読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒子のバスケ 第3期 全話感想

公式動画

www.youtube.com

 

基本情報

原作:藤巻忠俊 藤巻忠俊 - Wikipedia

制作:プロダクションI.G https://www.production-ig.co.jp/

監督:多田俊介 多田俊介(@shunsuketda)さん | Twitter

放送:2015年1月~6月

公式サイト黒子のバスケ アニメ公式サイト

OP「Punky Funky Love」GRANRODEO

GRANRODEO Official Website

www.youtube.com

OP2「ZERO」小野賢章 

小野賢章オフィシャルブログ Powered by Ameba

www.youtube.com

OP3「メモリーズ」GRANRODEO

www.youtube.com

ED1「GLITTER DAYS」Fo'xTails

Fo'xTails Official WebSite

www.youtube.com

OP2「アンビバレンス」SCREEN mode

SCREEN mode Official Site

www.youtube.com

OP3「Lantana」OLDCODEX

OLDCODEX Official website

www.youtube.com

感想

第3期の見所はもちろんウィンターカップ準決勝と決勝だが、帝光中学編も挿入されている。

黒子をはじめ、キセキの世代の面々がバスケを始め、才能を開花させていき、その才能ゆえに衝突していく様子が丹念に描かれている。

ここまで引っ張っておいて、最後の最後で中学編を出してくるなんてずるい!と思いながらもつい引き込まれてしまう構成はさすが。

 

そして決勝はもちろん洛山と。

ここまでであらゆる必殺技はもちろん「ゾーン」も何度も出しており、その上を行くとしたらもう「ゾーン」のインフレしかない。

しかしそうすると、「スーパーサイヤ人」のように、せっかくの「ゾーン」が安っぽいものになってしまう…。

ではここへきてまた新しい概念を出せばいいかというと、それもご都合主義的すぎる…

この辺の少年漫画的ジレンマに対しても、作者はしっかりと回答を示している。

 

「ゾーン」はやはりインフレするが、それはあくまで〈ネタバレ〉側にとどめておき、火神の「ゾーン」は、あるきっかけでさらに〈ネタバレ〉する。

そうすることで少年ジャンプ的主題である「友情・努力・勝利」も貫くことができる。

 

最後のシュートのシーンは、何度見てもジーンと感動が胸に湧いてくる。

 

本作のおかげでスポーツ漫画(アニメ)のハードルはかなり高くなってしまったのではないかと思われる。

それぐらい完成度の高い作品。

【広告】

 

原作

黒子のバスケ カラー版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

黒子のバスケ カラー版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
黒子のバスケ コミック 全30巻完結セット (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ コミック 全30巻完結セット (ジャンプコミックス)

 

BD

黒子のバスケ 3rd SEASON 1 [Blu-ray]

黒子のバスケ 3rd SEASON 1 [Blu-ray]

 

グッズ

黒子のバスケ FAN DISC ~これから何度でも~ [DVD]

黒子のバスケ FAN DISC ~これから何度でも~ [DVD]

 
黒子のバスケ TVアニメイラスト集 COLORFUL MEMORIES (愛蔵版コミックス)

黒子のバスケ TVアニメイラスト集 COLORFUL MEMORIES (愛蔵版コミックス)

 
黒子のバスケ EXTRA GAME 前編 (ジャンプコミックスDIGITAL)

黒子のバスケ EXTRA GAME 前編 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
黒子のバスケ EXTRA GAME 後編 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ EXTRA GAME 後編 (ジャンプコミックス)