アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

狼と香辛料 全話感想

公式動画(DSソフト)

youtu.be

放送
2008年1月~3月
制作・スタッフ

原作:支倉凍砂

監督:高橋丈夫

脚本:荒川稔久

キャラクターデザイン・総作画監督:黒田和也

美術監督:小濱俊裕

色彩設計:佐野ひとみ

撮影監督:松井伸哉

編集:渡辺直樹

音響監督:高桑一

音楽:吉野裕司

プロデューサー:石黒達也、徳田直已、鈴木智子、松永裕一、あらかわまさのぶ

アニメーション制作:IMAGIN

製作:「狼と香辛料」製作委員会(ポニーキャニオン、メディアワークス、角川映画、ムービック、IMAGIN、JVCエンタテインメント)

<img src=”wolf.jpg” alt=”たたずむ狼”>

主要人物:声優

ロレンス:福山潤

ホロ:小清水亜美

マールハイト:大塚芳忠

ゼーレン:浪川大輔

クロエ:名塚佳織

ワイズ:花輪英司

ノーラ:中原麻衣

ヤコブ:辻親八

レメリオ:郷田ほづみ

リーベルト 堀内賢雄

OP「旅の途中」清浦夏実
旅の途中

旅の途中

 
ED「リンゴ日和 〜The Wolf Whistling Song」ROCKY CHACK
リンゴ日和?The Wolf Whistling Song

リンゴ日和?The Wolf Whistling Song

 
評価 ★★★★☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

中世ヨーロッパ風の世界を舞台にした商人もの。 

狼神のホロが行商人のロレンスと旅をしながら、商売について、人間について様々なアドバイスをしていく。

特筆すべきは、ホロが昔の郭言葉(くるわことば、ありんすことば)を話すこと

もちろん彼女は娼婦ではないので、これは単なるキャラ付けなのだろう。

 

 

世界観はしっかりと練られているが、いかんせん商売ものなのでアクションに乏しく、全体的に割と退屈な作品

ホロの萌え感や、ツンデレ具合もどこかいまいち。

そこを狙ったのか狙っていないのかすらよくわからなかった。

主人公のロレンスや他のキャラクター達にもあんまり感情移入できなかった。

なので、見終わった後にはありんすことばの語感しか頭に残らなかった

 

中世ヨーロッパの世界観が好きで、ゆったりとした作品が好みならハマるかもしれない。

【広告】

 

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作
狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫)

 
狼と香辛料 1巻-17巻セット (電撃文庫)

狼と香辛料 1巻-17巻セット (電撃文庫)

 
BD
狼と香辛料 Blu-rayBOX COMPLETE EDITION (完全初回限定生産)

狼と香辛料 Blu-rayBOX COMPLETE EDITION (完全初回限定生産)