攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 第26話「憂国への帰還」解説

基本情報

原作:士郎正宗 士郎正宗 - Wikipedia

放送:2004年1月~2005年1月

公式サイト攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG|日本テレビ

*ネタバレ注意!

出島へのミサイル攻撃開始

これは自衛軍によるものか?

少佐の行動

クゼの「革命」に付き合うつもり。

タチコマに300万人分の記憶とゴーストを転送する領域の確保を命令。

タチコマたちの会話

難民の記憶をネットに上げたところで本当にゴーストが保持されているか疑問。

命令とはいえあまりに無謀。

じゃあ無視しね?

茅葺総理

米帝は茅葺総理の問いかけに応じない。

そこで総理は独自にこの事態に収集をつけようとする。

おそらく防衛省か軍に直接連絡→戦闘機の出動。

タチコマたちの会話2

衛星をハッキングし、核ミサイルにぶつける作戦をとることにした。

しかしその衛星(NSA2030)はタチコマたちのAIが載っているものだった。

詳しくは第15話参照。

animesuki.hatenadiary.jp

少佐とクゼ

少佐「お前、鶴を折れるか?」

第11話「草迷宮」からの伏線(解説なし)。

これには答えはないので解説も省いてきた。

クゼと少佐が「草迷宮」の少年少女だったのかは最後までわからない。

タチコマの特攻

タチコマたちは自分たちのAIが搭載された米帝の衛星をハッキングし、発射された核ミサイルに特攻し、消滅した。

合田

「だが彼は英雄になり損ねたな」←クゼのこと。

高倉官房長官

難民の核自爆の筋書きを描いたのはあなたと合田だと荒巻は断定するが、高倉は否定。

それぞれがスタンドアローンで動きながらいつのまにか並列化されていたということか?

高倉「君(茅葺)は私が考えていた以上に女だったな。感情に任せてどこに助けを求めたか知らんが、この国は米帝無しには立ち行かん国だよ」

茅葺「何か考え違いをされているようですね。

この意味は次のシーンで判明。

米帝の原潜

発射した核が不発に終わったことを確認。

同時に北東から機影が近づいていることを察知。

乗組員「もし機体にハチイチの軍旗のマークがあったら…」

「ハチイチの軍旗のマーク」とは、中国人民解放軍の軍旗。

中国人民解放軍 - Wikipedia

米帝の原潜は日本政府と密約の上秘密裏に行動しているから、中国に知られるとスキャダルとなる、ということか(たぶん中国は仮想敵国)?

しかし実際に飛んできたのは航空自衛軍の秘密部隊。

艦長「日本サイドの意思は確認した」

日本サイドの意思とは「これ以上やると今度は米帝と戦争になるぞ」という意味だろう。

つまり、茅葺総理はどこか他の国に助けを求めたのではなく、独立国家としての矜持を守るため自衛軍に米帝威嚇の指示を出した。

茅葺総理

茅葺「一身独立して一国独立す。私は初めからそう考えて行動してきたつもりです。茅葺政権はこれまでどおり、米帝、米露連合、中国、そしてアジアEU両諸国とも同様の距離を保ったまま独自の判断で動く国連協調路線を模索していくつもりです」

頼りなく見えていたが、じつは一本芯の通った政治家だったらしい。

ホテルのシーン

合田を捕まえにきた荒巻とトグサ、しかし合田は第25話で自身が犯した罪を自首する報告書をすでに警視庁に郵送済み。

animesuki.hatenadiary.jp

しかしトグサは総理からの書簡を持っている。

総理は合田の能力を高く評価し、それが国外流出する恐れのある場合は対象を殺害することもやぶさかではない。

最後の最後に合田の一歩先を行くことができた。

警告を無視し逃亡しようとしたので少佐が合田を殺害。

隣にいるのがワタナベ・タナカという米帝CIA諜報員。

SAC1第10話で登場。バトーとは因縁がある。

animesuki.hatenadiary.jp

ワタナベがいることで荒巻はクゼの身に危険が迫っていることを察知、少佐を向かわせるが時すでに遅し…。

クゼ暗殺

護送車両の中には既に米帝CIAのサトウ・スズキがクゼにマイクロマシンを注射。

周りにいる警察官の脳をハッキングして自分を見えなくしたのだろう。

サトウ・スズキもSAC1第10話に登場。

サトウ「貴国にはコントロールできないカリスマ指導者はいらない。従順な消費者がいればそれでいい」

これが米帝の総意か?

作中合田が何度か口にしていた「消費」とは、米帝のためのという意味か?

クゼ「先に…行くぞ…」

恐らく少佐に向けた言葉。

先に「上部構造」に行くという意味だろう。

クゼだけは期せずして彼の革命を成就させることができた。

ここへ来て、鶴は「願い」の象徴であることがわかる。

花見のシーン

ハードなSF作品だが、最後は純日本的なイメージで終わりたかったのだろう。

消滅したタチコマに代わり、ウチコマが登場。

AIが未発達なのか、まだ無機質。

少佐はとこか感傷的になっていて、バトーは心配そう。

温かみのある終わり方になっている。

【広告】

 

原作

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

BD

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Blu-ray Disc BOX 1

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Blu-ray Disc BOX 1