのかも。

ただ、ライナーはガチでこの作戦遂行を名誉なことだと思っている。

そこが今後のライナーの強さになっていく。

そして、ライナーは壁の中では彼らのリーダー格になっていく。

無垢の巨人

ユミル。

「楽園送り」にされてからずっとパラディ島を彷徨っていた。

ここでマルセルを捕食し「顎の巨人」を継承。

その後ライナーたちの攻撃に乗じて壁内に侵入し、調査兵団に志願する。

ライナー、ベルトルト、アニ

マルセルを失って、前半の裏切り者3メンバーとなる。

アニはマーレに帰還を提言。

マルセルがリーダーだったらしく、彼の指揮なしでは任務は遂行不可能と判断した。

また、ライナーの行動は軍規違反らしく、任務を失敗して帰っても懲罰されるのはライナーだけと踏んだ。

しかしライナーは今帰ったら全員処刑され、次の戦士候補生に喰われるだけだと言う。

たぶんそうだろう。

だから脅迫まがいに任務続行を提言。

ダイナ素通り

ライナーたちは無事壁に到達し、ベルトルトの「超大型巨人」で壁を破壊。

ベルトルトは仕事を終えて人間に戻る。

そこに巨人化したダイナが現れる。

普通ならベルトルトに気づき、喰おうとするはずだがなぜか素通り。

 

実はこれはエレンが操作していたこと(最終話で明かされる)。

人類を救うため

ライナーがキース教官に「人類を救うためです」と答えたのは、「エルディア人を抹殺して人類を救うため」。

山小屋

開拓地。

恐らく避難所からここに移動させられ、労働しながら避難生活を送っていた。

ケニーを尾行するアニ

これがいつの時点の出来事かは不明だが、恐らく憲兵団入団後だろう。

王都にいるアニには他の二人よりも情報が得やすい。

どこかでケニーとウーリ・レイスの関係性を知ったのかもしれない。

密談する三人

ライナーが「この5年の成果を持ち帰れば」と言っていることから、ウォール・マリア襲撃から5年経っていることがわかる。

また「ウォール・ローゼを破壊する。」と言っているので、ウォール・ローゼ破壊前だとも分かる。

それぞれ調査兵団と憲兵団に勤務し、時々こうして郊外で会って密談していたのだろう。

同期だから見つかっても違和感はない。

ライナーとエレン

ライナーはかつて成績最下位だった自分とエレンを同一視する。

エレンはそれを優しさだと誤解する。

だから後にライナーが巨人だったことに失望し、怒る。

ライナーの自殺未遂

ライナーはたぶんPTSDを患っている。

壁を叩いたのはファルコ。

ファルコやガビらがライナーの希望。

ライナーは彼らに未来を託そうとしている。

それはエルディア人殲滅思想でもなく、マーレへの反逆でもなく、第三の道。

まだライナーにもそれが何なのかは分かっていない。

エレン

ファルコはエレンと時々会っていたらしい。

 

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 

 

進撃の巨人 Season4 第4話(63話)解説へ

animesuki.hatenadiary.jp

Amazon Prime Videoで動画を観る

Amazon Prime Videoに登録する

原作を試し読み

pocket.shonenmagazine.com

進撃の巨人関連グッズをAmazonでチェックする!

原作をAmazonでチェックする

Kindle Unlimitedをチェックする!