読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第24話「孤城落日」解説

9課による瀬良野誘拐のリーク 恐らく薬島の息のかかった者によるマスコミへのリーク。 これにより9課の存在や活動が表沙汰となり、内政問題に発展していく。 驚くトグサに荒巻は「慌てるな、作戦が動き始めたまでだ」

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)2 全話感想

カズマ、めぐみん、ダクネス、アクアのおバカカルテットがあいかわらずの調子で冒険していく。 目新しい要素は皆無。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2(第2期)全話感想

第一期の世界観を壊さずに広がるところは広げ、収束させるところは見事にまとまり、どんでん返しとサプライズの連続で息もつかせずにラストへと向かう構成は見事としか言いようがない。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第23話「善悪の彼岸」解説

薬島薫 元海上幕僚長、現連合与党幹事長。 「笑い男事件」発生当時の厚生大臣。 電脳技術の管轄を通産省から厚生省に移し、今の地位を築いた。 海自との間に黒い繋がりがある。

コードギアス 反逆のルルーシュ(第1期)全話感想

// 公式動画 なし 基本情報 原作: 大河内一楼 大河内 一楼 (@ichirou_o) | Twitter 谷口悟朗 谷口悟朗 - Wikipedia 制作:サンライズ SUNRISE Inc. 監督:谷口悟朗 谷口悟朗 - Wikipedia 放送:2006年10月~2007年7月 公式サイト:http://www.ge…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第22話「疑獄」解説

神崎議員 第19話「偽装網に抱かれて」で登場。 神崎の娘がロシアのスパイに拉致されたのを9課が救った。 神崎はそのお礼に荒巻に「薬島幹事長には気をつけろ」と忠告しにきた。

キルラキル 全話感想

どこか昭和を思わせる作画やアクション。 全体的になんというか、騒がしいアニメだなという印象。 好みは完全に分かれると思う。

侵略!?イカ娘 第2期 全話感想

基本的に、第一期と何も変わらず。 相変わらずイカちゃんはわがままでかわいい。

アイドルメモリーズ 全話感想

30分番組なのだが、アニメは前半15分程度、後半は声優たちが作中のアイドルの衣装で出演するバラエティ番組という謎の構成。 主人公はリンという中国人で、後半のバラエティパートでは中国語講座が…

明日のよいち 全話感想

幼い頃から山に籠り剣術の修行に明け暮れていた少年が、新たな修行の場として都会で暮らすというお話。 ありふれたストーリーだが、それだけに安定的な面白さがあった。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第21話「置き去りの記憶」解説

今来栖尚(いまくるすひさし) 元中央薬事審議会理事長。 電脳硬化症の権威で、自身も電脳硬化症を患っている。 日本医師会会長。

デュラララ 第1期 全話感想

予備知識なしで観たが、最初は池袋に限定された学園ものかと思いきや、オカルトっぽい展開…かと思いきやカラーギャングが出てきて、抗争に発展するのか…と思いきや、さらに物語は広がりつつも徐々につながっていき…という予想外の展開。 後半までほとんど予…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第20話「消された薬」解説

この第20話からまた「笑い男事件」に戻る。 冒頭のシーン 掃除業者が「笑い男」(アオイ)に電脳をハックされ、「村井ワクチン接種者リスト」を厚生省の資料室から外に持ち出した。

魔法少女まどか☆マギカ 全話感想

好きか嫌いかで言うと、嫌いだ。 まず、暗い。 そして、萌え萌えの作画がその暗さを逆に助長していて、なんだかやりきれない気持ちにさせる。

けいおん!! 第2期 全話感想

大ヒットアニメの第二期としてはかなり高い水準を保っていると言える。 変に新キャラや新要素を足さずに、第一期の世界観を踏襲したのは大正解だったと言えるだろう。

ラブライブ 第1期 全話感想

「ラブライバー」と呼ばれる熱狂的なファンを生み出し、社会現象となった作品。 また、アイドルものといわれるアニメのはしりでもある(もっと前からアイドルアニメはあったのだろうが)。

まおゆう魔王勇者 全話感想

よくある異世界ものかと思いきや、しっかりとした世界観と深みのあるストーリーにひき込まれた。 冒頭で、魔王討伐のために長年旅をしてきた勇者が、ついに魔王と対峙し剣を振るおうとするのだが、魔王(巨乳でおっとりな美女)に「それでは根本的な解決には…

STEINS;GATE(シュタインズゲート、シュタゲ)全話感想

パソコンゲームが原作の傑作SFアニメ。 ネットで使われる「タイムリープ」や「世界線」と言った言葉は、大体これが元ネタになっていると思って良い。

はたらく魔王さま 全話感想

異世界から現代日本に降り立った魔王が、ボロアパートで貧乏暮らしをしながらファーストフード店で働く様子を描いた、言わば逆異世界転生もの。 悪魔と天使が安アパートでワイワイするところは、どことなく「聖お兄さん」を思わせる。

監獄(プリズン)学園 全話感想

// 公式動画 www.youtube.com // 基本情報 原作:平本アキラ 平本アキラ - Wikipedia 制作: J.C.STAFF J.C.STAFF オフィシャルホームページ 監督: 水島努 水島努(@tsuki_akari)さん | Twitter 放送:2015年7月~9月 公式サイト:TVアニメ『監獄学園 …

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第11話「亜成虫の森で」

ネタバレ注意!笑い男の正体について書いてます。 授産施設 電脳閉殻障患者が自立を目指して働く施設。 作中の施設は法務省管轄で、補助金が出ていると思われる。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第10話「密林航路にうってつけの日」 解説

グロいシーンあり。 「笑い男」事件とは全く関係ないので、きつい人は飛ばしてOK。 バトーファンなら観ておいた方がいい。

BLACK LAGOON 第1期 全話感想

かなりハードなガンアクションを中心とした裏社会もの。 ロアナプラというアジアの架空の都市を舞台に、マフィア、犯罪者、軍隊崩れ、元革命家などがしのぎを削る。

ハイスクールフリート 全話感想

// 公式動画 www.youtube.com // 基本情報 原作:AIS 制作:プロダクションアイムズ 株式会社プロダクションアイムズ 監督: 信田ユウ 信田ユウ (@hawaiis00731) | Twitter 放送:2016年4月~6月 公式サイト:TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式…

新世紀エヴァンゲリオン 全話感想

// 公式動画 なし 基本情報 原作:GAINAX GAINAX NET 制作:タツノコプロ、GAINAX タツノコプロ 監督: 庵野秀明 庵野秀明公式web 放送:1995年10月~1996年3月 公式サイト:エヴァンゲリオン 公式サイト // OP「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子 高…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第9話「ネットの闇に棲む男」解説

この第9話で「笑い男」事件のこれまでの流れを総括している。 「チャットルーム」は電脳からアバターを使ってフルダイブするもの。 発言者と観客に分けられているらしい。

ふしぎの海のナディア 全話感想

1990年(平成2年)から約1年、39回にわたって放送された長編アニメ。 監督は「新世紀エヴァンゲリオン」「シン・ゴジラ」の庵野秀明。

攻殻機動隊Stand Alone Complex 第7話「偶像崇拝」解説

第7話は「笑い男事件」から一旦離れて、「ゴースト」の解説回となっている。 ゴースト 人間の意識、無意識、魂、霊魂などの概念の総称。

攻殻機動隊Stand Alone Complex 第6話「模倣者は踊る」解説

おとり部屋(ダッチワイフがいた部屋)から断片化された遅効性ウイルスを送る。 警察がそれを突き止めるがおとりだと発覚。 警察がおとり部屋のコンピュータから逆探知し、ナナオが実際にいる部屋を突き止める。

無責任艦長タイラー 全話感想

// 公式動画 (第一話のみ無料) www.b-ch.com // 基本情報 原作:吉岡平 吉岡 平@日々是口実w(@torinakisa)さん | Twitter 制作:タツノコプロ タツノコプロ 監督:真下耕一 真下耕一 - Wikipedia 放送:1993年1月~7月 公式サイト:なし OP「just …

ゼロの使い魔 第1期 全話感想

かの「ルイズコピペ」の元ネタ作品。 ラノベ原作ではあるが、どちらかと言うと少年漫画的な内容。 主人公が勇気を持って困難に挑戦していくところに、どこか懐かしさを感じてしまう。 とはいえ、ラノベ的なエッセンスもしっかり盛り込まれている。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第5話「マネキドリは謡う」解説

ナナオ=A 警視庁特捜部が「笑い男事件」の最重要参考人としてマークしてきた。 大学時代に左翼思想に傾倒し、武力闘争に参加。 逮捕歴あり。

バジリスク 甲賀忍法帳 全話感想

山田風太郎の原作「甲賀忍法帖」(1958年刊行)をかなり忠実に再現したアニメ。 そもそも原作が 漫画チック、アニメチックな内容なので、アニメ作品になっても全く違和感が感じられない。

サイコパス(PSYCHO-PASS)第1期 全話感想

面白いのに、なぜか心の底から楽しめなかった。 違和感の源泉はふたつ、既視感とリアリズム。 まず、本作にはどっかで見たようなシーンや人物、展開が多い。

みなみけ 第1期 全話感想

南家三姉妹の日常及び学校生活を描いたゆる〜いギャグアニメ。 ハイテンション系やドタバタコメディーが苦手な人にはかなりオススメ。 何より、ラノベ的なテンプレや記号が出てこないのが一周回って新鮮に感じる。 キャラクターの萌え感もあざとくなくてちょ…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第4話「視覚素子は笑う」解説

笑い男事件 未解決の連続企業テロ事件。 SACのストーリーの中心となる。 詳細は徐々に明らかになっていくので今は分からなくてもいい。

亜人 第2クール 全話感想

日本政府と全面戦争の姿勢を見せる佐藤一派、対亜人特殊部隊で佐藤を迎え撃つ政府、そして独自のスタンスで佐藤の暴挙を止めようとする永井ら。 この三つ巴でストーリーは進んでいく。

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第2話「暴走の証明」 解説

剣菱重工の新型多脚戦車。 型番はHAW-206。 AIを搭載(おそらくこの時代の戦車、ヘリ、戦闘機はすべて)。 軍用なので最高レベルの攻性防壁を持つ。

中二病でも恋がしたい 戀(第2期) 全話感想

第一期に見られた主題やメタファーはなくなり、一般的なラノベアニメに落ち着いた感じ。 第二期はサブタイトルが示す通り、勇太と立花の恋愛模様に主眼を置いている。 (戀は恋の旧字)

這いよれ!ニャル子さんW(2期) 全話感想

基本的には第一期と全く同じ。 できるだけ第一期の世界観を壊さないように気をつけて作ったのだと思われる。 新キャラも出てくるが、初登場からよく馴染んでいる感じ。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 全話感想

いわゆるネトゲもの、MMOもの。 ラノベ的御都合主義にテンプレ(巨乳、異世界、ツンデレ、ハーレム、部活、合宿、水着回、温泉回etc)を配置し、ネトゲやネットスラングなどを記号としてこれでもかというくらい貼り付けた今時のラノベアニメ。

天元突破グレンラガン 全話感想

2007年の作品だが、作画といい、ロボットの"ロボ"感といい、どこか昭和の懐かしい匂いがする。 戦い前の七五調の口上も、時代がかっていて面白い。 何より、キャラクターやストーリーにテンプレ感がほとんどなく、主人公の成長とともに物語や世界観がどんど…

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 第1話「公安9課」解説

第一回目は公安9課という組織がどういったものかを解説するためのものとなっている。 事件としては単発で、伏線はない(はず)。 今回は公安9課の性質と、電脳についてざっくりと理解できればOK。

はんだくん 全話感想

「ばらかもん」と言う作品のスピンオフらしいが、そちらを知らなくても十分楽しめる。 第一話の冒頭はメタ視点になっているが、いまいち何のためにそうしたのかよくわからない。

SHIROBAKO 全話感想

高校のアニメ同好会に所属する5人の友達がそれぞれアニメ業界に進み、夢と現実のギャップに悩みながら働いていく業界もの群像劇。 登場人物は多いが、慣れるまで肩書や人物名を画面に出してくれるので、覚えやすい。

ガールズ&パンツァー(Girls und Panzer) 全話感想

乙女のたしなみとされる「戦車道」に青春を捧げる少女たちを描いた異色の部活もの。 文字通り、女子高生たちが戦車に乗って戦うのだが、アニメアニメしたキャラクターとリアルな戦車のミスマッチが絶妙で、世界観に引き込まれてしまう。

ソードアートオンライン (SAO) 第2期 全話感想

GGO(ガン・ゲイル・オンライン)というMMO内で起こったキャラクター殺人事件で、キャラが死亡したのとほぼ同時刻に殺されたキャラを操る人物も現実世界で死亡していたという事件の調査のためGGO内に潜入するキリト。 今回は、荒廃した世界の中で銃を扱い戦…

カウボーイビバップ 全話感想

// 公式動画 第一話。現在YOUTUBEにて無料オンラインレンタルが可能ですが、後日有料になっている場合もあります。 www.youtube.com // 基本情報 原作: 矢立肇 矢立肇 - Wikipedia 制作:サンライズ 監督:渡辺信一郎 放送:1998年4月~6月 公式サイ…

ソードアート・オンライン(SAO) 第1期 全話感想

VRマシンを使ってゲーム内にフルダイブするMMOソフト「ソードアート・オンライン」の世界と、現実世界の両方を舞台とした作品。 記号やテンプレとしての異世界もの、転生ものではなく、世界観や背景など、ゲーム内、現実世界両方でしっかりと作り込まれてい…

けいおん! 第1期 全話感想

言わずと知れた、京アニの大ヒットアニメ。 もはやクラシックとさえ言える。 部活ものアニメのテンプレはここから生まれたと言っていいだろう。