アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログ

アニメの感想を基本ネタバレなしで書くブログです。

シュタインズゲート・ゼロ(シュタゲゼロ)解説 第9話「永劫回帰のパンドラ」

初見解説(ネタバレなし)

本記事前半はシュタインズゲートを理解しやすくするための解説や重要な伏線の紹介をしています。

まず一度視聴後に解説を読むことをお勧めします。

核心となるネタバレは含みませんが、何が重要か、何が伏線となるのかを自分で探したい方はお読みにならないでください。

*初見解説後にネタバレ解説があります。ご注意ください

岡部、β世界線に戻る

岡部は無事β世界線に戻った。

まゆしーに紅莉栖のことを聞くと、アマデウスのことと認識。 

【伏線】比屋定の部屋に泥棒

後に分かる。 

フブキも入院していた 

フブキもα世界線に行っていたらしい。

本編とは無関係。 

岡部の意志

このβ世界線を守り、シュタインズゲート世界線は目指さない

ただし、第三次世界大戦に発展する要因となるタイムマシンの開発は阻止したい。 

【伏線】ロシアの地震

第7話でロシアで地震があったというニュースが流れた。

実はこれはタイムマシン実験によるもの。

世界線の変動は歴史的な出来事と共に起こる。

あせる鈴羽
既にタイムマシンの開発が始まっている。
このままβ世界線を進むと第三次世界大戦が勃発し、世界は荒廃する。
まだ今ならぎりぎりシュタインズゲート世界線(まゆしーも紅莉栖も死なず、第三次世界大戦も起こらない)を目指せる。
だから岡部に協力を迫っている。

<img src=”war.jpg” alt=”荒廃した世界”>

岡部の意志2

岡部はもうシュタインズゲート世界線は閉ざされていると考える。

その上で紅莉栖のいたα世界線は完全に諦めている。

このβ世界線を目指すまでに多くの犠牲を払ってきた。

それらをなかったことにしてまた別の世界線を目指すことは岡部にはできない。

また、シュタインズゲート世界線を目指すことで今より状況が悪化する可能性もある。

岡部にとって今の世界線はまだましな部類。

ダーパ(DURPA)

元ネタは国防高等研究計画局(Defence Advanced Reserch Projects)だろう。

米国防省の機関。

こちらはDARPAとなる。

ストラトフォー(Strategic Forecasting,inc)

アメリカの民間シンクタンク。

実在する。

【伏線】岡部の考察

なぜ自分たちがアメリカの機関に襲撃されたのかを考察。

β世界線では紅莉栖の父親である中鉢博士が紅莉栖のタイムマシン理論を盗んで発表。

それを持ってロシアに亡命した。

その情報を掴んだアメリカは、自分達もタイムマシン理論を入手しようと動く。

そして中鉢博士の論文は娘の紅莉栖の理論を元にしていることを突き止めた

 

では、紅莉栖の属していたヴィクトルコンドリア大学を調べた方がいいのでは?

紅莉栖が死んでも何らかの研究データが大学に残っていると考えられる。

それなのになぜわざわざ機関は日本に来たのか?

 

かがりが未来から来たことを知っている?

仮にかがりからタイムマシン理論を引き出すとしたら、未来に完成したタイムマシンを過去で作ることになるのでタイムパラドックスが起こる。

 

比屋定の滞在しているホテルの部屋が荒らされ、オフィスでも爆発が。

岡部何かに気づく。

後に分かる。

【伏線】タイムマシンの電池

残りわずか。

半年の間をあと1回か2回飛べるぐらい。

電池が切れたら制御を失ってイベントホライゾンの向こうから永久に戻ってこられないかも。 

【伏線】岡部と比屋定

岡部は機関が襲撃してきた理由が非公開の紅莉栖の研究データにあると比屋定に説明。

しかし比屋定はそんなデータはないと返答。

しかし岡部が帰ってから開いたノートPCには「K.makise」の文字が。 

 

*記事リンクの下に進むとネタバレ解説があります。

【広告】

 

シュタインズゲートゼロ 第話解説へ

 

シュタインズゲートゼロ 感想

animesuki.hatenadiary.jp

シュタインズゲート 第1期登場人物、用語解説

animesuki.hatenadiary.jp

シュタインズゲート第1期解説

animesuki.hatenadiary.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

*ここからネタバレ解説。

 

 

 

 

 

【伏線】比屋定の部屋に泥棒

紅莉栖のノートPCを探しに来た。

かたくなに世界線変動を拒否する岡部
後にシュタインズゲート世界線を目指す前振り。
ダーパ(DURPA)

元ネタは国防高等研究計画局(Defence Advanced Reserch Projects)だろう。

米国防省の機関。

レイシス教授はこちらの所属していると考えられる。

ストラトフォー(Strategic Forecasting,inc)

アメリカの民間シンクタンク。

実在する。

レスキネン教授はこちらの属している

【伏線】岡部の考察

なぜ自分たちがアメリカの機関に襲撃されたのかを考察。

β世界線では紅莉栖の父親である中鉢博士が紅莉栖のタイムマシン理論を盗んで発表。

それを持ってロシアに亡命した。

その情報を掴んだアメリカは、自分達もタイムマシン理論を入手しようと動く。

そして中鉢博士の論文は娘の紅莉栖の理論を元にしていることを突き止めた。

 

では、紅莉栖の属していたヴィクトルコンドリア大学を調べた方がいいのでは?

紅莉栖が死んでも何らかの研究データが大学に残っていると考えられる。

それなのになぜわざわざ機関は日本に来たのか?

 

かがりが未来から来たことを知っている?

仮にかがりからタイムマシン理論を引き出すとしたら、未来に完成したタイムマシンを過去で作ることになるのでタイムパラドックスが起こる。

 

比屋定の滞在しているホテルの部屋が荒らされ、オフィスでも爆発が。

岡部は機関が狙っているのは紅莉栖のデータだと気づく。

【伏線】タイムマシンの電池

残りわずか。

半年の間をあと1回か2回飛べるぐらい。

電池が切れたら制御を失ってイベントホライゾンの向こうから永久に戻ってこられないかも。 

ラストそうなる

【伏線】岡部と比屋定

岡部は機関が襲撃してきた理由が非公開の紅莉栖の研究データにあると比屋定に説明。

しかし比屋定はそんなデータはないと返答。

しかし岡部が帰ってから開いたノートPCには「K.makise」の文字が。 

自分ではログインできないので後に解析屋(ダル)に頼む

【広告】

 

 
原作
STEINS;GATE 0 - PS4

STEINS;GATE 0 - PS4

  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: Video Game
 
BD
シュタインズ・ゲート ゼロ Vol.1 [Blu-ray]

シュタインズ・ゲート ゼロ Vol.1 [Blu-ray]

  • 発売日: 2018/06/27
  • メディア: Blu-ray