アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第9話「ネットの闇に棲む男」解説

ネタバレ注意!

第9話概要

この第9話で「笑い男」事件のこれまでの流れを総括している。

「チャットルーム」は電脳からアバターを使ってフルダイブするもの。

発言者と観客に分けられているらしい。

これまでは9課=政府筋からの「笑い男事件」へのアプローチだったが、ここで一度民間人サイドからこの事件について再アプローチさせ、視聴者に重層的な事件への理解を促す試みか?

では再度「笑い男事件」をおさらいしてみよう。

発端

6年前(2024年)に起こったセラノゲノミクス社社長脅迫事件。

テレビカメラの前でセラノ社長に銃を突きつけた。

<img src=”camera.jpg” alt=”テレビクルーの前で脅迫”>

この後の事件

ジャパン・マイクロ・インダストリー佐川電子薩摩メディテックスナノプラント社マイテル社などが「笑い男」から脅迫を受ける。

その後、株価の下落が懸念された被害企業に対し、公的資金の導入が決定すると同時に「笑い男」は犯行終結宣言を出し、ネットの闇に消えた

警視総監暗殺予告事件

犯行終結宣言から6年間鳴りを潜めていた「笑い男」が、「インターセプター事件」の記者会見中、刑事部長の電脳をハッキングし、彼の口を借りて警視総監の暗殺予告を行う。

ナナオ=A

警視総監を警護するSPに高性能ウィルスを送り、警視総監暗殺を決行。

ただし、会見時の暗殺予告はナナオがやったのではない。

警察はそのことを伏せていたのだが、チャットルームの"ベビー・ルース"という人物(緑のジャージを着たおどおどした男)がナナオの登録サーバーに潜ったところ、彼がシミュレーションした計画が残っていたが、その中に総監暗殺の計画がないことに気づいた。

「笑い男事件」のポイント

発端となった「セラノゲノミクス社社長誘拐、脅迫事件」「連続企業脅迫事件」、6年後の「警視総監暗殺予告」「警視総監襲撃事件」(SP以外の)が全て同一犯によるものなのか、それとも複数犯の仕業か?

あるいは全て異なる犯人が単独で起こした事件なのか?だとしたら動機は?

その謎をこれから追いかけていく。

【広告】

 

第10話へ

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

BD
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1