アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

当ブログ管理人八幡謙介の小説

 

 

池袋ウエストゲートパーク 全話感想

公式動画

youtu.be

放送
2020年10月~12月
制作:スタッフ

スタッフ 原作:石田衣良(『池袋ウエストゲートパーク』シリーズ文春文庫/文藝春秋刊)

監督:越田知明

シリーズ構成:志茂文彦

キャラクターデザイン:谷口淳一郎

総作画監督:谷口淳一郎、吉川真帆、松浦麻衣

プロップデザイン:秋篠Denforword日和

美術監督:中村典史

色彩設計:伊藤裕香

撮影監督:呉健弘

編集:平木大輔

音楽:中川大二朗、高田龍一(MONACA)

音響監督:土屋雅紀

アニメーション制作:動画工房

製作:IWGP 製作委員会

主要人物:声優

マコト:熊谷健太郎

タカシ:内山昂輝

キョウイチ:土田玲央

ヒロト:木村昴

磯貝:花江夏樹

谷口マサル:小林千晃

藤本ミツキ:村瀬歩

ミノル・タモツ:新垣樽助

クロウ:小野賢章

サル:木村良平

ゼロワン:諏訪部順一

シャドウ:津田健次郎

横山礼一郎:櫻井孝宏

吉岡:檜山修之

マコトの母:甲斐田裕子

OP「Needle Knot」THE PINBALLS

youtu.be

ED「after song」INNOCEENT in RORMAL 

youtu.be

評価 ★★☆☆☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

日本のギャングを題材にした有名な原作の初アニメ化。

個人的には原作もドラマも観ていない完全初見。

 

まず、ほとんどのキャラクターがギャングに見えない。

それっぽい格好はしているが、ギャングのヤバさみたいなのが伝わってこない。

特に主人公のマコト。

 

本作はギャングの若者が池袋で起こる問題を自分達の力で解決していくという人情譚になっているが、「いかにも悪そうなギャングが」というところがミソであって、ちょっとやんちゃっぽい普通の子が奔走している姿はただのボランティアにしか見えなかった。

後半はギャング同士の抗争に発展していくが、それもとってつけたような急展開、最終話で唐突に出てくるラスボス的な存在(伏線はなかったはず)、イマイチ理解できないマコトの演出や種あかし、そして誰だか覚えていない少女の復讐と『子連れ狼かよw』という演出……

興ざめの連続だった。

 

誰に何をすすめていいかわからない作品。

興味ある人は原作かドラマを観た方がいいと思う。

【広告】

 

類似作品をチェックする

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作をAmazonで見る
池袋ウエストゲートパーク

池袋ウエストゲートパーク

  • 作者:石田 衣良
  • 発売日: 2012/09/20
  • メディア: Kindle版
 
BDをAmazonで見る
不明
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com

当ブログ管理人八幡謙介の小説