アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

2020年

LISTNERS 全話感想

ロックを題材にしたアニメ作品は数あれど、ロックそのものを世界観にした作品は本作がはじめてだろう。 人物やガジェットなど至る所にロックへのオマージュがなされており、音楽好き、ギター好きは終始ニマニマできる作品。

波よ聞いてくれ 全話感想

「無限の住人」の沙村広明原作。 北海道のラジオ局に勤める人達を描いたお仕事コメディ作品。 キャラは立っているしギャグも面白い。 道民あるあるもたぶん入っているんだろう(関西出身の私には分からんが)。

かくしごと 全話感想

書く仕事と隠し事をかけたタイトルが秀逸。 一人娘を持つ漫画家の可久士は自分の描くギャグ漫画を恥じ、娘に悟られまいと奔走する。

ギブン 全話感想(ややネタバレあり)

今どきめずらしい本格バンドアニメ。 ギターをはじめガジェットの描き方や、バンドマンの空気感、練習風景、活動の裏側などが、ミュージシャンから見ても秀逸で嬉しくなった。

あひるの空 感想(26話切り)

正統派高校バスケもの。 「SLAM DUNK」「黒子のバスケ」と超名作が並ぶこのジャンルをやろうと思ったことには拍手。

無限の住人-IMMORTAL- 全話感想

大人気コミックのAmazonプライム版アニメ。 地上波では2008年に一度制作されているがそれとは異なるらしい。 映像の美しさと音声のクリアさは群を抜いているといっていい。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

異世界転生ではなく、「ソードアート・オンライン」のようにゲーム世界にフルダイブするタイプのお話。 主人公は平凡な女子高生だが、ゲームを始める際、ステータスの振り分けを防御力に極振りすることで物語りが転がっていく。

22/7 感想(2話切り)

秋本康プロデュースの声優アイドルアニメ。 オーディションを勝ち抜いたリアルの声優アイドルと、彼女たちが実際に演じるアニメの中のアイドルたちがリンクしているらしい。

ランウェイで笑って 全話感想

ありそうでなかったファッションデザイナーもの。 低身長でパリコレモデルを夢見る千雪と貧乏ながらもデザイナーを目指す育人のサクセスストーリー。

異種族レビュアーズ 全話感想

異世界の風俗店を冒険者がレビューするというなんとも振り切った内容。 あまりの過激さから打ち切り待ったなしの「チキンレース」と言われ、実際第四話でTV放送は打ち切り。

ソマリと森の神様 全話感想

人間が絶滅の危機に瀕し、異形種が支配する世界、人間の子供と余命わずかのゴーレムが出会い、共に旅をするという物語。

宝石商リチャード氏の謎鑑定 全話感想

公式動画 www.youtube.com 放送 2020年1月~3月 制作・スタッフ 原作:辻村七子『宝石商リチャード氏の謎鑑定』(集英社オレンジ文庫) 監督:岩崎太郎 構成/脚本:國澤真理子 キャラクター原案:雪広うたこ キャラクターデザイン/総作画監督:近藤奈…

理系が恋に落ちたので証明してみた 全話感想

頭からつま先まで理系人間の男女が不器用に恋愛する様子を描いたラブコメ作品。 誰でも経験したことのある恋愛感情やデートなどをいちいち数値で計算し理解しようとするところがとてもコミカルでチャーミングだった。

推しが武道館行ってくれたら死ぬ 全話感想

武道館を目指す地下アイドルとオタクたちの群像劇。 主人公が女オタということもあって、とても爽やかな印象。

空挺ドラゴンズ 全話感想

龍を捕獲し、解体して売りさばくオロチ捕り集団の生活を描いたファンタジー群像劇。 レトロな空挺での生活がどこかラピュタを彷彿とさせる。 また、陸に住む人々との関係性もリアル。

八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 全話感想

名古屋愛あふれる主人公八十亀ちゃんと非名古屋人たちのドタバタギャグアニメ2期。 どちらかというと名古屋をディスる展開が多いのだが(というかずっとそう)、世間的にも名古屋はそういう立ち位置なのか、ハマっている。

恋する小惑星 7話切り

女子高生が部活でキャッキャウフフする作品。 「けいおん!」以来こすりにこすられてきたジャンルを2020年にやる意味がまったくわからなかった。

バビロン 全話感想

男を惑わし自由自在に操る悪女・曲世愛と、彼女の奸計に立ち向かう検事・正崎善の戦いを描いたファムファタールもの。 前半は東京に設けられた「神域」と称する特区における集団自殺事件を追う。

群れなせ!シートン学園 全話感想

動物たちが通う「シートン学園」に入学した主人公と動物の生徒たちの群像劇。 なかなかのハイテンションでギャグが繰り出されるので厭きない。