アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

呪術廻戦 全話感想

公式動画

youtu.be

放送
2020年10月~12月
制作:スタッフ

原作:「呪術廻戦」芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

監督:朴性厚

シリーズ構成・脚本:瀬古浩司

キャラクターデザイン:平松禎史

音楽:堤博明・照井順政・桶狭間ありさ

制作:MAPPA

主要人物:声優
虎杖悠仁:榎木淳弥
伏黒 恵:内田雄馬
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美
五条 悟:中村悠一
両面宿儺:諏訪部順一
禪院真希:小松未可子
狗巻 棘:内山昂輝
パンダ:関智一
七海建人:津田健次郎
OP1「廻廻綺譚」EVE

youtu.be

OP2「VIVID VICE」Who-Ya Extended

youtu.be

ED1「LOST IN PARADISE feat. AKLO」 ALI

youtu.be

ED2「give it back」Co shu Nie
評価 ★★★★★

animesuki.hatenadiary.jp

感想

呪いを題材にした能力バトルアニメ。

打ち止め感のあったバトルものに新しい風穴を開けたといってもいい。

能力やバトルのシステムも複雑すぎず、簡単すぎず、ちょうどいいとこに納められている。

作者はかなりの呪術マニア、スピリチュアルマニアのようで、本作にあわせて必要なだけ取材したのではなく、元々そういったものが好きなんだと思う。

じゃないとたどり着かないであろう元ネタがけっこうある。

ふるべゆらゆらが出てきたときは結構びっくりした。

 

本作は近年の漫画・アニメに多い、人間の業をしっかりと描くパターンの作品でもある。

ときに正義側のキャラのどろどろした感情も受け止めなければならず、痛みを伴うのだが、それが極上のエンタメになるということは既に「進撃の巨人」が証明している。

そういった意味でポスト進撃作品といってもいいだろう。

 

個人的に、人気の作品は必ず主人公よりも強くて魅力的なキャラクターが登場する法則があると思っているのだが、本作も主人公虎杖よりも五条先生の方が強く、キャラも濃い。

いずれ越えていくのかもしれないが。

 

諫山、富樫、荒木あたりの作風をきちんと消化吸収し、進化させたような作品で、同年代の漫画家はさぞ嫌な存在だと思う。

 

2クールあっても全然物足りず、もっと観たいと思える希有な作品。

必ず第2期も制作されるだろう。

【広告】

 

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作
呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:芥見下々
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: Kindle版
 
BD
呪術廻戦 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)

呪術廻戦 Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)

  • 発売日: 2021/01/20
  • メディア: Blu-ray
 
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com