アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

魔導祖師 前塵編 第二話「運命の再会」解説

当解説はネタバレを含んでいる可能性があります。
世界観、設定、人物などについてはこちらをご覧下さい。

animesuki.hatenadiary.jp

第一話解説を読む

animesuki.hatenadiary.jp

含光君(がんこうくん)

ラン・ジャン(藍 湛)の号。

ラン・ジャン(藍 湛)をおさらいしておくと、

 

  • 仙門 

  "こそラン氏(姑蘇藍氏)"

  白い服と鉢巻きが特徴。

  • 姓 

  ラン(藍)

  • 諱(いみな) 

  ジャン(湛)

  •  

  ワンジー(忘機)

  • 号 

  含光君(がんこうくん)

  • 通り名 

  ランの二の若様

  避塵(ひじん) 法具
  • アイテム
  忘機琴(ぼうききん)

   重力系能力あり。 

備考

"きざんウェン氏(岐山温氏)"討伐のためかつてウェイ・ウーシェン(魏 無羨)と共に戦った。後ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)を討伐する。

逃げるモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)

かつての盟友にして仇が現れた。

自分(中身のウェイ・ウーシェン)が蘇ったことがバレると何かと厄介なので逃げた。

人に呂布あり馬に赤兎あり

三国志の台詞?

原文は「人中有呂布 馬中有赤兎」。

呂布は名将、赤兎馬は伝説の名馬。

縛仙網(ばくせんもう)

人間、妖魔、霊なども捕らえられる網。高価。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は縛仙網(ばくせんもう)が仕掛けてあることにいち早く気づき、間一髪逃れた。 

ジン・リン(金 凌)
  • 仙門 

  "らんりょうジン氏(蘭陵金氏)"

  • 姓 

  ジン(金)

  • 諱(いみな) 

  リン(凌)

  •  

  ルーラン(如蘭)

  • カラー 

  金

  • 見分け方 

  センター分け、額にマーク

  • 備考 

  金持ち(縛仙網は高い)、わがまま。

  若者なので諱で呼ばれることが多い。

「なんだお前か」

ジン・リン(金 凌)はモー・シュエンユー(莫 玄羽)を知っている。

モー・シュエンユー(莫 玄羽)は元々"らんりょうジン氏(蘭陵金氏)"  だったが追い出されてモー家に居候している。

 

「実家に追い返されて全部忘れたか?金星雪浪(きんせいせつろう)の衣まで」

金星雪浪(きんせいせつろう)とは金氏の家紋。その家紋が入ったジン(金)氏の衣を着ていないことを皮肉っている。

当然、ジン・リン(金 凌)はモー・シュエンユー(莫 玄羽)の中身がウェイ・ウーシェン(魏 無羨)だとは知らない。

また、中身のウェイ・ウーシェン(魏 無羨)もモー・シュエンユー(莫 玄羽)が元"らんりょうジン氏(蘭陵金氏)"  だとは知らなかった

すぐに父親がジン・グアンシャン(金 光善)だと分かったのは、ジン・グアンシャン(金 光善)が女好きで有名だったから。

疑惑

ジン・グアンシャン(金 光善)はウェイ・ウーシェン(魏 無羨)が討たれた乱葬崗の戦いの功労者。その子供であるモー・シュエンユー(莫 玄羽)からしたらウェイ・ウーシェン(魏 無羨)は父が討伐した悪者

なぜその相手を献舎で召喚し、命を捧げたのか?

自分より年長のものに向かって…

「自分より年長の者に向かってそんな口を聞くとは、母親はどんな教育をした?」

たぶん中身のウェイ・ウーシェン(魏 無羨)として言っている。

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)からしたらジン・リン(金 凌)は小僧。

ジン・リン(金 凌)からしたらモー・シュエンユー(莫 玄羽)は仙門の恥。

見下している相手から母親を侮辱されたのでキレた。

 

憶測だがモー・シュエンユー(莫 玄羽)はたぶんジン・リン(金 凌)より年下。だから「年長者云々」に疑問を抱いてもおかしくないが、キレたことでそれがうやむやになった。

おっきい霊を召喚

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)が葉っぱを掴み、「来い、魂」と言うと、おっきい霊が現れジン・リン(金 凌)を圧迫。

これは暴食魂(ぼうしょくこん)というデブの霊らしい。

【伏線?】ジン・リン(金 凌)の剣

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)はジン・リン(金 凌)の剣を取り「やっぱりいい剣だな。どこかで見たことがあるようだが」と言う。

多分伏線。

ジャン・チョン(江 澄)

ジン・リン(金 凌)の叔父。

 

  • 仙門

  "うんむジャン氏(雲夢江氏)"

  ジャン(江)

  • 諱(いみな)

  チョン(澄)

  ワンイン(晩吟)←あんま呼ばれない

  三毒聖手(さんどくせいしゅ)←あんま呼ばれない

  • カラー

  紫

  三毒←あんま使わない

  • 武器、アイテム

  紫電(指輪と、そこから放たれる紫色のムチ)

  •  備考

  ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の盟友にして彼を殺害した人物。

 

また月明かりに照らされる演出。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)としては絶対蘇ったことがバレたくない。

術を解く

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は密かに術を解こうとするが、ジャン・チョン(江 澄)に見破られる。

もしかしたらジャン・チョン(江 澄)はウェイ・ウーシェン(魏 無羨)のこの術を知っている?

「邪道の使い手に出逢ったら殺して犬の餌にしろ」

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)を殺したジャン・チョン(江 澄)らしい考え。

やはりモー・シュエンユー(莫 玄羽)の中にウェイ・ウーシェン(魏 無羨)が蘇っていることをもう悟っている?

【伏線】「この子は」

ジン・リン(金 凌)に攻撃された瞬間、モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は「この子は!」と意味ありげに驚く。

たぶんなんらかの伏線。

ラン・ジャン(藍 湛)再登場

ラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)再登場。

また月バックw

この演出好きかよww

関係性を整理
  • ラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)
  "こそラン氏(姑蘇藍氏)"  の宗主あるいはナンバー2ぐらい。
  ジン・リン(金 凌)の師匠。
  ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)とは元仲間、後敵対。
  ジャン・チョン(江 澄)とは元仲間。
 
  • ジン・リン(金 凌)
  ラン・ジャン(藍 湛)の弟子。
  仙門は"らんりょうジン氏(蘭陵金氏)" 
  ラン・ジャン(藍 湛)の元に留学し、師事。
  ジャン・チョン(江 澄)の甥っ子。
 
  • ジャン・チョン(江 澄)

  "うんむジャン氏(雲夢江氏)"の宗主。

  ジン・リン(金 凌)の叔父。

  ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)とは元仲間、後敵対。

  ラン・ジャン(藍 湛)とは元仲間。

 

  • ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)

 モー・シュエンユー(莫 玄羽)の身体に魂を宿している

 周りからは今のところモー・シュエンユー(莫 玄羽)として見られている

 ジャン・チョン(江 澄)、ラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)とは元仲間で、後敵対し、殺された。

 

  • モー・シュエンユー(莫 玄羽)

  元"らんりょうジン氏(蘭陵金氏)"  にいた。

  ジン・リン(金 凌)からすれば同門の恥晒し。

 

"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  の若者二人(白装束)からすればジン・リン(金 凌)は本来同輩ぐらいだが、他仙門の若君なのでへりくだっている。

ジン・リン(金 凌)をたしなめるラン・スージェイ(藍 思追)  

ラン・スージェイ(藍 思追)はジン・リン(金 凌)に対し、「若様、夜狩は公平に競うものです。大梵山に網を張り巡らしては、他の仙師の動きを阻みます。これは夜狩の規則に反するのでは?」とたしなめる。

他門の若君にきちんと敬意を払いつつも、悪いことは悪いとはっきり言う、"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  イズムがうかがえる。

ジン・リン(金 凌)の性格

ラン・スージェイ(藍 思追)の進言を一笑に付すジン・リン(金 凌)。

ルールを無視して高価な法具を使いまくり、他人に迷惑をかけて注意されても聞く耳を持たない。

わがままなお坊ちゃん。

【広告】

 

部下からの報告

藍色の剣がジン(金)の若様の縛仙網(ばくせんもう)を全て切り裂いた。

"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  の剣か?

ラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)は弁償すると言う。

怒るジャン・チョン(江 澄)

ジャン・チョン(江 澄)が紫電(指輪)をいじると紫色の光が発せられる。

この紫の光を鞭として攻撃や術に使う。

終わりだ

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)「終わりだ、簡単には収まらないぞ」。

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)はジャン・チョン(江 澄)が紫電を使うときは相当怒っているときだと知っている。

大梵山

大梵山(近くの山?)に大量の邪祟(じゃすい)がいる。

モー(莫)婦人に取り憑いた邪祟(じゃすい)も大梵山に逃げた。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)に会釈するラン・ジャン(藍 湛)・

「鬼道を納めた俺を天敵とばかりに捕らえようとしてたのに、人が変わったようだ」

 

昔、夷陵老祖(いりょうろうそ)となって鬼道を納めた中身のウェイ・ウーシェン(魏 無羨)を敵視していたのに、鬼道の片鱗を見せたモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)に対しては敬意を示していることに驚いた。

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の過去

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の母親は幼い頃に殺されたらしい。

大梵山

ジン・リン(金 凌)「ついてくるなよ」

ラン・ジンイー(藍 景儀)「じゃあ聞くが、大梵山はお前の家か?」

 

この会話から、シーンが変わってここが大梵山だとわかる。

ジン・リン(金 凌)が夜狩の場を大梵山に移し、偶然ラン・ジンイー(藍 景儀)、ラン・スージェイ(藍 思追)もそうした。

また出会って喧嘩になった。

描写が簡素すぎるのでわかりづらい。

天女像

鬼腕が取り憑いた。

この鬼腕は恐らくモー(莫)家を襲った邪祟(じゃすい)。

仙師集合

洞窟から天女が出てくると、ちょうど大梵山で夜狩中の他仙門の仙師たちも集まってきた。

妖気に反応してか?

鬼腕(伏線?)

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)は術で天女像を封じようとするが、鬼腕だから効かない。

鬼腕とは?

これは語られずじまい。

やはり伏線か?

奥義を使え

仙師の一人が「奥義を使え」と言った(ように聞こえる)。

馬鹿でかい鐘のこと。

特大サイズの妖魔を捕らえるための術か?

しかしこれも破られる。

信号を放て

第一話で出てきた花火のこと。

しかしもう使い切ってしまった。

 

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)がラン(藍)氏の若者を「坊やたち」と呼んだのは、自分がモー・シュエンユー(莫 玄羽)の体を借りていることを忘れているからか?

中身のウェイ・ウーシェン(魏 無羨)からすれば彼らは坊や。

笛の音

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)がついに皆の前で鬼道を使う。

笛がどこから来たのか不明。

 

わざと音を外したり粗く吹いている感じがするのは気のせいか?演出?

 

"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  の若者はこれが何なのか分からない。

彼らにとってウェイ・ウーシェン(魏 無羨)は伝説上の人物で、実際に鬼道を操る姿は教わってないのか?

"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  は上層部がお堅く、鬼道の話すら禁じられているので(第三話参照)、若い世代がウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の術を知らなくても不思議ではない。

ウェン・ニン(温 寧)

"きざんウェン氏(岐山温氏)"の仙師。

四大世家に討伐されるが、ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の術で屍として復活。

以後、鬼将軍と呼ばれる。

ちなみに中国語の「鬼」は亡霊という意味

 

ウェン・ニン(温 寧)がここ大梵山に眠っていたのは偶然か?

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)もまさかウェン・ニン(温 寧)が召喚されるとは思ってなかったらしい。

ちょっとご都合主義かも。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)の瞳

再び笛を吹くと、モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)の瞳から一瞬赤い火花が。

これも伏線か?

ちょっと黒バスのゾーンっぽいw

封悪乾坤袋

妖魔などを封じるための袋。

ちょっとドラゴンボールの「魔封波」っぽい。

また笛を吹く

優しい曲を吹くモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)。

すると、ウェン・ニン(温 寧)は大人しくなる。

曲調で死体を操作するのか?

 

これもちょっと外れてる感じがする。

ラン・ジャン(藍 湛)登場

そこへラン・ジャン(藍 湛)=含光君(がんこうくん)が登場し、なんとも言えない目でモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)を見る。

 

自分がウェイ・ウーシェン(魏 無羨)だとバレる瀬戸際だが、さらに今度は激しい調子で笛を吹く。

たぶん退去の曲?

去るウェン・ニン(温 寧)と追う仙師たち。

紫電

背後から紫色のムチが。

これはジャン・チョン(江 澄)の紫電。

しかしそれをラン・ジャン(藍 湛)が忘機琴(ぼうききん)で撃退。

紫電と奪舎
  • 奪舎

  献舎の逆で、魂となった者が誰かの肉体を強引に奪い、復活すること。

 

紫電は単なる武器ではなく、奪舎した者を打つとその魂を取り出せる。

ジャン・チョン(江 澄)はモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)の正体を見破った。ただしそれを奪舎による復活だと見誤る

"らんりょうジン氏(蘭陵金氏)"  の家系であるモー・シュエンユー(莫 玄羽)が、かつて一族が討伐したウェイ・ウーシェン(魏 無羨)に献舎するはずはないという推理は妥当。

しかし実際はモー・シュエンユー(莫 玄羽)の献舎でウェイ・ウーシェン(魏 無羨)は復活しているので、紫電では彼の魂は取り出せない。

「上等だ、戻ってきたのか、ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)」

ジャン・チョン(江 澄)はウェイ・ウーシェン(魏 無羨)の魂が戻ってきたことを見抜いた。

紫電で打たれたモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)はジャン・チョン(江 澄)の紫電で打たれたが、魂は出てこない

上記のように献舎で蘇ったから。

 

"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  の若者によると、紫電で二度打つのは道義に反するらしい。

モー・シュエンユー(莫 玄羽)、ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)じゃない説

モー・シュエンユー(莫 玄羽)は美しい者なら男、女、動植物何にでも笑いかける痴れ者。

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)は腐っても風流者だった。そんなウェイ・ウーシェン(魏 無羨)が痴れ者を奪舎するか?

ラン・ジャン(藍 湛)の呼び方

ラン・ジャン(藍 湛)が複数名で呼ばれているのでまとめる。

 

  • ジャン・チョン(江 澄)

  →ラン(藍)氏の二の若様

  • モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)

  →ジャン(湛)宗主

  →含光君(がんこうくん)

 

ちなみに、下記でも説明したが、目下のものが目上の者を諱(いみな)で呼ぶのは極めて失礼とされる。

animesuki.hatenadiary.jp

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)がラン・ジャン(藍 湛)を「ジャン(湛)宗主」と諱(いみな)呼んだら、普通ならラン・ジャン(藍 湛)はブチ切れていいはず。

ではなぜモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)はそう呼んだかというと、あえてラン・ジャン(藍 湛)にキレられてこの場を解放されたいから。

「この者は私がラン(藍 )家へ連れて帰る

ラン・ジャン(藍 湛)はモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)にさんざん失礼な振る舞いをされたが、なぜかラン(藍)家に連れて帰る。

モー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)の目論見は外れる。

ラン(藍)家とは、"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  のホームである雲深不知処(うんしんふちしょ)

雲深不知処(うんしんふちしょ)

唐の詩人・賈島の五言古詩「尋隠者不遇」の一節。

「雲深くして処(ところ)を知らず」という意味。
”こそラン氏(姑蘇藍氏)”の隠れ家的場所。
駄々をこねるモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)

過去、ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)としてこの雲深不知処(うんしんふちしょ)で過ごしたことがあるから。

戒律だらけで窮屈な思い出があるから嫌がっている。

二十年前

ここまでが玄正二十五年。

そこから二十年前なので玄正五年の雲深不知処(うんしんふちしょ)に話が戻る

ここから過去編がスタートし、"きざんウェン氏(岐山温氏)"との戦いまでを描写。

ウェイ・ウーシェン(魏 無羨)とラン・ジャン(藍 湛)

一見さっきまでと同じモー・シュエンユー(中身ウェイ・ウーシェン)かと思うが、二十年前なので、今はウェイ・ウーシェン(魏 無羨)本人

風貌や服装が同じなので分かりづらい。

ラン・ジャン(藍 湛)もいるがこちらも二十年前なのに同じ。

若き日のウェイ・ウーシェン(魏 無羨)は"こそラン氏(姑蘇藍氏)"  のホームである雲深不知処(うんしんふちしょ)に仙術の留学に来ていたらしい。

魔導祖師 前塵編第三話解説を読む

 

原作をAmazonで見る
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com