アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

公式動画

www.youtube.com

放送
2020年1月~3月
制作・スタッフ

原作:夕蜜柑(カドカワBOOKS『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』/ KADOKAWA刊)

キャラクター原案:狐印

監督:大沼心、湊未來

シリーズ構成:志茂文彦

キャラクターデザイン・総作画監督:平田和也

アニメーション制作:SILVER LINK.

<img src=”armour.jpg” alt=”痛いのは嫌なので防御力を上げる”>

主要人物:声優

メイプル:本渡楓

サリー:野口瑠璃子

カスミ:早見沙織

カナデ:新井里美

マイ:加隈亜衣

ユイ:諏訪ななか

クロム:杉山紀彰

イズ:佐藤聡美

OP「究極アンバランス」純情のアフィリア

youtu.be

ED「Play the world」佐々木李子

www.youtube.com

評価 ★★★☆☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想
異世界転生ではなく、「ソードアート・オンライン」のようにゲーム世界にフルダイブするタイプのお話。
主人公は平凡な女子高生だが、ゲームを始める際、ステータスの振り分けを防御力に極振りすることで物語りが転がっていく。
いわば女版俺TUEE
「私能力は平均値でって言ったよね」(下記リンク参照)など、最近はこういうのが流行ってきているのか?
 
ただ、これが意外とよかった。
男の俺TUEEは承認欲求の権化のような作品が多く胸焼けがするが、本作はとてもほんわかしていて気が楽だった。
パーティも女の子が多く、どろどろしたドラマや争いもなくてほのぼのとしていた。
ただその分緊張感がなく、眠たく感じる人もいるだろう。
思春期の男の子向けではない。
 
ギャグらしいギャグがないのも残念。
かといってバトルもそこまでヒリヒリしていない。
とはいえゲーム世界なので日常ってわけでもない。
何を楽しめばいいのかよくわからん作品だった。
 
ラストは「え、そいつで終わるの??」とちょっと驚いたが、やっぱりどこかほのぼのしている。
ゲーム世界は好きだけどきついのは苦手という人にはうってつけの作品。

【広告】

 

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作