アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

恋と呼ぶには気持ち悪い 全話感想

公式動画

youtu.be

放送
2021年月~月
制作:スタッフ

原作:もぐす(comic POOL/一迅社刊)

監督:中山奈緒美

助監督:山田 卓

シリーズ構成:柿原優子

キャラクターデザイン・総作画監督:藤田まり子

美術監督:三宅昌和

色彩設計:児玉尚子

撮影監督:松井伸哉

オフライン編集:渡邉千波

音響監督:小泉紀介

音楽:堤 博明

音響制作:ソニルード/ブルームズ

アニメーションプロデューサー:衣川 徹

アニメーション制作:ノーマッド プロデュース:斎藤俊輔

製作総指揮:夏目公一朗

製作:恋きも製作委員会

主要人物:声優

有馬一花:小坂井祐莉絵

天草亮:豊永利行

天草理緒:長谷川玲奈

多丸快:榎木淳弥

松島有枝:花澤香菜

益田:木村良平

OP「モノクロシティ」ACE COLLECTION

youtu.be

ED「リアリナ」まるとりゅうが 

youtu.be

評価 ★★★★☆

animesuki.hatenadiary.jp

感想

女子高生と社会人のドタバタ恋愛劇。

社会人の天草はイケメンで仕事もできて、過去には散々女遊びをしてきたが、ヒロインに出会って改心する。

天草の一途だけどウザいアプローチが毎回クスっと笑えてリラックスできる作品。

その天草に恋をしている同僚のアリエッティ(あだ名)もいい味を出していた。

 

大人の恋愛感、高校生の恋愛観、同時に味わえてちょっと贅沢な感じのラブコメだった。

登場人物の心理描写も秀逸で、やや説明的だがとても分かりやすかった。

作中、憎悪や嫉妬、そこから派生するトラブルが全く描かれていないので、嫌な気分にならない。

その分リアリティに欠けるといえば欠けるが、愛憎劇を観る体力がないときにはちょうどいい。

どろどろ系が好きな人は退屈するかも。

 

ラストは綺麗にまとめていて、すっきりした気持ちで終了。

突き抜けた新しさはないが、完成度の高い作品だった。

【広告】

 

類似作品をチェックする

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

原作をAmazonで見る
Blu-rayをAmazonで見る
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com