アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

当ブログ管理人八幡謙介の小説

 

 

魔道祖師 前塵編第1話「禁断の召喚」解説

当解説はネタバレを含んでいる可能性があります。
世界観、設定、人物などについてはこちらをご覧下さい。
プロローグ1

仙術使いの名家である仙門百家、その中でも特に名家とされるのが

 

  • うんむジャン氏(雲夢江氏)
  • こそラン氏(姑蘇藍氏)
  • らんりょうジン氏(蘭陵金氏)
  • きざんウェン氏(岐山温氏)
  • せいがニエ氏(清河聶氏)

 

の五大世家。

さらにその中で”きざんウェン氏(岐山温氏)”が最も強く、横暴で、民を苦しめていた。

そんな”きざんウェン氏(岐山温氏)”を残りの四氏が中心となって討伐。

そこに主人公のウェイ・ウーシエン(魏 無羨)も参加し、”ウェン(温)氏”討伐に抜群の功績をあげる。

しかし、彼の邪悪な力を恐れた仲間たちは、結託して功労者であるウェイ・ウーシエン(魏 無羨)を殺害する。

玄正二十年

物語上の架空の年号。

玄正二十年は”きざんウェン氏(岐山温氏)”討伐の戦争中。

 

”きざんウェン氏(岐山温氏)”が大勢で山を捜索していると、大量の死体を発見。

死んでいるのも味方のウェン氏たち(着物の柄が同じ)。

笛の音が聞こえてくると、死体が起き出す。

「あの鬼笛…陳情(ちんじょう)だ」 

 

  • 鬼笛

  死体を蘇らせる法具。

  • 陳情

  夷陵老祖(いりょうろうそ)=ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)が使う笛。

 

”きざんウェン氏(岐山温氏)”からしたら天敵ともいえるウェイ・ウーシエン(魏 無羨)=夷陵老祖(いりょうろうそ)が吹く笛なので誰もが知り、恐れている。

彼が本作の主人公。

 

  ウェイ(魏)

  イン(嬰)

  ウーシエン(無羨)

  • 号 

  夷陵老祖(いりょうろうそ)

  • 術 

  死体を操る鬼道

中国名についてはこちらを参照

animesuki.hatenadiary.jp

 

”きざんウェン氏(岐山温氏)”一行は味方が生き返り襲ってきたので驚いて動けなくなっている。

恐らくウェイ・ウーシエン(魏 無羨)はこのような作戦で次々と”きざんウェン氏(岐山温氏)”の部隊を撃破していったのだろう。

敵味方どっちが死んでも鬼笛で自分のための軍勢にできるから、チートみたいな存在。

プロローグ2 玄正二十五年 酒場の噂話

先の戦いから五年後。

夷陵老祖(いりょうろうそ)=ウェイ・ウーシエン(魏 無羨) が死んだ。

殺したのはジャン・チョン(江 澄)←第二話から登場。

”きざんウェン氏(岐山温氏)”を討伐した四世家”うんむジャン氏(雲夢江氏)”、”こそラン氏(姑蘇藍氏)”、”らんりょうジン氏(蘭陵金氏)”、”せいがニエ氏(清河聶氏)”で乱葬崗(らんそうこう)=ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)の根城を討伐した。

 

夷陵老祖(いりょうろうそ)=ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)と”うんむジャン氏(雲夢江氏)””こそラン氏(姑蘇藍氏)””らんりょうジン氏(蘭陵金氏)””せいがニエ氏(清河聶氏)”は”きざんウェン氏(岐山温氏)”討伐で手を組んでいた。

それが冒頭の戦い。

ただ、”うんむジャン氏(雲夢江氏)”はウェイ・ウーシエン(魏 無羨)によって滅亡寸前にまで追い詰められた。それがいつなのかはたぶん物語のどこかで分かる。

 

  • 陰虎符(いんこふ)

  死体を操るための法具。

  ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)が発明。

  第一話後半で登場。

 

  • 「脱舍(だっしゃ)して生き返ったりしないのか?」

  脱舍=他人の身体を乗っ取ることで自分の魂が蘇ること。

 

「修行者の仙師たちが乱葬崗(らんそうこう)で陣を張っても反応はなかった」

ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)が脱舍して蘇ろうとするだろうと思い、先につかまえるための陣を張って待っていたのだろう。

しかし、反応はなかった。

 

この雑談では夷陵老祖(いりょうろうそ)=ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)の魂は塵と化したらしいと結んでいる。

 

前塵編とは、ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)の魂が塵と化す前までの編ということだろう。

モー・シュエンユー(莫 玄羽)
  • 父親

  ジン・グアンシャン(金 光善)。”らんりょうジン氏(蘭陵金氏)”の前宗主。

  モー(莫)婦人の妹。

 

モー・シュエンユー(莫 玄羽)は隠し子。

 

元々父方の”らんりょうジン氏(蘭陵金氏)”の元にいたが追い出され、母方のモー(莫)家に居候することとなった。

モー(莫)家の人間から虐待を受けており復讐のためウェイ・ウーシェン(魏 無羨)を復活させる。

ただし、ここに謎が潜んでいて、解決されないまま話は進んでいくので、どこかで伏線になっていそう。

献舎(けんしゃ)の術

モー・シュエンユー(莫 玄羽)が行なっている呪術のこと。

悪霊に魂を捧げ、願いを叶えてもらう。

莫 子淵(モー・ズーユエン)

モー家の子息。

モー・シュエンユー(莫 玄羽)を蹴ってるデブの方。

他家こら居候しているモー・シュエンユー(莫 玄羽)をずっといじめている。

子分のチビは覚えなくてOK。

 

「たしかに父親は仙門の宗主だろうが、お前は所詮隠し子だ」

モー・シュエンユー(莫 玄羽)の父親、ジン・グアンシャン(金 光善)のこと。

目を覚ますモー・シュエンユー(莫 玄羽)

既にウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の魂がモー・シュエンユー(莫 玄羽)の体に入っている。

ここから第二話の終わりまで、モー・シュエンユー(莫 玄羽)の体に中身はウェイ・ウーシェン(魏 無羨)で話が進んでいく。

本ブログではモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)と表記する。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)のミッション

禁術で目覚めた鬼神は必ず願いを叶えないと呪いに体を蝕まれる。

しかしウェイ・ウーシェン(魏 無羨)を召喚したモー・シュエンユー(莫 玄羽)はその願いを告げずに体を明け渡した。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)はモー・シュエンユー(莫 玄羽)の願いが何なのかを探さなくてはならない。

対象が自分をいじめているモー・ズーユエン(莫 子淵)ということはだいたい分かるが、具体的に何をすればいいのか?

【伏線】腕の傷

あとで分かる

「仙師が来るって?」
  • せんし

  ○仙師

  ×戦士

 

仙術を使う仙門家の道士のこと。

モー家荘の裏山で人を襲った屍を退治しに来る。

話の途中で空を影が二つ通り過ぎていく←仙師が空を飛んでいる。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)がロバでモー・ズーユエン(莫 子淵)を追いかけてる時、その飛んでいる仙師が見える。

モー(莫)邸を訪れた仙師
  • ラン・ユエン(藍 愿)

  字呼びだとラン・スージェイ(藍 思追)

  • ラン・ジンイー(藍 景儀)

  字がない?

 

二人とも”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の若者。内弟子。

低級妖魔退治だと思っていたので、下っ端を派遣したのだろう。

白い服と抹額(まっこう:鉢巻)が”こそラン氏(姑蘇藍氏)”のトレードマーク。

夜狩り

妖魔は夜出るので、妖魔退治を「夜狩り」という。

巻雲紋の抹額(けんうんもんのまっこう)

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は、道士の鉢巻を見て「巻雲紋の抹額」(けんうんもんのまっこう)=”こそラン氏(姑蘇藍氏)”のユニフォームだとすぐ気づいた。なぜなら中身のウェイ・ウーシェン(魏 無羨)は彼らと共に戦い、後に敵対して死んだから。

【伏線?】

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)「お前の手を切り落としてやる」

伏線っぽいが現時点で不明。

召陰旗を準備
  • 召陰旗(しょういんき)

  ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)が過去に発明した法具。

  人の気を餌に魔物などを呼び寄せる旗。

 

”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の若者はこの法具を使い邪祟(じゃすい)を呼び寄せる作戦。

 

  • 邪祟(じゃすい)

  怨念の集まり。実態はない。

  妖魔とは違う。

【広告】

 

【伏線】どうやってモー・シュエンユー(莫 玄羽)は献舎の術を知った?

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の魂を召喚した献舎の術は失われた禁術。

痴れ者がどうやって知った?

また、どうやってウェイ・ウーシェン(魏 無羨)を召喚した?

おそらく長い長い伏線になっている。

俺を殺せと言ったくせに

恐らくラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)への愚痴。

第一話最後に出てくる。

乱葬崗の戦いで自分を討伐したラン・ジャン(藍 湛)の属する”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の若者が、自分が発明した法具(召陰旗:しょういんき)を使っているという皮肉。

死体を眺めるモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)

モー・ズーユエン(莫 子淵)の死体を眺めているモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)。

このとき、モー・ズーユエン(莫 子淵)の胸に召陰旗(しょういんき)があることを発見したのだろう。

【伏線】モー・ズーユエン(莫 子淵)の左手消失

モー・ズーユエン(莫 子淵)が邪祟(じゃすい)に生気を吸い尽くされて死亡。

左手がなくなっている←現在ではわからないが、伏線っぽい。

モー・ズーユエン(莫 子淵)の死体を蹴るモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は錯乱したふりをしてモー・ズーユエン(莫 子淵)の死体を蹴る。

ひっくり返ったモー・ズーユエン(莫 子淵)の胸から召陰旗(しょういんき)が。

召陰旗(しょういんき)は邪祟(じゃすい)を引き寄せる。

これを胸に持っていたモー・ズーユエン(莫 子淵)は邪祟(じゃすい)に襲われて死んだことが明白。

では彼は自ら召陰旗(しょういんき)を胸にしまったのか?

盗み癖があった?

それとも誰かにハメられた?

傷が減っている

献舎の術でモー・シュエンユー(莫 玄羽)がかけた呪いのうち一つがモー・ズーユエン(莫 子淵)殺害だったらしい。

そこからモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は、モー・シュエンユー(莫 玄羽)の呪いがモー・ズーユエン(莫 子淵)、莫婦人、子分の三人の殺害だと予測する。

 

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は自分が発明した召陰旗(しょういんき)で自分を蘇らせたモー・シュエンユー(莫 玄羽)の望みを偶然叶えたことに感嘆する。

子分の妖魔化

忍び寄る何か。

実態がないので恐らくこれは邪祟(じゃすい)。

子分の口から侵入し、妖魔化させる。

左腕が発達したことに注意。

余裕のモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)

中身は鬼道の達人ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)なので、こんな下級妖魔程度に恐怖心などない。

邪祟(じゃすい)が出て行く

子分に取り憑いた邪祟(じゃすい)がお札で一旦出て行った。

斥霊符(せきれいふ)の陣

この時点でラン(藍)氏二人は、敵は怨霊だと推測し、侵入痕跡を測る斥霊符(せきれいふ)の陣を張る。

この陣内に怨霊が入ると陣が壊れる。

しかし陣は壊れていないので、ラン(藍)氏の若き仙師たちは、敵は怨霊ではないと知る。

怨霊の定義

七日で一人殺すものを「警戒すべき怨霊」と夷陵老祖(いりょうろうそ)=ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)は定めた。

今夜襲ってきた何者かは既に二人殺しているので、怨霊よりも邪悪。

 

ちなみに、目の前にいるのが夷陵老祖(いりょうろうそ)=ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)なのだが、見た目はモー・シュエンユー(莫 玄羽)なので若者たちにはそれが分からない。

花火
”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の家紋である巻雲紋(けんうんもん)の花火。

味方への救援信号。

「嫌な予感」

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は巻雲紋(けんうんもん)の花火を見て「嫌な予感がするなあ…。もし知ってる奴が来たら…」とつぶやく。

予感通り旧知の仲のラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)が救援に駆けつける。

傷が消えた

献舎の呪いの傷が三本とも消えた。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)の推理通り、呪いの対象はモー・ズーユエン(莫 子淵)、子分、母親の三人。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)がラン・ジンイー(藍 景儀)を蹴った

ラン・ジンイー(藍 景儀)が仲間のラン・スージェイ(藍 思追)に「気をつけろ!」と言った直後、モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)がラン・ジンイー(藍 景儀)を蹴った。

すると妖魔の手がラン・ジンイー(藍 景儀)の衣に触れ、妖魔は怯んだ。

衣の呪文が効いている

ラン・スージェイ(藍 思追)が「衣の呪文が効いている。今だ!」と言う。

もともと”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の二人は夜狩りのために衣に術を施していたらしい。

若干怯むモー婦人。

”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の二人で恐らく邪祟(じゃすい)を封じ込める陣を張ったが、破られた。

死体操作

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)はモー・ズーユエン(莫 子淵)の死体を操る。

鬼道を使えばさすがに仙師である”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の若者にも自分が伝説の夷陵老祖(いりょうろうそ)=ウェイ・ウーシエン(魏 無羨)だとバレるかもしれないが、仕方なく。

ラン(藍)氏たちも何か勘付く。

一瞬我に帰るモー婦人

襲ってきた息子を見て一瞬我に帰るモー婦人。

子を思う愛情がそうさせた?

しかし、また邪祟(じゃすい)に乗っ取られる。

重力系の術

モー婦人が突然重力系の術で攻撃される。

助っ人にラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)登場。

月をバックにする演出は冒頭の夷陵老祖(いりょうろうそ)登場シーンでも使われた。

中華的な美しさ。

ラン・ジャン(藍 湛)は琴で様々な術を使う。

重力攻撃はその一種。

第2話解説へ

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作をAmazonで見る
魔道祖師 前塵編Blu-rayをAmazonで見る
魔道祖師 前塵編(完全生産限定版) [Blu-ray]

魔道祖師 前塵編(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: Blu-ray
 
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com

当ブログ管理人八幡謙介の小説