アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

あの日見た花の名前を僕はまだ知らない 全話感想

公式動画(劇場版)

www.youtube.com

放送
2011年4月~6月
制作・スタッフ

原作:超平和バスターズ

監督:長井龍雪

脚本:岡田麿里

キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀

音楽:REMEDIOS

美術監督:福島孝喜

色彩設定:中島和子

撮影・CG監督:那須信司

編集:西山茂

音響監督:明田川仁

アニメーションプロデューサー:岩田幹宏

チーフプロデューサー:清水博之、山本幸治(フジテレビ)

プロデューサー:斎藤俊輔、尾崎紀子

アニメーション制作:A-1 Pictures

<img src=”flower.jpg” alt=”あの日見た花の名前”>

主要人物:声優

じんたん(宿海仁太) :入野自由

めんま(本間芽衣子):茅野愛衣

あなる(安城鳴子):戸松遥

ゆきあつ(松雪 集):櫻井孝宏

つるこ(鶴見知利子):早見沙織

ぽっぽ(久川鉄道):近藤孝行

OP「青い栞」ガリレオ・ガリレイ 

www.youtube.com

ED「secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)」

(動画はZONEのもの)

www.youtube.com

評価 ★★★★★

animesuki.hatenadiary.jp

感想

長井龍雪(監督)と岡田麿里(脚本)という後の「鉄血のオルフェンズ」コンビが送る泣きアニメ。

animesuki.hatenadiary.jp

アニメや漫画ではめったに泣かない自分が2回見て2回とも泣かされたのでかなりガチだと思ってくださいw

 

死や、引きこもり、疎外感、格差などの重たい主題が冒頭から散見されるが、それでいて全体的にすーっと透き通ってサラサラした印象が続くので観ていて辛くはならなかった

また、アクションやドタバタ系の展開が全くないにもかかわらず、回を重ねるごとにスピード感が増していき、盛り上がっていく構成が見事。

とはいえ、10話くらいまでは特に泣き所はなく、まぁこんなもんか、普通に良かったけど…と油断していたらラストに2話で急激に来ますw

 

それにしても、めんま(ヒロイン)の扱い方はかなりずるい。

前半たっぷりと無邪気な様子を描いたのは後半への振りだろう。

「鉄血のオルフェンズ」でも似たような使い方をされているキャラが何人かいて、これが長井・岡田コンビの常套手段なのだろうか? 

確かに感動したし、泣いたし、サプライズだったが、あまりにも作者がキャラクターを支配しすぎている感じがしていい気持ちはしない

 

とは言え、本作は間違いなく傑作です。

泣きたくない人は絶対に見ないように!

【広告】

 

類似作品

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

BD
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(完全生産限定版)